初めてのタイ旅行

カオマンガイの種類&注文方法!食べられるお店の見分け方をどこよりも詳しく解説

2018-11-02

日本人が大好きなタイ料理と言えばカオマンガイ

漢字で書くと「海南鶏飯」

中国南部で誕生したものがタイに渡ってきて、今では代表的なタイ料理になった、といういきさつがあるようです。

ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで調理した、雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、多くの場合上記のスープと共に供される。鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。鶏肉の脂分がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、調理後に冷ました鶏肉を使用する。

タイ国内ではこのカオマンガイ専門屋台が多数あり、見た目の素朴さだけでは分からない奥深い料理方法や秘伝のタレを競い合っている。また、日本人の口にも合う料理として、東南アジアを旅行する日本人旅行者の間でも大変人気がある。

(出典 Wikipedia 「海南鶏飯」より)

今回は本場タイのカオマンガイを食べるときに、覚えておいた方がいい点について説明したいと思います。

カオマンガイが食べられる店の見分け方

カオマンガイというのは、とてもメジャーなタイ料理。

ですがタイ料理屋さんやタイ料理屋台なら、どこでも食べられるわけではありません

むしろカオマンガイがメニューにないお店の方が、タイでは圧倒的多数。

ちなみにフードコートやちょっと大きな屋台街だと、たいてい最低1軒以上はカオマンガイのお店が入っています。

ではどうやって見分けるかというと、お店の前に茹でた鳥がぶら下がっているかを確認します

カオマンガイ専門の屋台はこんな感じ。

こんな感じで鳥がぶら下がっていて、さらに鳥を切る大きなまな板と包丁があれば、間違いないでしょう。

どのカオマンガイ店でも、絶対道路から見える位置に鶏がぶら下がったガラスケースがあります。

フードコートだと、カオマンガイが食べられるお店は、こんな感じになっている場合が多いでしょう。

ちなみに上の画像も鶏ですが、こちらはガイヤーン(焼き鳥)のお店になり、カオマンガイはありません。

カオマンガイ店の鶏は、ほぼ間違いなくガラスケースに入っているので要注意です

カオマンガイの種類

上の写真を見てもらえると分かりますが、カオマンガイは2種類あります

  1. 茹で鶏カオマンガイ
  2. 揚げ鶏カオマンガイ

茹で鶏カオマンガイはこんな感じ

多くの人がイメージするのが、このカオマンガイではないでしょうか。

茹で鶏カオマンガイにかけるタレは、多くの場合ショウガやニンニクや唐辛子が効いています。

店によってはタレが美味しくないところも多く、そんな店に最初に行ってしまうと、カオマンガイがあまり好きになれないかもしれません。

揚げ鶏のカオマンガイはこんな感じでして、タレはどこのお店もほぼ間違いなくチリソース

カオマンガイのタレはお店によって当たり外れが激しいので、無難に注文したいときは揚げ鳥カオマンガイのほうがいいかもしれません。

また上の写真のように、茹で鳥と揚げ鳥をミックスすることも可能

ミックスカオマンガイの場合、茹で鶏用のタレとチリソースの両方が付いてきます。

値段は、たいてい普通のカオマンガイより10バーツ程度高くなります。

我が家は私が茹で鶏カオマンガイ、妻はほぼ毎回ミックスカオマンガイを注文します。

カオマンガイの注文方法は

茹で鳥カオマンガイの注文方法

茹でる&煮るというタイ語は「ドム」(ต้ม)

なので茹で鶏カオマンガイは、「カオマンガイドム」になります

「ド」にアクセントを置きましょう。

カオマンガイドムと言っても伝わらなかったときは、「カオマンガイ」と言った後にショーケースの茹で鳥を指さしましょう。

一応、伝わらなかったときのためにタイ語がこちら。

ข้าวมันไก่ต้ม(カオマンガイドム)

大盛りにしたいときは……

ข้าวมันไก่ต้มพิเศษ(カオマンガイドムピセー)

お持ち帰りしたいときは注文の前か後に……

เอากลับบ้าน(アオガパーン)

揚げ鳥カオマンガイの注文方法

揚げるというタイ語は、「トォー」(ทอด)

それで、揚げ鳥カオマンガイは「カオマンガイトォー」になります

ちなみに上記の通りに言っても伝わらなかったときは、「カオマンガイ」と言った後に、ショーケースの揚げ鳥を指さしましょう。

一応、伝わらなかったときのためにタイ語がこちら。

ข้าวมันไก่ทอด(カオマンガイトォー)

大盛りにしたいときは……

ข้าวมันไก่ทอดพิเศษ(カオマンガイトォーピセー)

お持ち帰りしたいときは注文の前か後に……

เอากลับบ้าน(アオガパーン)

茹で鳥&揚げ鳥ミックスカオマンガイの注文方法

ミックスというタイ語は、「パッソム」(ผสม)

それでミックスカオマンガイ「カオマンガイパッソム」になります

一応、伝わらなかったときのためにタイ語がこちら。

ข้าวมันไก่ผสม(カオマンガイパッソム)

大盛りにしたいときは……

ข้าวมันไก่ผสมพิเศษ(カオマンガイパッソムビセー)

お持ち帰りしたいときは注文の前か後に……

เอากลับบ้าน(アオガパーン)

ご飯をお代わりしたいとき

ほとんどのお店で、カオマンガイのご飯だけお替りすることも可能。

鶏の味が浸み込んだご飯はそれだけでも美味しいですし、タレが美味しいお店ならタレ&ご飯で行けちゃいます。

多くのお店では10~15バーツでお替りできるはず。

いろいろ言い方はありますが、下のタイ語を言えばおそらく通じるでしょう。

เอาข้าวมันเปล่า(アオカーオマンブラオ)

カオマンガイの種類&注文方法まとめ

今回紹介した、カオマンガイの種類&注文方法

タイに初めて来た頃の自分に教えてあげたいことを、厳選してまとめてみました。

当時私たち夫婦は、いつも身振り手振りで注文。

なので、希望のものが注文できないこともよくありました。

この記事を読めば、カオマンガイに関してはおそらく希望通りのものが頼めるはず。

日本で食べれば1000円近くするカオマンガイ

タイで食べると50バーツ前後(約180円)でして、いろいろと高い空港で食べても80バーツ(約270円)

なのでタイ旅行中に、最低一度は本場のカオマンガイを食べてみることをおすすめします。

バンコクの2大有名店ピンク&緑のカオマンガイを食べ比べてみて分かったこととは

「ピンクのカオマンガイ」VS「緑のカオマンガイ」 バンコク2大カオマンガイを食べ比べてみて分かったこと

続きを見る

「セントラルエンバシー」を徹底解説!地下フードコート「イータイ」では、あのピンクのカオマンガイも食べられます

バンコク「セントラルエンバシー」のおすすめや高級フードコートを徹底解説

続きを見る

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店まとめ

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店8選

続きを見る

【ジョージタウン】日本人ならきっとみんな大好き!絶品海南チキンライス店を2軒紹介

【ジョージタウン】日本人ならきっとみんな大好き!絶品海南チキンライス店を2軒紹介

続きを見る

▼タイに一冊持って行くなら「指差しタイ語」がおすすめ!我が家もこの本に数え切れないほど助けられました

空港送迎サービス

ドンムアン空港のタクシー乗り場

タクシーに日本と同じ感覚で乗るのは危険(特に黄色と緑のツートン)

空港からバンコク市内のホテルへの移動は、日本語で事前予約できる空港送迎サービスがおすすめ!

  • 燃料代・高速代・チップすべて込みの定額制
  • 面倒な値段交渉しなくて良いのが嬉しい
  • 円をバーツに両替していなくても大丈夫
  • 初めてのタイという方に絶対おすすめ(安心感が半端じゃありません)

制限エリアから外に出た「ミートエリア」で、ドライバーさんが「ネームボード」を持って待機

あとはドライバーさんについて行くだけでホテルに到着するので、異国の移動に伴う精神的負担がほぼ皆無です

面倒な値段交渉やタクシー待ちの列に並ぶ必要がないのも嬉しいポイントで、特に女性一人旅の方におすすめですよ

※深夜のタクシー(特に黄色と緑のツートン)に女性一人で乗るのは絶対やめたほうが良いです

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】ドンムアン空港の送迎サービスを楽天トラベル観光体験でチェック

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】スワンナプーム空港の送迎サービスを楽天トラベル観光体験でチェック

➤➤➤【圧倒的な口コミ高評価】空港(スワンナプーム/ドンムアン)~バンコク市内の送迎サービスをKKdayでチェック

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

【初めてのバンコク旅行&女子旅にもおすすめ】実際に泊まってみてよかったバンコクおすすめホテル5選&人気滞在エリア

続きを見る

バンコクおすすめホテル5選

初めてのバンコクという方は迷わず「スクンビット」か「サイアム・プラトゥーナム」エリアに宿泊しましょう

※特におすすめはBTSアソーク・プロンポン・トンロー駅の徒歩5分圏内

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方厳選まとめ

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方7選

続きを見る

マハナコン・スカイウォーク展望台徹底ガイド!割引チケットの購入法やおすすめスポット&注意点

マハナコン・スカイウォーク展望台
マハナコン・スカイウォーク展望台徹底ガイド!割引チケットの購入法やおすすめスポット&注意点

続きを見る

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジまとめ

【最新】ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジを全部紹介

続きを見る

海外行くならahamoがおすすめ

ahamoを海外で使用

「データローミング」をオンにするだけで海外でも使用可能(手続きや追加料金無し)

我が家は「タイ」と「北海道」を行き来する生活を送っているため、スマホはドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」を利用しています

  • 基本料金2970円(税込)
  • データ容量は20GB
  • ドコモの高速回線使っているので安定しています
  • 何度でも国内5分無料通話付き
  • 海外82の国々・地域でも手続き無しで使えます
  • もちろん追加料金もなし
  • 海外でも日本の番号に届いたSMSを受信可能
  • オンラインで24時間サクッと契約可能

➤➤➤【最新iPhoneに機種変も可能】ahamo(アハモ)の詳細はこちら

海外でアハモを使用

タイでは3G通信でしたが特に不具合はなし

ahamoを海外で使用する方法は簡単で、「設定」にある「データローミング」をオンにするだけ

※追加料金は発生しません

※海外では電話を受ける場合は着信料が発生するので要注意(結構かかってきます)

長期間(15日以上)海外で利用する場合は通信速度が最大128kbpsに制限されますが、それまでは容量(20GB)がなくなるまで高速通信を利用可能!

2週間以内の海外旅行なら何の問題もないので、今後海外に行く方は要チェックですよ!

※個人的には日本で使うメイン回線としても一番オススメです

➤➤➤【最新iPhoneに機種変も可能】ahamo(アハモ)の詳細はこちら

▼お申し込みはこちらから

ahamo新規・MNP

バンコクを満喫しよう!

マハナコンタワーのスカイウオーク

マハナコンスカイウォーク展望台は要チェック

バンコクで楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティや現地ツアーを申し込むのがおすすめ!

いま注目のバンコクアクティビティ

実際に我が家も何度か利用していますが、日本語サイトで事前に予約できるのが嬉しいポイント!

現地で直接払うよりお得な場合が多いので、まずは人気のアクティビティをチェックしてみましょう。

※個人的におすすめなのはLet's Relax Spa のマッサージマハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【日本語で予約可能】KKdayのタイ人気アクティビティ ランキングをチェック

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】バンコクの人気アクティビティを楽天トラベル観光体験でチェック

タイ旅行におすすめのレンタルWiFi

タイ旅行でレンタルWiFiを使うカップル

飛行機を降りてすぐインターネットがつながると、旅の快適度が控えめに言っても倍増します

Googleマップや翻訳アプリを使えるというだけでも、タクシーの中での安心感が全く違うはず!

※SNSのリアル更新もできますよ

タイに行くなら要チェックのポケットWiFi
タイデータ(一番オススメ) グローバルWiFi jetfi(ジェットファイ)
高速4G通信(使い放題) 高速4G通信(使い放題) 高速4G通信(使い放題)
590円/1日 2070円/1日  1580円/1日
詳細はこちら 詳細はこちら  詳細はこちら

タイ旅行におすすめのレンタルWiFi

タイデータ→圧倒的なコスパの良さ&顧客満足度99.8%

グローバルWiFi→海外用WiFiレンタル5年連続No.1

jetfi(ジェットファイ)→お得なキャンペーン実施中(最大47%オフ)

我が家もいろいろ使ってみましたが、いま借りるならおすすめなのは間違いなくタイデータ

  • 1日590円(他社と比較してもダントツで最安値)
  • なのに高速4G通信をデータ容量無制限で使用可能
  • 昨年度の顧客満足度は驚異の99.8%

タイ通信最大手 TRUE の4G回線を使っているため、ストレスを感じずにネットサーフィンや動画を楽しめるのが嬉しいポイント!

※一部エリアでは3G回線になります

自宅で受け取り郵便ポストに返却&往復の送料(1100円)が無料になるキャンペーン中なのも嬉しいポイントです

➤➤➤【顧客満足度99.8%】タイデータの詳細や料金・見積もりはこちら

▼参考記事はこちら

アマゾンで買える格安ツーリストSIM

アマゾンで買ったタイ旅行用のSIM

日本にいる間にアマゾンで買うのもおすすめ

SIMフリーのスマホをお持ちの方は、ツーリストSIMカードを事前にアマゾンで購入するのもおすすめ!

※タイの空港でも買えますが、アマゾンの方が安いです

自分でSIMカードを入れ替える必要がありますが、ほとんどの方は特別な設定をしなくてもすぐに使えるようになるはず(なので飛行機の中で入れ替えましょう)

我が家は今回AIS(タイの大手通信会社)のSIMカード2枚セット(8日間/15GB)を購入

価格が日本では考えられないほど安いので、スマホしか使わない方はレンタルWiFiよりこちらのほうがおすすめかなと思いました

※8日間/15GB使えるSIMカードが2枚セットで1300円弱でした

➤➤➤【Amazon】我が家が買ったSIMカードはこちら(売り切れていたらごめんなさい)

➤➤➤【Amazon】タイで使用可能な格安SIMカードをチェック

【保存推奨】年間180日以上滞在する私が選んだ日本人の口に合うおすすめタイ料理まとめ

日本人向けのタイ料理人気おすすめ「タイカレー」
【保存推奨】年間180日以上滞在する私が選んだ日本人に人気おすすめのタイ料理11選

続きを見る

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

初めてのチェンマイ旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

チェンマイ観光モデルプラン
初めてのチェンマイ旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

-初めてのタイ旅行
-