タイ情報 知って得するタイ情報

意外と知らない人が多いカオマンガイが食べられる屋台の見分け方と,揚げ鳥カオマンガイやミックスカオマンガイの注文方法を、どこよりも詳しく説明してみた

投稿日:

日本人が大好きなタイ料理の一つがカオマンガイ

漢字で書くと「海南鶏飯」と書くようですが、中国南部で誕生したものがタイに渡ってきて今では代表的なタイ料理になった、といういきさつがあるようです。

ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで調理した、雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、多くの場合上記のスープと共に供される。鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。鶏肉の脂分がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、調理後に冷ました鶏肉を使用する。

タイ国内ではこのカオマンガイ専門屋台が多数あり、見た目の素朴さだけでは分からない奥深い料理方法や秘伝のタレを競い合っている。また、日本人の口にも合う料理として、東南アジアを旅行する日本人旅行者の間でも大変人気がある。

(出典 Wikipedia 「海南鶏飯」より)

今回は本場タイのカオマンガイを食べるときに、覚えておいた方がいい点について説明したいと思います。

カオマンガイが食べられる場所

カオマンガイというのはとてもメジャーなタイ料理なのですが、タイ料理屋さんやタイ料理屋台ならどこでも食べられるわけではありません。

メニューを見れば書いてあるのですが、私たちを含めタイ語が読めない旅行者だと最初にぶち当たる壁が、どこで食べられる分からないということでしょう。

私の個人的な観察ですが、タイにはいろいろなところに10軒以上の屋台が集まった屋台街がありますが、その中に少なくとも1~2軒はカオマンガイ専門の屋台があるような気がします。

屋台によってはカオマンガイとクイッティアオ(タイのラーメンみたいなもの)の両方を提供している所もありますが、たいていはカオマンガイ専門店。

ではどうやって見分けるかというと、お店の前に茹でた鳥がぶら下がっているかを確認します

カオマンガイ専門の屋台はこんな感じ。

こんな感じで鳥がぶら下がっていて、さらに鳥を切る大きなまな板と包丁があれば、間違いないでしょう。

ここもちょっと分かりにくいですがカオマンガイが食べれるお店。

右側の方にはクイッティアオの材料が置いてあるので一見クィッティアオ屋さんに見えるのですが、カオマンガイも食べる事ができます。

カオマンガイの種類

上の写真を見てもらえると分かりますがカオマンガイには、茹でた鳥のカオマンガイと揚げ鳥のカオマンガイがあります

上の屋台からテイクアウトした時の写真なのでちょっとぐちゃぐちゃになっていますが、左が茹で鳥のカオマンガイ、右が揚げ鳥のカオマンガイ。

付いてくるソースも、茹で鳥か揚げ鳥かによって変わってきます。

茹で鳥カオマンガイの場合は、ショウガやにんにくやトウガラシがかなり効いている刺激的の強いソースをかけることが多いです。

一方揚げ鳥カオマンガイの方は、ほとんどの場合チリソースが付いてきます。

カオマンガイは、お店によって当たり外れが激しいので、無難かつ外れのない味を求めるなら、揚げ鳥カオマンガイのほうがいいかもしれません。

また上の写真のように、茹で鳥と揚げ鳥をミックスすることも可能

その場合は両方のソースが付いてきます。

普通のカオマンガイより10バーツ位高くなることが多いですが、私は両方楽しめるミックスカオマンガイを頼むことがほとんどです。

注文方法は?

茹で鳥カオマンガイの注文方法

茹でるとか煮るというタイ語は、「ドム」 と言います。

「ド」にアクセントを置きましょう。

注文するときは、「カオマンガイ ドム」とはっきり言いましょう。

ちなみに上記の通りに言っても伝わらなかったときは、「カオマンガイ」と言った後にショーケースの茹で鳥を指さしましょう。

一応、伝わらなかったときのためにタイ語も載せておきます。

ข้าวมันไก่ต้ม(カオマンガイドム)

ちなみに大盛りにしたいときは、「カオマンガイ ドム ピセー」と言います。

またテイクアウトしたいときは、注文した後に「ガバーン」と言います。

本当は「グラップ バーン」というタイ語なのですが、「ガバーン」の方が通じると思います。

揚げ鳥カオマンガイの注文方法

揚げるというタイ語は、「トォー」と言います。

小さい「ォ」にアクセントを置くと伝わりやすいでしょう。

それで、揚げ鳥カオマンガイの注文は「カオマンガイ トォー」と言います。

ちなみに上記の通りに言っても伝わらなかったときは、「カオマンガイ」と言った後に、ショーケースの揚げ鳥を指さしましょう。

一応こちらも、伝わらなかった時用にタイ語を載せておきます。

ข้าวมันไก่ทอด(カオマンガイトォー)

ちなみに大盛りにしたいときは「カオマンガイ トォー ピセー」と言います。

またテイクアウトしたいときは、注文した後に「ガバーン」と言います。

本当は「グラップ バーン」というタイ語なのですが、「ガバーン」の方が通じると思います。

茹で鳥&揚げ鳥ミックスカオマンガイの注文方法

ミックスというタイ語は、「パッ ソム」と言います。

「ソム」の「ソ」の声のトーンを下げて、「ム」を上げるとより伝わりやすくなると思います。

それでミックスカオマンガイの注文は、「カオマンガイ パッソム」になります。

ミックスカオマンガイに関しては、指をさして伝えるのが難しいので、タイ語も載せておきます。

  ข้าวมันไก่ผสม (カオマンガイパッソム)


ちなみに、大盛りにしたいときは、「カオマンガイ パッソム ピセー」と言います。

またテイクアウトしたいときは、注文した後に「ガバーン」と言います。

本当は「グラップ バーン」というタイ語なのですが、「ガバーン」の方が通じると思います。

まとめ

今回はカオマンガイの注文方法について徹底解説しました。

実は私たち夫婦はいつも身振り手振りで頼んでいたので、希望のものが注文できずに困ることも多々ありました。

今回説明した発音のコツを気を付けながら注文したらきっと食べたいカオマンガイが頼めると思います。

日本で食べると最低800円位はするカオマンガイですが、タイの屋台だと30バーツ(90円)~60バーツ(180円)位で食べられるところがほとんど。

結構高カロリーですが、タイに来たからには是非本場のカオマンガイを味わってみてください。

 

-タイ情報, 知って得するタイ情報

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.