タイ チェンマイ

チェンマイで濃厚スパイシー系カオソーイを食べたいときはカオソーイクンヤーイへ行こう

投稿日:

チャーンプワック門の近くにある、チェンマイの中でも美味しいと評判のカオソーイクンヤーイ

ヤーイというのはおばあちゃんという意味なので、なんとなく優しいカオソーイが出てくるのをイメージしていましたが、スパイシーかつパンチのきいた濃厚カオソーイでした。

カオソーイクンヤーイの場所や営業時間と注意点

ポイント

営業時間 10:00~14:00

定休日 日曜日

実はカオソーイクンヤーイの入り口はかなり分かりにくく、私は1度通り過ぎてしまいました。

車やバイクだと一度通り過ぎると戻ってくるのにかなり苦労するので、近くまで来たら最徐行がおすすめ

この通りには大きなお寺が3つ並んでいますが、カオソーイクンヤーイがあるのは2つ目のお寺(ワット・クアンカーマー)と3つ目のお寺(ワット・ラジャモンティアン)の間

上の写真に写っているのが入り口ですが、道路を走っていると店舗が全く見えないのであっという間に通り過ぎてしまいます。

入口正面にはカオソーイクンヤーイ(ข้าวซอยคุณยาย)と書かれた赤い看板がありますが、こうやって改めてみるとやはり分かりにくいです。

ちなみに中には駐車場がたくさんあるので、車やバイクで来た人は路駐せずに中に入りましょう

営業時間は14時までですが、他の多くのカオソーイ店と同じように売り切れてしまったらそこで終了。

人気のカオソーイ(牛)は12時半ころには売り切れていることも多いので、できれば12時までに訪問するのがおすすめです

カオソーイクンヤーイのメニュー

店内には英語表記のメニューもあるので、注文にそこまで困ることはないでしょう。

カオソーイは鳥と豚が40バーツ(大盛り50バーツ)、牛だけ50バーツ(大盛り60バーツ)

クィッティアオもメニューにありますが、ここで食べるべきなのはカオソーイ一択。

量は比較的少なめなので、大盛を頼むのがおすすめ

ドリンクメニューには北タイが名産の竜眼ジュース(Longan Juice)があるので、飲んだことがない人はチャレンジしてみるのがおすすめ。

竜眼はタイ語ではラムヤイといい、強いて例えるならライチに似た果物で体にいい事でも有名。

無料の水と氷もあるので、私はいつもこちらを飲んでいます。

また北タイ料理にはかかせないケープムー(豚の皮を揚げたもの)も売られているので、カオソーイが来るまでのつなぎに食べてみるのも良いでしょう。

カオソーイクンヤーイのおすすめはカオソーイヌア(牛)

カオソーイクンヤーイの3種類のカオソーイを全部食べてみた結果、私が一番おすすめするのはカオソーイヌア(牛)

ちなみにお店の人に聞いたところ人気があるのもやはり牛のカオソーイとのことで、けっこう早目に売り切れるとのこと。

私は他のお店でもよくカオソーイ牛を頼みますが、他と比べるとカオソーイクンヤーイは牛肉の量が多めでかつ大きめ。

だから食べ終わった後には牛肉を食べたという感覚がしっかり残ります。

とはいっても全体的に量は少なめなので、大盛にするのがおすすめ。

付け合わせはおなじみの3点セット。

最初はマナオを絞らずに食べてみるのがよいでしょう。

こちらのカオソーイ(鳥)もかなりおすすめの一品

鶏肉は骨付きではなくカットしたものが使われているのがちょっとだけ残念。

もしカオソーイ(鳥)の鶏肉が骨付きもも肉だったら、ここの一番おすすめはカオソーイガイ(鳥)になったと思います。

カオソーイクンヤーイのスープは、ココナッツミルクがそこまで強くなくスパイシーさが際立つ濃厚スープ

食べすすめていくと額から汗がにじむくらいの辛さを感じます。

でもそのスパイシーさが病みつきになり、残ったスープもいつまでもレンゲですくって飲んでしまうほどの中毒性が……

ここの味に慣れてしまうと、その辺のカオソーイではきっと物足りなくなることでしょう。

まとめ

チェンマイ市内のカオソーイ店の中で美味しいと評判のカオソーイクンヤーイ

営業時間が短めなのと、早目にいかないと売り切れてしまっているのが唯一のネック。

特に牛のカオソーイが食べたい人は、12時前にはカオソーイクンヤーイに着けるような計画を立てましょう。

そして入口が非常に分かりにくいので、この記事の写真を直前にもう一度見ておくのがおすすめです。

スパイシーかつ濃厚なカオソーイを食べた後は、居心地最高なカフェでクールダウンしませんか

チェンマイ旧市街にある日本人におすすめの居心地最高なカフェ7選

続きを見る

カオソーイクンヤーイの並びにある24時間営業のおすすめジョーク(おかゆ)のお店がこちら

チェンマイで朝食難民になったら絶品おかゆが食べられる24時間営業のジョークソムペットへ行こう

続きを見る

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, チェンマイ

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.