ジョニタイ

タイ(チェンマイ)情報を中心に東南アジアに長期滞在して分かったことを更新中!海外ノマド術も公開

マレーシア情報 クアラルンプール 海外旅行知恵袋 国際線搭乗記

エアアジア新千歳発クアラルンプール行き便搭乗レビュー。実際に乗ってみて分かった指定すべき座席やお得にチケットを取る方法とは

投稿日:2018-03-16 更新日:

現在世界最高のLCC航空(ローコストキャリア航空)と言えば間違いなくエアアジア

航空業界のオスカー賞とも言われている「ワールドベストローコストエアライン(World's Best Low Cost Airline)」を、2017年までなんと9年連続受賞。

アジア圏に限れば、便の豊富さや網羅率の高さから使い勝手は恐らくナンバー1

北朝鮮の金正男さんが、クアラルンプールからエアアジアで移動しようとして暗殺された事件は記憶に新しいかもしれません。

お金持ちの御曹司がエアアジアを利用しようとしていた理由も、自宅があるマカオまでの直行便はエアアジアしかなかったからでした。

我が家はタイ国内の短時間フライトにはエアアジアを利用することもありますが、日本への行き帰りなどの長距離フライトの場合は同じLCC航空のSCOOT(スクート)を利用して移動しています。

北海道民がスクートに乗るには、まず成田か関空まで移動する必要があります

それでもエアアジアの座席は狭いというイメージが強く、余計な時間や労力がかかってもスクートを選んでいました。

しかし2018年4月から、新千歳空港とタイ・バンコク間の直行便が復活することに

直行便という事になると話は別なので、今後はタイへの移動にエアアジアを利用することも増えてくると思われます。

今回初めて、新千歳空港からマレーシア・クアラルンプールへの8時間のフライトに、エアアジアを利用

実際に乗ってみて分かったことや、少しでも快適に過ごすポイントを徹底解説します。

エアアジアの運賃・座席タイプは4種類

エアアジアの運賃タイプは4種類

それぞれ特典が違うので、自分に一番ぴったりの運賃タイプをまず見つける必要があります。

極力運賃を抑えたいという方は「通常運賃」一択

受託手荷物は付いていませんし座席指定も有料ですが、日本の国内移動よりはるかに安く海外へ移動できるのがこのプランです。

通常運賃を選択すると、オプションとして「バリューパック」や「プレミアムフレックス」を追加することができます

バリューパックは20キロまでの受託手荷物が無料(追加料金を払えば増やすことも可能)

さらに機内食1食と、スタンダートシート内であれば座席指定も可能です。

プレミアムフレックスになるとバリューパックの特典がパワーアップし、座席指定できる範囲がクワイエットゾーンやホットシートまで広がります。

さらに2回まで予約変更が無料で可能になり、優先搭乗や受託手荷物の優先受け取りという特典も付いてきます。

プレミアムフラットベットは通常運賃の倍以上することもありますが、熟睡したいという方にはおすすめのシート。

座席がほぼフラットになるだけでなく、プレミアムフレックスの特典がさらにパワーアップ。

40キロまでの受託手荷物が無料になり、フライト変更の日時変更も無制限に無料になります。

エアアジアの座席タイプも4種類に分かれます

スタンダートシート

前の座席との距離は約70センチ、座席の幅は約40~43センチ。

正直かなり狭いです。

前の人がリクライニングしたら、シートテーブルを使うこともままならないレベル。

個人的な意見ですが、スタンダートシートで2時間以上のフライトはちょっときついかなと思います。

ホットシート

前の座席との距離は約73センチ、座席の幅は約40~43センチ。

通常のホットシート席はスタンダート席とほとんど変わらないので、お金を払ってまで座る価値はありません。

ただ1,12,14列目のホットシートは、前の座席との幅がかなり広くなっています。

クワイエットゾーン

前の座席との距離は約73センチ、座席の幅は約40~43センチ。

電源が付いている席もあります。

ノイズを最小限に抑えたゾーンで、10歳未満の子供は座ることができません。

最前列のみかなり前方スペースが広めにとられていますが、その他のシートはスタンダートシートとそれほど変わりません。

プレミアムフラットベット

前の座席との距離は約149センチ、幅は約48センチ。

掛け布団や枕もセットになっていて電源も完備。

ほぼフラットで寝ることができるので、特に深夜便の場合は重宝するかもしれません。

エアアジアA330/A320の座席配置シートマップ

エアアジアで現在使われている機体は2種類。

日本からタイやマレーシアなどへ飛んでいる中長距離路線の場合、エアバスA330が使われている場合がほとんど

シート配列は3‐3‐3

前方には12席限定のプレミアムフラットベット席があり、後方には熱々カップルにぴったりのツインシートが配置されています。

国内移動などの短距離路線で使われているのはエアバスA320 

シート配列は3‐3

前方5列と非常口周りがホットシートになっています。

エアアジアの座席指定料金やおすすめのシートとは

極力運賃を抑えたいという人や1時間程度のフライトなら、わざわざお金を払って座席指定をする必要はないかもしれません。

ただある程度長めフライトの時に、座席指定をせずに真ん中の席にされた時には、両隣や前席からの圧力で寝ることもままならない状況に追いやられます

それでできれば通路側か窓側の座席を、事前に指定しておくのがおすすめ

エアアジアの座席指定料金は、どの便に乗るかによって異なりますし、いつ座席指定をするかによっても変わってきます。

一番安いのは、航空券を予約したタイミングで座席指定までしてしまう方法

目安ですが、例えば新千歳や成田・関空からクアラルンプールまでの便だと座席指定料金はだいたいこんな感じ。

  • スタンダートシート 約2000円
  • ホットシート 約6000円

正確な料金はこちらのページで確認することができます

航空券を予約したタイミング以外で座席指定すると、手数料が上記の料金にさらに数百円上乗せされます。

正直エアアジアの座席はほとんどの席が狭いので、有料で座席指定するメリットを感じない人もいるかもしれません。

ただ、もし空いていれば、お金を払ってでも絶対に指定したい座席がエアアジアにはあります

それは、エアバスA330なら各ブロックの最前列、A320なら1列目と14列目

最前列は他の席と比べ、前との間隔が圧倒的に広くなっています。

ちなみにクワイエットゾーンの最前列はシートマップを見ていただくと分かるように、真ん中のブロックが左右のブロックより1.5倍ほど前方空間が広いので狙い目。

A320の14席目はそこまで写真で見るとそこまで広く感じないかもしれませんが、それでも他の席と比べると圧倒的な広さ。

そして14列目の大きなメリットは、前の席が非常席の関係でリクライニングできないという事

なので前方空間をしっかり保ちながら、自分はリクライニングすることができます。

また同様の理由で、リクライニングできない12列目のホットシートは選ばない方が良いでしょう。

もしオプションでプレミアムフレックスを付ける場合、今紹介した席が空席かどうかをまず確認してから、航空券予約をするのがおすすめです

エアアジアの追加預け荷物の料金や手荷物の個数制限は

エアアジアの預け荷物の料金はこちらのページで確認することができます

例えば新千歳・成田・関空からクアラルンプールへの便を例に取ると、以下のような料金になります。

予約時 チェックイン前
20キロ 4400円 5200円
25キロ 5500円 6300円
30キロ 6600円 7500円
40キロ 8800円 10000円

※空港カウンターでの受託手荷物(最高15キロ)10000円

ちなみに夫婦や家族など、同じ予約番号で一緒に航空券を購入しているときは合算する事が可能

夫婦とも20キロずつ計40キロの預け荷物を申し込んでいる場合は、片方15キロでもう片方が25キロでも大丈夫という事です。

ただ別々にチケットを購入した友人同士の場合は、合算は適応されないので要注意

表を見ていただくと分かるように、チェックイン前であれば予約時とそこまで差がない金額で荷物を追加することができます。

一方チェックインしてしまった後は、一気に追加料金が跳ね上がります

なのでもし荷物が増えそうなときは、チェックインするのをギリギリまで待った方が良いでしょう

エアアジアの機内持ち込み手荷物は、最大2個で合計7キロまで

サイズは56㎝x36㎝x23㎝以下の手荷物(大)と、前の座席下に収納できる40cm x 30cm x 10cm 以下のバッグと決められています。

ちなみに2018年3月現在、日本から出発するときは計量される可能性が高いですが、海外の場合セルフチェックインシステムが導入されていることもあり、ほぼ7キロという制限は意味がなくなっています。

機内に持ち込む小型スーツケースで今一番おすすめなのがこちら

今回妻用に購入したのですが、軽くて使い勝手もよくしかもびっくりするくらいお得なお値段。

他よりも少し厳しめのエアアジアの手荷物基準も、余裕でクリアするスーツケース。

なのでほぼすべての航空会社の手荷物基準をクリアすることができると思います。

参照LCC機内にも持ち込める最大容量なのに軽くておすすめ!AIR6327を使ってみて分かったメリットとデメリット

次のページへ >

-マレーシア情報, クアラルンプール, 海外旅行知恵袋, 国際線搭乗記

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.