海外旅行知恵袋

実際に来てみて分かったエポスゴールドカードの永年無料インビテーションが来る条件やメリット・デメリットを徹底解説

投稿日:

日テレドラマ

海外旅行保険をクレジットカードの保険でカバーするために、絶対に欠かせないカードの一枚がエポスカード

しかしこのモンスター級の威力を発揮するエポスカードは、さらに年会費永年無料のエポスゴールドカードに進化させることが可能。

ただのエポスカードでも充分魅力的なカードでしたが、エポスゴールドカードになるともう手が付けられない無敵のカードだ、と言っても過言ではありません。

今回はエポスゴールドカードのメリットやデメリット、無料でエポスゴールドカードを作る方法について徹底解説します。

エポスゴールドカードにするメリット

海外旅行保険がパワーアップ

ノーマルのエポスカードでも充実の補償額だった海外旅行保険が、ゴールドカードになるとさらにパワーアップします。

傷害死亡・後遺障害 500万円 ⇒1000万円

傷害治療費用 200万円 ⇒300万円

疾病治療費用 270万円 ⇒300万円

賠償責任 2000万円 ⇒2000万円(免責なし) 

携行品損害 20万円 ⇒ 20万円(免責3000円)

救援者費用 100万円 ⇒100万円

非常に心もとなかった傷害死亡・後遺障害が1000万になり、さらに使う可能性が一番高い疾病治療費用が300万円に増額されています。

これは年会費が1万円以上するアメックスゴールドカードの補償と同額。

これだけの補償が、永年無料で受けられるってすごくないですか‼

もちろんエポスカードと同じように保険は自動付帯、つまりカードを持ってさえいれば旅行代金をエポスカードで決済しなくても自動的に90日間までの旅行に保険が適用になります。

当然キャッシュレス診療もOK。

エポスゴールドカードの海外旅行保険は、無料で作れるクレジットカードの保険としては間違いなくナンバー1と言えるでしょう。

空港のラウンジが無料で利用できる

海外に行くときには、どうしても乗り継ぎの待ち時間が発生します。

そんな時ラウンジが使えれば、ゆっくり休めたり仕事をしたり、無料で食事をしたりアルコールを飲むことだって可能になってきます。

エポスゴールドカードを持っているだけで、国内の主な空港のラウンジや海外のいくつかのラウンジを無料で利用することが可能

利用できるラウンジは以下の場所です。

【国内】成田、羽田、大阪、関西、新千歳、広島、神戸、中部国際、松山、福岡、熊本県、鹿児島、長崎、那覇

【海外】ハワイと韓国(ホノルル、仁川)

【成田空港有料ラウンジ】待ち時間もあっという間に過ぎるよ。空き時間が1時間以上あれば、IASSラウンジに必ず私たちが行く理由

飛行機に乗るときは、どうしても待ち時間というものが発生します。 皆さんはそのようなとき、どのように時間を潰されますか。 今回はそんな時に私たち夫婦がよくお世話になっている、成田空港にあるIASSラウン ...

すべてのラウンジではないとはいえ、空港ラウンジを無料で利用できるカードはそうそうありません

このような点でも、エポスゴールドカードは貴重なカードと言えるでしょう。

VIZAゴールドカードの優待が受けられる

例えエポスゴールドカードを年会費無料で作ったとしても、VIZAゴールドカードを持っていることには変わりないので、充実したVISAカードの優待サービスをフルで受けられます。

海外優待特典としてこんなものがあります。

Visaゴールド空港宅配 海外からご帰国の際、空港から自宅まで手荷物をお運びするサービス。1個につき500円(2個目以降は通常料金より15%OFF)
Visaゴールド国際線クローク 国際線を利用する際、通常料金より15%オフで手荷物を一時的にお預かり
Visa海外モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス 海外モバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!(ワイホー)」を20%オフの優待価格
海外カード紛失のときの緊急カード発行が無料 海外でのエポスゴールドカード紛失・盗難のときも無料で緊急カードを発行

さらに詳しい特典はこちらをどうぞ。

私もよく利用しますが、空港から自宅まで500円で荷物を宅配してくれるサービスは非常に助かります

このようなゴールドカード限定の特典サービスを受けられるというのは、非常に魅力的ではないでしょうか。

エポスゴールドカードの入手方法

先ほどから無料でゴールドカードを手に入れる前提で話を進めていますが、何もせずに無料でゴールドカードを作れるわけではありません。

通常エポスゴールドカードを作りたいと思ったら、自分で申し込み5000円の年会費を払って発行してもらいます。

5000円という年会費はゴールドカードにしては安いですが、5000円払うのなら別のカードがおすすめ。

しかし無料のノーマルエポスカードを発行し使い続けていると、ある時エポスゴールドカードへの招待状が送られてきます。

そのインビテーションでグレードアップした場合、なんと年会費が永年無料になります。

エポスゴールドカードのインビテーションが届く条件や基準

これに関しては、はっきりとした基準はないようです。

・1年から3年ほどトラブルなく使い続ける事。

・年間30~50万円ほど利用すること

いろいろな情報を総合すると、上記のような人にはほぼ間違いなくゴールドカードへの招待状が届くようです。

我が家の場合は利用し始めて7か月目にインビテーションが到着

この7か月間メインのカードとしては使っていませんでしたが、航空券やホテルなどの決済をするときに意識的に利用するようにし約44万円決済しました。

ちなみに私の周りには半年でインビテーションが届いた人もいますし、年間30万以下の利用でも届いたという人もいます。

基本的に海外旅行保険目的で作ったエポスカードは眠らせておいても問題ないのですが、無料でゴールドカードにすることを目指すのであれば、最初の一年は無理ない程度に利用するのがよさそうです。

エポスカードのデメリット

正直これだけのカードが無料で手に入れば多少のデメリットは関係ないと思いますが、強いてあげるとすれば家族カードや法人カードが作れないことが数少ないデメリット。

それで家族分それぞれの保険をカバーするには、一人一人がカードを発行する必要があります。

ちなみにゴールドカードの特典のラウンジ利用も、カードを持っていない人は有料になります。

(エポスプラチナカードなら同伴者一名無料)

無料で作れるカードなので、家族全員が一枚ずつ持つというのが一番お得な方法と言えるでしょう

海外旅行行くならとりあえず持っていたほうがよいエポスカードの魅力を徹底解説‼無料なのに保障充実度が半端ないです

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

まとめ

海外旅行保険界のモンスターカードであるエポスカードは、エポスゴールドにさらにレベルアップさせることによって、がっちりと私たちを守ってくれる最強の無料カードに変身します。

まだエポスカードをお持ちでない方は、まずはエポスカードを作成し1年ほど使い続けてみるのがおすすめ

ちなみにゴールドカードのグレードアップするときには、カード番号が変更になります。

それでもし公共料金の引き落としなどに使っている場合、もう一度手続きが必要になります。

そんなことも頭に入れながら、是非計画的にエポスライフを楽しんでください。

まだお持ちでない方はまずエポスカードを作成しましょう

海外旅行行くならとりあえず持っていたほうがよいエポスカードの魅力を徹底解説‼無料なのに保障充実度が半端ないです

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

エポスカードと楽天カードを組み合わせれば、無料カードでは最高クラスの海外旅行保険になります

無料なのに充実な海外旅行保険が付いている楽天カードの魅力と、いざというときのために押さえておきたいポイントをまとめました。海外旅行には必須のカードです

最近は、海外旅行に行くときの保険はクレジットカード会社付帯のもので十分に賄える良い時代になりました。 ただいざ海外で病院にかかると日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を組み合 ...

無料カードで家族全員に海外旅行保険の補償対象を広げたかったら、今現在このカード一択です

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険の家族特約を付けたいならUCSカード一択。子供たちの分まで補償されるよ。

一昔前とは違い今は、年会費無料のクレジットカードの海外旅行保険でもいくつかのカードを保持することによって充分に必要な治療費を賄える時代。 しかし配偶者や子供の治療費、いわゆる家族特約が付いている無料の ...

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.