タイ

BLUE ELEPHANT(ブルーエレファント)シリーズはタイ土産におすすめ!実際に作ってみた感想や注意点

2018-04-27

タイ旅行のお土産で喜ばれるものの上位にランクインするのは、やはりタイに関係する食品

タイのスーパーマーケットではお菓子やインスタント麺やドライフルーツ、簡単に本場のタイ料理を再現できるシーズニングなどが安く買え、ばらまき用のお土産としても大人気。

しかし、いつもお世話になっている人にはちょっといい物を買って帰りたい、ということもきっとあるはず。

そんな時におすすめの間違いないお土産が、BLUE ELEPHANT(ブルーエレファント)シリーズ

というわけで今回は、タイ旅行のお土産の候補に是非加えたいBLUE ELEPHANTシリーズの魅力を、詳しく紹介します。

ホテルや航空券に合わせて選べる

バンコク人気アクティビティ【1~20位】

現地からでも空きがあれば前日ネット予約可能

BLUE ELEPHANT(ブルーエレファント)とは

BLUE ELEPHANTとは、ベルギーから逆輸入されたバンコクにある高級タイ料理店

BTSスーラサック(Surasak)駅目の前にタイ本店があり、他にプーケットにも支店があります。

お値段は安くありませんが、予約しなければ入れないほど大人気のお店。

そんな大人気のお店ですが、レストランだけではなく料理教室やBLUE ELEPHANTブランドのシーズニングも販売

もちろんレストランでも買えますし、バンコクやチェンマイ市内の大型スーパーでも購入可能

ただ値段が高めでタイ人は絶対買わないので、外国人が多く来るスーパーにしか置いてありません。

ビックCラチャダムリ店外観

ビックCラチャダムリ店のブルーエレファントシリーズコーナー

例えば、BTSチットロム駅近くのセントラルワールドの7階スーパーやBIG Cなどには、BLUE ELEPHANT専用のコーナーが設けられています。

チットロム・サイアム・プラトゥーナムエリアのおすすめショッピングスポットやホテルを徹底解説

続きを見る

ターミナル21地下スーパーのブルーエレファントコーナー

アソークのターミナル21地下スーパーにも、ブルーエレファントシリーズが並んでいます。

ターミナル21完全ガイド!特徴やおすすめと覚えておいた方が良いことを紹介

続きを見る

セントラルフェスティバルチェンマイのブルーエレファントコーナー

チェンマイだと、セントラルフェスティバルチェンマイやガードスアンゲーオ地下のTOPS、セントラルプラザエアポート地下スーパーなどで販売。

セントラルフェスティバルチェンマイ完全ガイド!おすすめのショップ&グルメや行き方を紹介

続きを見る

セントラルフェスティバルチェンマイ外観
チェンマイ市内の5大メガモールを徹底比較!特徴や旅行者へのおすすめ度別に紹介

続きを見る

このように、外国人観光客が多く来る場所には置いてありますが、それ以外はどんなに大きいスーパーでも取り扱っていない場合がほとんどなので要注意です。

ブルーエレファント(タイおすすめ土産)商品ラインナップ

BLUE ELEPHANT商品はパッケージがゴージャスなので、大事な人へのお土産にもおすすめ

人気の商品ラインナップをいくつか紹介します。

タイ料理クッキングセット 120バーツ前後

トムヤムやタイカレーなどをかなり忠実に日本で再現できるので大人気の商品。

こちらも同じタイ料理クッキングセットですが、パッタイやカオソーイなどの麺もセットになっているタイプ 120バーツ

タイ料理クッキングセットのペーストタイプ 60バーツ

トムヤムスープやマッサマンカレー、ガパオライスなどを作るときに重宝します。

タイカレーを作る時に大活躍するBLUE ELEPHANTのカレーシーズニング 150バーツ

サラダドレッシングやソース 35~50バーツ

レモングラスやタマリンドドレッシング、オイスターソースやブラックペッパーソースなど、タイ料理に欠かせないドレッシング・ソースが揃っています。

タイ料理に欠かせないスパイスも揃っています。

ちなみに同じような商品は、BLUE ELEPHANTシリーズ以外もいろいろ販売されていて、値段はBLUE ELEPHANTシリーズの半額から3分の1程度

私は両方買って食べてみたことがありますが、安いガパオやラープのシーズニングでも十分美味しいので、ばらまき用のお土産ならこちらで充分!

一方BLUE ELEPHANTシリーズは、もちろん美味しいですし入っているものが圧倒的に本格的

なので、日本で作っても簡単に本場の味を再現できます。

タイ料理に詳しい人(タイで食べたことがある人)ほど、このBLUE ELEPHANTシリーズをあげるときっと喜んでくれるでしょう。

ブルーエレファントのカオソーイを実際に作ってみた

せっかくなので今回、実際にBLUE ELEPHANTシリーズのクッキングセットを作ってみました。

まず作ってみたのは、北タイ地方の郷土料理カオソーイ

BLUE ELEPHANTシリーズのカオソーイはあまりバンコクでは見かけなかったので、チェンマイに来た際にはぜひ買って帰りましょう。

中身はこんな感じで、カオソーイ特有の黄色い平打ち麺もしっかり入っています。

箱の裏面には、追加で用意しなければいけないものが4つ記載されています。

全部あればより本格的なカオソーイになりますが、最悪ココナッツクリームだけでも問題ないでしょう。

残念ながらうちの近くのセブンにココナッツクリームがなかったので、今回は代わりに牛乳を使いました。

実際にできたカオソーイがこちらで、何かイメージと違う感じに。

揚げ麺が乗っていないのでビジュアル的にもちょっと違いますし、味もイメージとだいぶん違うものが出来上がりました。

もちろんしっかりレシピ通りに作れば、もっと再現度が高くなることでしょう。

ブルーエレファントシリーズのパッタイはかなりおすすめ

次に作ってみたのが、日本人も大好きな人が多いパッタイ

パッタイ独特の米粉の麺や、パッタイに欠かせない香辛料もしっかり入っています。

そして追加で用意するものも、カオソーイよりはだいぶんハードルが下がりました。

恐らく、冷蔵庫に入っているものだけで作ることが可能でしょう。

このパッタイは、我ながらかなり本場タイの味を再現できたと思います。

我が家はいろいろなところでパッタイをよく食べますが、控えめに言ってもこれより美味しくないパッタイがたくさんあります。

作り方も簡単ですし材料も揃えやすいので、BLUE ELEPHANTシリーズのパッタイセットは、日本へのお土産にかなりおすすめです

タイ土産にブルーエレファントを買った人の感想まとめ

少しツイッター上を探してみましたが、ブルーエレファントシリーズを買って実際に日本で作ってみた人は、だいたい好意的な反応でした。

簡単に本場の味を再現できるので、間違いないおすすめタイ土産と言えるでしょう。

ブルーエレファント(おすすめタイ土産)まとめ

ちょっとだけお高めですが、外見はゴーシャスで中身も本格的なBLUE ELEPHANT商品

どこのスーパーでも売っているわけではないので、見つけた時にはその場で買っておくと良いかもしれません。

ホテルや航空券に合わせて選べる

バンコク人気アクティビティ【1~20位】

現地からでも空きがあれば前日ネット予約可能

バンコクで間違いなくBLUE ELEPHANT商品が買えるチットロム・プラトゥーナムエリアの詳細はこちらから

チットロム・サイアム・プラトゥーナムエリアのおすすめショッピングスポットやホテルを徹底解説

続きを見る

アソークで買うならターミナル21がおすすめ

ターミナル21完全ガイド!特徴やおすすめと覚えておいた方が良いことを紹介

続きを見る

チェンマイだと大型ショッピングモールで買える可能性が高いでしょう

セントラルフェスティバルチェンマイ外観
チェンマイ市内の5大メガモールを徹底比較!特徴や旅行者へのおすすめ度別に紹介

続きを見る

タイのセブンイレブンで買えるおすすめお土産5選とは

【旅行者必見】タイのセブンイレブンで買えるみんなに喜ばれるおすすめのお土産5選

続きを見る

タイ旅行行くならとりあえずエポスカードを作った方が良い理由

東南アジアに行く前に絶対作った方が良いエポスカードの魅力を徹底解説

続きを見る

タイ旅行に絶対持っていきたい海外レンタルポケットWiFi比較&おすすめを紹介

【年間180日滞在】タイ旅行で使えるレンタルポケットWiFi4選&今一番おすすめを紹介

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

【これを読めばすべて分かる】チェンマイ完全ガイド!行き方やおすすめのエリア・グルメ・旅行時期

チェンマイのおすすめを徹底ガイド!行き方やおすすめエリア・グルメ・旅行時期を詳しく紹介

続きを見る

【在住者が厳選】間違いないチェンマイ観光おすすめ人気スポット7選

【在住者が厳選】間違いないチェンマイ観光おすすめ人気スポット7選

続きを見る

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

-タイ
-

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.