タイ ドンムアン空港

【要注意】移転したドンムアン空港荷物預り所の場所や料金を紹介

投稿日:2018-06-12 更新日:

バンコク・ドンムアン空港内で、旅行者が絶対に押さえておきたい施設の一つが荷物預かり所

バンコク市内には最近少しずつ増えてきたとはいえ、コインロッカー的なものがまだほとんどありません。

それでドンムアン空港を起点にして動かれる方の場合、ここに荷物を預けておくことによって快適に移動や観光をすることができるようになります。

ドンムアン空港には、今まで到着階の1階と出発階の3階に荷物預り所がありました

ですが2018年現在、工事に伴い場所が変更になっています

ドンムアン空港荷物預り所は2階へ移転

先日日本に帰国するためチェンマイ空港からドンムアン空港に移動しましたが、バンコクに2日間滞在する予定があったので、大きなスーツケースを空港に預けることに。

ドンムアン空港3階の荷物に行ってみると、上のような状況で荷物預り所が跡形もなくなくなっています。

最初見落としたのかと思い、3階を端から端までもう一度探しましたが見つからず、それならばともう一か所の荷物預り所がある1階に行きましたが、こちらもきれいさっぱり消えてなくなっています。

さすがにこれはおかしいと気づき、インフォメーションに行って聞いてみると空港2階に移動したとのこと。

さっそく2階に行ってみると、ターミナル1(国際線)とターミナル2(国内線)を繋ぐ連絡通路で荷物預り所を発見

汗だくになって空港内を右往左往したのに、まさかこんなところに移動していたとは。

以前の場所と比べると圧倒的にスペースが広くなり、荷物預り所の前で荷物の詰め替えなどもしやすくなりました。

国際線・国際線ともに2階に行って空港中心の方に進めば、迷わず見つけられるでしょう

ドンムアン空港の24時間対応荷物預け料金は

ドンムアン空港の荷物預り所をすすめる理由の一つが圧倒的な安さ

例えばチェンマイ空港だと数時間預けただけでも200バーツ(約650円)かかりますが、ドンムアン空港だと24時間75バーツ(250円)

その後は12時間ごとに約37バーツずつ加算されていきます。

私は今回土曜日の10時に預け翌々日月曜日の19時に受け取りましたが、スーツケース1個188バーツしかかかりませんでした。

タイ滞在中に、ドンムアン空港からチェンマイやプーケット・クラビなどタイの地方都市に行かれる方も多いと思います。

その時に荷物預り所をうまく利用することによって、スマートな旅行にすることが可能。

24時間対応のラゲッジスペースは2階のここだけなので、早朝や深夜出発に荷物を受け取りたい方はここ一択になるでしょう

ドンムアン空港1階到着フロアにあるAIRPORTELs(エアポーテルズ)

2018年6月にドンムアン空港を利用した時に、到着フロアの一階に新設されていたのが、スワンナプーム空港にもあるAIRPORTELs(エアポーテルズ)

荷物を預けることができ、さらにホテルやスワンナプーム空港やショッピングモールなどに荷物を配達もしてくれるお店。

AIRPORTELsの場所は、1階到着階のターミナル1(国際線)とターミナル2(国内線)を結ぶ連絡通路の、ターミナル2(国内線)側入り口

先ほど紹介した2階の荷物預り所とは違い、到着したフロアにあります。

なので、荷物が多い人にはこちらの方が楽かもしれません。

国際線で到着された方は制限エリアを出たら左側に、タイ国内線で到着された方は制限エリアを出たら右側に進みましょう

現在はオープン記念のプロモーション中なので、2階のラゲッジスペースよりも安くなっています。

いろいろ話を聞いてみましたが、2018年9月以降は重量重さに関係なく1個100バーツとのこと。

2階で預ければ75バーツなので少し高くなりますが、他の空港と比べたら断トツの安さ。

そしてAIRPORTELsの特徴の一つが、空港で預けた荷物を重量重さに関係なくその日のうちに配達してくれるサービス

例えばドンムアン空港で12時までに預ければ、スワンナプーム空港や宿泊予定のホテルやショッピングモールなど指定の場所に18時までに配達してくれます。

このサービスをうまく使えば、日本からドンムアン空港に到着した後荷物をすぐにここに預けてしまえば、ホテルを経由せずにすぐにバンコクの街に繰り出すことができます

タイ国内への配送も一律800バーツなので、人によっては飛行機の手荷物追加料金を払うより安く済むかもしれません。

日本語対応のHPもあり予約も受け付けているので、バンコク旅行を計画中の方は要チェック。

なお営業時間は8:00~23:00までで、24時間営業ではないので要注意

エアポーテルズのHPはこちら

追記:2018年10月現在、まだプロモーションが行われています。

いつまでやるのか聞いて見たところ、年末までは多分続くはずと言っていました。

ドンムアン空港荷物預けまとめ

ここ数年、ドンムアン空港はいろいろと目まぐるしく変化しています。

荷物預り所だけではなく、プライオリティパス対応ラウンジが新設されたり、セブンイレブンの横にも新しくタイ料理のお店が。

個人的には、第一ターミナルにスタバがオープンしたのと、フードコート内にやよい軒が出来ていたのにびっくりしました。

札幌とバンコク間のエアアジア便ができたことで、今後よりいっそうドンムアン空港を利用する機会が増えるので、これからもどんどん発展していって欲しいと思います。

CHECK!ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

CHECK!深夜早朝到着便を利用される方におすすめのホテルがこちら

ドンムアン空港に21時以降に到着したら、アマリドンムアン宿泊一択!おすすめポイントや朝食を付けるべきかどうか徹底検証

続きを見る

アマリドンムアンをチェックしてみる

CHECK!ドンムアン空港内にある5つのプライオリティパス対応ラウンジを紹介

【ドンムアン国際線コーラルラウンジ体験談】実際に使ってみて分かったこととは

続きを見る

CHECK!【格安フードコート】ドンムアン空港で食事する時は第2ターミナルに移動すべき理由やおすすめフードコートまとめ

【格安フードコート】ドンムアン空港で食事する時は第2ターミナルに移動した方がいい理由やおすすめフードコートまとめ

続きを見る

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, ドンムアン空港

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.