マレーシア情報 クアラルンプール

ペドロナスツインタワーへの行き方や登り方と実際に行ってみて分かった穴場撮影スポットとは

投稿日:2018-03-28 更新日:

クアラルンプールで1,2を争う観光スポットと言えば、間違いなくペドロナスツインタワー

88階建て高さ452mの巨大タワーが2棟並んでいる姿は、間違いなく圧巻の一言。

日中の壮観なフォルムもかっこいいですが、ライトアップされた夜のペドロナスツインタワーも非常に魅力的。

実は私は実際に見るまでそこまで興味はなかったのですが、実際に一度見るとはまってしまい、写真フォルダはペドロナスツインタワーだらけになってしまいました。

ツインタワーは巨大なので、クアラルンプル市内の多くの場所から見ることができます。

でも、SNS映えするいい写真が撮れる場所は、かなり限られます。

というわけで今回は、ペドロナスツインタワーをかっこよく撮れるスポットを、無料で行ける場所を中心に紹介したいと思います

マレーシア現地オプショナルツアー人気ランキング(1~20位)

ペドロナスツインタワーのアクセス行き方や登り方と料金

ペドロナスツインタワーはLRT「KLCC」駅直結なので、電車で行くのがおすすめ

クアラルンプール市内の電車移動をマスターするポイント!乗る前に絶対確認すべきこと&電車の種類を徹底解説

続きを見る

ブギビンタンあたりに宿泊しているなら、ショッピングモールのパビリオンからKLCCまでのスカイウォークを使って、徒歩でも行くことも可能。

Grabタクシーを使っても、RM10(約300円)以下で行けるでしょう。

ペドロナスツインタワーに登ることができる時間は9:00~21:00までで、料金は大人RM80(約2400円)子供RM30(約900円)

月曜日は休みで、金曜日の13:00~14:30の間も昼休み

ちなみに、ペドロナスツインタワーに確実に登りたいときは、ネット予約をしておきましょう

というのも営業開始前から行列ができるほどの大人気スポットで、朝8時半にチケットカウンターが空く前に並んでも、買えない可能性があるからです。

ネット予約はこちらから可能

ユーザー登録やクレジットカードでの決済が必要ですが、それほど難しくはありません。

タワー地下にあるチケットカウンターで、予約した時間の30分前までに、メールで送られてきたEチケットをチケットに引き換えなければいけないので要注意

ちなみに、あまりにもタワーに近い場所から写真を撮るとこんな感じに。

SNS映えするペドロナスツインタワーを撮りたければ、場所をある程度厳選する必要があるでしょう

KLCC公園は昼夜おすすめのツインタワー撮影スポット

障害物が少なく、噴水と一緒にタワーを撮影することができるので、大人気の撮影スポットがKLCC公園

こんな感じの写真が撮れるスポットが、KLCC公園内にはたくさんあります。

ヤシの木と一緒に撮影すると、一気に南国っぽい感じに。

下から見上げるとまた違って感じに。

KLCC公園は広いので、ペドロナスツインタワーのお気に入りの角度を求めて、いろいろ試してみるのがおすすめ

毎日19時から22時まで、30分おきにカラフルな噴水ショーが開催。

噴水の色が変わるたびにペドロナスツインタワーも違った顔を見せてくれるので、ペドロナスツインタワーの夜景目当てに訪問するのもおすすめです。

ツインタワー穴場撮影スポットはトレダーズホテル駐車場

ツインタワー撮影のちょっとした穴場スポットが、トレーダーズホテルの横にある駐車場

遮るものが少ないので、なかなかいい感じの写真を撮影することができます。

夜だとこんな感じに

トレーダーズホテル周辺は絶好の撮影スポットが多く、いろいろ歩き回ってみると思わぬいい写真が撮れたりします。

妻の作品がこちら。

赤い花が写真に入ると、また違った感じに見えておしゃれ。

撮る人によって写真は全然違ってくるものですね。

ちなみに夜間でもそれなりに人通りがありますが、少し暗くなっているところもあるので、女性一人での訪問は注意した方が良いでしょう

トレーダーズホテルのスカイバーもおすすめ(午前中限定)

ペドロナスツインタワーを真正面から眺められるスポットとして有名なのが、トレーダーズホテルの33階にあるスカイバー

プールの両サイドに席がありますが、ツインタワーが見えるのは写真右側の赤いソファー席のみ。

ツインタワーが見えるソファー席は10席ほどしかなく、もちろん大人気。

予約なしで座ることはほぼ不可能です。

また、最低RM500(約1万5000円)以上注文することが求められます。

トレーダーズホテルのスカイバーで夜景を楽しむのは、我が家にとってちょっとハードルが高め。

でも実は日中であれば、このスカイバーに無料で入って写真を撮影できる可能性が、かなりあります

スカイバーの営業開始は午前10時からで、当然ながら宿泊者以外も利用可能。

またトレーダーズホテルの宿泊者であれば、スカイバーに誰でも入ることができ、実際写真だけ撮りに来ている宿泊者もたくさんいます。

もちろんドリンク一杯頼んでソファー席に座ることもできますが、特に午前中はバーの店員さんも誰か来ても、全くオーダーを取りに来てくれません。

我が家もビールを1杯ずつ頼もうと思いソファー席に座ったのですが、全く店員さんが来てくれなかったので撮影だけして帰ってきてしまいました。

ちなみにスカイバーからだと、こんな写真が撮れます。

恐らく、ほぼ無料の撮影スポットとしてはナンバー1でしょう

言うまでもありませんが、万が一店員さんがオーダーを取りに来たら何かドリンクを注文しましょう。

ちなみにスカイバーに入る手前部分でも撮影は十分可能なので、中に入るのが緊張するという方は、入らずに撮影するという選択肢も。

ちなみにトレーダーズホテルのエレベーターは、客室階にはセキュリティキーがないと降りられないようになっていますが、スカイバーのある33階には誰でも降りることが可能

コスパ最高のツインタワービューの部屋に宿泊しよう

ペドロナスツインタワーを真正面から楽しめるトレーダーズホテルですが、実は絶景だけでなくアクセスの良さやスタッフ対応の良さが評判の人気のホテル。

トレダーズホテルの料金をチェックしてみる

KLCCやブキッビンタンの繁華街エリアまではどちらも徒歩約10分、専用通路があるので雨が降っても大丈夫。

Grabタクシーを使えば、300円以内で移動も可能。

KLCC水族館やKLCC公園など周辺に見どころもたくさんあります。

客室も清潔かつ使いやすい作りですし、朝食も高評価。

そしてツインタワービューの部屋を選べば、この夜景を独占できます。

日本だとたとえ閑散期でも、一人2万円以下では泊まれないようなホテル

でもトレーダーズホテルは、ツインタワービューの部屋を選んでも、びっくりするくらいリーズナブルな料金

おすすめは、アルコールも飲み放題のクラブラウンジが利用可能な、クラブルームかスィートルーム。

クアラルンプルはホテル宿泊費が比較的安めですが、その中でも抜群のコスパだと思います

トレダーズホテルの料金をチェックしてみる

ペドロナスツインタワーおすすめ撮影スポットまとめ

クアラルンプルのランドマークタワーとも言える、ペドロナスツインタワー

少し場所を移動するだけで、自分でもびっくりするくらい美しい写真が撮れるので、いろいろ工夫してみると良いでしょう。

特にトレーダーズホテルのスカイバーからは、地上からでは絶対に撮影不可能な写真が撮れるので絶対におすすめ

トレーダーズホテルに宿泊すれば、昼も夜もスカイバーに入場料無料で入ることもできますよ。

CHECK!ペドロナスツインタワーとセットで見学したいスポットがKLCC水族館

マレーシアの穴場観光スポットAquariaKLCC水族館に絶対に行った方がいい理由とは

続きを見る

CHECK!Grabタクシーを駆使してクアラルンプル市内を快適に移動しましょう

今海外行くなら必須の配車アプリUberとGrab。実際に乗ってみて分かったメリットやデメリット

続きを見る

CHECK!電車移動をマスターすれば、行動範囲が広がります

クアラルンプール市内の電車移動をマスターするポイント!乗る前に絶対確認すべきこと&電車の種類を徹底解説

続きを見る

CHECK!KLセントラル駅周辺で絶対に食べた方がよいおすすめグルメ6選

KLセントラル駅周辺で絶対に食べた方がよいおすすめグルメ6選とは

続きを見る

CHECK!ブキビンタンでおすすめのホテルがこちら

私がブキッビンタンエリアで今一番おすすめするホテルイスタナ!クラブルーム以上の部屋を絶対におすすめする理由とは

続きを見る

うちの妻が一目惚れしたブキッビンタンエリアのおしゃれホテル「パークロイヤルサービススイーツ」の魅力とは

続きを見る

マレーシア現地オプショナルツアー人気ランキング(1~20位)

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-マレーシア情報, クアラルンプール

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.