タイ チェンマイ

チェンマイで若者に絶大の人気を誇るMAYA!日本人目線で見た楽しみ方を徹底解説

投稿日:2017-11-22 更新日:

チェンマイ市内に現在5つある大型ショッピングモール

その中でも、ニマンヘミンエリアに滞在する旅行者には、切っても切り離せないショッピングモールMAYA。

というわけで今回は、日本人もタイ人も大好きなMAYAの活用法を日本人目線で紹介します。

ニマンヘミンのホテルをチェック

チェンマイの人気モールMAYAとは

2014年にオープンし、セントラルフェスティバルチェンマイと並んで2大人気ショッピングモールMAYA

チェンマイ大学が近いこともあり、若者にはMAYAの方が人気があるような気がします。

タイ人は「メーヤー」と呼んでいまして、「マーヤー」というと全く通じないので注意しましょう。

ソンテウやトゥクトゥクで行きたいときは、「バイ メーヤー」と言えば問題なく通じるでしょう。

土日は10:00開店ですが、平日は11:00開店なので要注意

この記事を書いている11月は、まだまだ30度近くあり暑いのですが、MAYAは一足早くクリスマスモード。

雪の降らないタイですが、MAYAの雪化粧を見るとなんか冬が来たなって感じがします。

MAYAは大人気のモールなので、ネット上の様々なところで紹介されています。

今回この記事では、日本人が知っていると役立ちそうな情報を中心に紹介したいと思います

MAYA4階はおすすめフードコートや飲食店が集結

MAYAの特色の一つは、豊富な飲食店や清潔なフードコート

MAYAの4階には飲食店が固まっていて、フードコートFOOD Lannaや世界各国のレストランが集結。

もちろん、日本食レストランもたくさん入っています。

MAYAは外国人が多いということもあり、4階フードコートほぼすべてのお店のメニューが写真付き

だから、タイ語をまったく話せなくても余裕で食事できてしまいます。

値段は一食60~80バーツ程度で、ローカル店よりは少し高めですが、日本円だと誤差の範囲。

タイ料理以外のお店もたくさんあります。

タイで食べると美味しくて感動する、COCO壱番屋やケンタッキー・フライド・チキン

定食で有名なやよい軒。

ちなみにMAYAのやよい軒は、我が家がタイに初めて来たときに最初に外食した懐かしのお店。

せっかくタイに来た最初の食事がやよい軒というのもどうかと思いますが、今となってはいい思い出。

アメリカンなものが食べたかったら、Dukesがおすすめ

チェンマイ近郊にチェーン展開しているDukesは、タイ料理よりはお高いですがステーキやピザなどのレベルがかなり高め。

チェンマイの人気店MANGO MANIAの支店があるのも、MAYAの4階

ニマンヘミンのMANGO MANIAよりも、何となく空いている気がします。

マンゴーシェイクは絶品なので、まだ飲んだことがない方はここで飲んでおきましょう。

MAYA地下フードコートもおすすめ

飲食店が固まっているもう一つのフロアーは、MAYAの地下1階

地下フードコートの方が、4階のFOOD Lannaよりもリーズナブルでして、ローカル店とほぼ変わらないお値段。

指をさすだけで注文できるお店も多く、もちろんお持ち帰りも可能。

その場で好きなフルーツを選んでシェイクにしてくれる、こんな感じのお店も何軒かありおすすめ。

外にもこんな感じのお店はたくさんありますが、暑いので果物が悪くなっている可能性が十分あります

私も、一度外の屋台で買ったパイナップルを食べて、食中毒になったことがあります。

屋台で買ったものを食べて食中毒になる可能性は、それほど高くはありません。

でもお腹が弱い方だという方は、極力MAYAのような大型ショッピングモールの中で食事をすることをおすすめします

万が一具合が悪くなった時は、こちらを要チェックです。

【旅行予定なら要必読】チェンマイ市内で日本語対応している病院を4軒紹介

続きを見る

楽天カード&エポスカードの海外旅行保険を使って病院を受診する手順やコレクトコール方法

続きを見る

ニマンヘミンエリアで両替ならMAYAがおすすめ

MAYA正面玄関から入って、すぐのところにある両替店

MAYAの3階にも銀行が並んでいるエリアがあり、両替をすることができます。

ちなみに、この日のMAYAの両替レートはこんな感じ。

実際に10万円両替して分かったチェンマイ市内で最もレートのいい両替店とは

続きを見る

以前チェンマイで最もレートのいい両替店を検証したことがありましたが、ナンバー1のsuper exchangeだとこの日は0.2915

つまり、1万円両替すると50バーツ(約170円)の差が出てきます。

super exchangeはロイクロ通りにあり、ニマンヘミンから往復するとどんなに頑張っても50バーツ以上します。

なのでよほど大金を両替する場合は別ですが、少額の両替ならMAYA で済ませるのがおすすめ

ちなみに、ニマンヘミンエリアはお得な私設両替店がないエリア。

足元を見ているのか、ありえないくらい悪いレートです。

MAYA の両替店は、レートが良くはありませんが、それほど悪くもありません。

なのでもしニマンヘミンエリアで両替するのなら、MAYAの1階か3階の銀行でするとよいでしょう。

CAMP(MAYA5階)はチェンマイのおすすめコワーキングスペース

ファラン(西洋人)にも日本人にも大人気のコワーキングスペースといえば、MAYA5階にあるCAMP

チェンマイ大学の学生さんもよく見かけます。

24時間営業のCAMPは、50バーツ以上の注文で2時間使えるWiFiパスワードをもらえるシステム

もちろん、追加注文すれば何時間でも居ることが可能。

24時間営業、しかも170円弱で2時間利用できるコワーキングスペースなんて、日本にはなかなかありません。

CAMP内はかなり広く、座席タイプも様々。

すべての席で電源が利用できるようになっています。

なおCAMPはAISが運営しているので、AISのSIMカードを契約している方であれば、無料で無制限にネットを利用できます

※AIS Super Wifiの契約が必要

CAMPのシステムの詳細や、MAYA閉館時間にCAMPを利用する方法は、こちらの記事で徹底的に解説してあります

【チェンマイ】MAYA5階のおすすめコワーキングスペースCAMP!システムや活用法をどこよりも詳しく紹介

続きを見る

MAYA屋上はSNS映えする撮影スポット

結構知らない人が多いのですが、実はMAYAは屋上に登ろことができます。

屋上にはダイニングバーなどがあるほか、上の画像のような感じに撮影スポットが広がっています。

チェンマイ大学や動物園方面の写真はこんな感じでして、チェンマイ市内を一望することができる貴重なスポット。

絶好の写真撮影スポットもありますよ。

チェンマイでダイソーに行くならMAYA3階

最近我が家がMAYAへ行く時のお目当てのお店は、MAYA3階にあるダイソー

ちなみに、ダイソーは60バーツ均一ショップ。

なので、日本円にすると約200円均一ショップということになり、あまりお得ではありません。

それでも、ダイソーにしか売っていない日本製の台所用品などがけっこうあるので、我が家は定期的に訪問しています。

旅行中にあれを持ってくればよかったと思うようなものは、たいていダイソーに売っています。

ちょっとした化粧品も、ここで購入可能です。

なおダイソーがあるMAYA3階には、もう1軒ダイソーに似た店舗があります。

日本製の小物なども多く扱うお店で、その名も「Moshi Moshi(もしもし)」

このお店は、安いものだと20バーツから売っています。

それで、ものによってはダイソーで買うよりお得に買えたりもします。

同じ3階にあるので、両店舗を比べてから買うと良いでしょう。

ツルハ(チェンマイ店)はMAYA2階

MAYAにはドラックストアがたくさん入っていますが、安心して買い物がしたいという方におすすめなのが2階にあるツルハ

ちゃんとツルハのHPにも店舗情報が載っていました。

基本的には、タイのドラックストアとそれほど変わらない商品ラインナップ。

ですが、所々日本でなじみのある商品も売られています。

特にこれから寒くなるタイでおすすめなのがこちら。

移動中の飛行機やバスの中で、寒くて仕方がなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

タイでなかなかカイロを売っているのは見かけないのですが、安心の日本ブランド「ツルハ」にはしっかり陳列されています。

日本から持ってくるのを忘れたという方は、MAYA2階のツルハに行ってみましょう。

マツモトキヨシ(チェンマイ店)はMAYA地下

実は、日本人におなじみのドラックストア「マツモトキヨシ」も、MAYA地下フロアに入っています。

店内はかなり広く、化粧品から生活用品までだいたいここで揃います。

もちろん、カイロも販売されています。

もし2階のツルハでないものがあれば、地下のマツモトキヨシを探してみると良いでしょう。

MAYA地下のリンピンスーパーではお土産も買えます

MAYAの地下には、外国人に人気のスーパーマーケット「リンピンスーパー」が入っています

ここに来れば、欲しいと思った日本の食材はほとんど手に入るといっても過言ではありません。

もちろん日本で買うよりも割高ですが、調味料から刺身、日本酒まで何でも買選んでます。

おにぎりやお惣菜も売っているので、きっと重宝することでしょう。

我が家は、リンピンスーパーの99バーツ前後で売っているシメサバが大好きで、最近はいつも常備しています。

リンピンスーパーはチェンマイ市内に何店舗もあるのですが、MAYAのリンピンは他の店に比べて日本人が喜ぶ商品が多いような気がします。

チェンマイ土産にぴったりのものも、たくさん売られています。

おすすめのお土産の一つは、上記画像のバタフライピー

タイではアンチャンと呼ばれている青いハーブティーで、我が家もよくお土産で持って帰ります。

グラスに入れたお湯の中にアンチャンの乾燥した花を入れると、お湯が鮮やかな青色に変化。

さらにレモン汁やライム汁を入れると紫色に変化するという、インパクト抜群の飲み物。

美容効果も高く、日本で買うとかなり高いハーブティの一つです。

リンピンスーパーでは、持ち帰りやすいサイズで売られていて、しかもそれほど高くないのでおすすめのお土産です。

本格的なタイ料理が食べたい友人がいる方には、上記のセットパックがおすすめ

トムヤムクンの素などは日本でも売っていますが、タイの様々な野菜や香草を入れなければ、本場の味は絶対に出せません。

日本人が大好きなガパオライスも、実際にガパオの葉を入れるとより本場の味に近づきます。

日本で本場のタイ料理を再現するのに不可欠な乾燥セットパックは、料理好きな友人には絶対に喜ばれることでしょう。

チェンマイMAYAおすすめまとめ

今チェンマイの若者に絶大な人気を誇っている、ショッピングモールMAYAの活用法&おすすめを紹介しました

現在のチェンマイのファッションや食の最新流行を知るためにも、一度は行ってみて欲しいMAYA

特にニマンヘミンエリアに滞在される方だと、毎日のようにお世話になるかもしれません。

ニマンヘミンエリアは、安くておしゃれなホテルが多い事でも知られています。

チェンマイ滞在中に何泊かニマンヘミンエリアに滞在するならば、チェンマイの新しい魅力にも気づくかもしれません。

ニマンヘミンのホテルをチェック

チェンマイ市内の5大メガモールを徹底比較!特徴や旅行者へのおすすめ度をまとめました

チェンマイ市内の5大メガモールを徹底比較‼特徴や旅行者へのおすすめ度をまとめました

続きを見る

チェンマイ旧市街にある日本人におすすめの居心地最高なカフェ7選

チェンマイ旧市街にある日本人におすすめの居心地最高なカフェ7選

続きを見る

世界一うまい野菜炒めが食べられると評判のニマンヘミンにあるJYai。おすすめメニューや頼み方のコツ

世界一うまい野菜炒めが食べられると評判のニマンヘミンにあるJYai。おすすめメニューや頼み方のコツを紹介します

続きを見る

チェンマイでガイヤーン食べるならここがおすすめ4選

チェンマイでガイヤーン食べるならここがおすすめ‼実際に食べ歩いて分かった今おすすめするイサーン料理店厳選4選

続きを見る

 

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, チェンマイ

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.