北海道のおすすめ情報はジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー  モノやサービスを使ってみたリアルな感想はジョニコミで紹介

タイ情報 海外旅行知恵袋 国際線搭乗記

スクートバンコク発深夜便エコノミー席は熟睡できるのか実際に試してみた

投稿日:2018-02-02 更新日:




我が家はここ最近は、LCC航空スクートのビジネスクラス「スクートビズ」を利用して日本とタイの間を行き来しています。

スクートビズの優先搭乗や優先降機サービスのおかげで入国審査にいち早く並べたり、機内サービスや機内食の充実、そして何より圧倒的なコスパの良さからです。

しかし、一つだけ疑問に思っていたことが。

日中移動するスクート便ならスクートビズが絶対におすすめですが、バンコクから日本に戻ってくる深夜便ならほとんど寝ているだけなのでスクートエコノミー席でもいいのではないかという疑問です。

日本に入る際には入国審査も並ばないので優先降機でなくても問題ありませんし、機内サービスも深夜便の場合はほぼ利用することはありません。

そんなわけで今回、スクート深夜便エコノミー席の乗り心地や寝心地を体験レポートしたいと思います。

海外格安航空券 Surprice (サプライス)

バンコクの人気ホテルをチェック

チェックインは早めに並ぼう

今回乗ったスクート深夜便はバンコクを0:30に出発する便。

どの便もそうですが、特にLCC航空のチェックインはいつも長蛇の列ができます。

国際線のチェックインは3時間前からですが、チェックイン開始の30分前にはすでにかなりの人が並んでいます。

スクートビズだと優先チェックインがあるので並ぶ必要はないのですが、エコノミー席の時はチェックイン開始の45分前には列に並ぶのがおすすめです。

もちろんギリギリでも問題はないのですが、チェックイン開始の30~45分前に並んでおけば比較的早めに大きな荷物を預けてしまうことができますし、たとえ出国審査が激混みでも焦らずに済みます。

バンコク・ドンムアン空港の場合チェックインし出国審査が終了した後は、食事やお酒を楽しめるラウンジで飛行機出発まで時間をつぶすのがおすすめです。

【最新】ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジを全部紹介

続きを見る

2人で搭乗する場合おすすめの座席はここ

今回初めてスクート深夜便のエコノミー席にのることになりましたが、絶対にこだわっていたポイントがあります。

それは座席

この席が空いていたのでこの便を選んだといっても過言ではありません。

スクートで使われているB787は、最後尾の2列が左右とも2席シートになっています。

ただ一番後ろはリクライニングできないので、狙うなら後ろから2列目の一択 

もちろんシートピッチは他の席と変わりませんが、窓側の席は窓との間にかなりのスペースがあります。

それでもし一人で乗られる場合、通路側より窓側を選ぶとよいかもしれません。

人気の席で早めに埋まってしまう席なので、航空券を取ったらいち早く座席指定して席を確定させてしまいましょう

深夜便の時は機内食はいらないかも

スクートビズの場合機内食が一食無料で付いてきます。

そして、いつ食べるか選ぶことができます。

それが当たり前だと思っていたので、今回も朝食べるつもりで食事を付けました。

ところがなんと、食事が提供されたのは飛行機が出発して30分後の深夜1時過ぎ。

私たちは飛行機に乗ったらもう寝るだけのつもりでお腹いっぱいで搭乗したので当然食べることはできず。

というか普通深夜1時に食事はしませんよね。

妻はほとんど残して返却し、私は食事が提供された時にはすでに爆睡していたので目が覚めたら目の前に置かれていてびっくりしました。

スクートビズだと席数が少ないのでその人に合わせた対応ができますが、エコノミー席の一人一人に合わせた対応はさすがに期待できないのでこれは致し方ないでしょう。

というわけで、スクートの深夜便に乗る場合は食事は付けない方が良いでしょう

ちなみに今回私たちは、牛ほほ肉の煮込みペンネパスタという事前予約でしか注文できないメニューを頼みましたが、味はめちゃくちゃおいしかったです。

次回も多分このメニューを頼むと思います。

エコノミー席は消灯時間が短い

深夜便というと出発したら30分後には消灯しているイメージがあったのですが、なぜか今回の便はしばらく電気が消えませんでした。

スクートビズだと客席が28席しかないので、機内販売などもあっという間に終了しすぐに消灯。

ですがエコノミー席の場合、最初に食事を配膳したり機内販売を行うので、かなりの時間電気が付いたままです。

もし明るいと眠れないという方は、アイマスク要持参

また朝もやはり早めに電気がつくので、消灯していたのは正味2時間くらいだと思います。

スクートエコノミー席の寝心地は

最も心配だったのは、エコノミー席の寝心地です。

ただ結論から言うと、私はかなり熟睡できました。

エコノミー席と言ってもスクートはレガシー航空と同じ機体が使われているので、エアアジアなどのLCC便と比べると快適な座席幅やピッチになっています。

さらに後方の2席シートを選んだこともあり、思ったよりも眠ることができ満足です。

私は意外とどこでも眠れるタイプなのですが、もし眠れるかどうか不安だという方はスクートビズを選ぶというのも一つの方法。

上記画像を見ていただけると分かるように、座席幅やリクライニングは圧倒的にスクートビズの方が上です。

翌日の予定が詰まっているから熟睡したいという方は、消灯時間なども長めのスクートビズ席を選ぶとよいかもしれません。

まとめ

今回初めてスクート深夜便のエコノミー席に乗ってみましたが、いろいろと気を付ければ深夜便ならエコノミーでもいいかなという結論に。

ただスクートビズとエコノミー席の値段差が1万円程度なら、やはりスクートビズを選んでしまうと思います。

ちなみにセール期間以外にスクートの航空券を買うなら、HISが運営しているSurprice (サプライス)経由で買うのが絶対におすすめ

スカイスキャナーで検索すると、サプライスの航空券は最安値に近い値段で販売

さらに定期的に配布されている3000円オフクーポンなどを使うと、かなりお得に航空券を購入することが可能

しかも、何回でもこのクーポンは利用可能!

なので、2人分のチケットを取るときは1枚ずつ分けて購入することにより、さらにお得に買えちゃいます。

我が家もこの方法をよく使いますが、座席指定の時に隣にすれば全く普段のフライトと変わらないのでおすすめです。

海外格安航空券 Surprice (サプライス)

今現在最もお得に海外航空券を買うことができる方法

我が家が初めてスクートのエコノミー席に乗って感動したときの話がこちら

【タイに行くならSCOOTで決まり】なぜ今スクートが熱いのか徹底解説しようと思う

続きを見る

スクートビズ深夜便フライト搭乗記はこちらをご覧ください。

【スクートビズ搭乗記】夫婦で格安ビジネスクラスに乗った感想とプラス1万円払う価値があるかどうかを徹底検証

続きを見る

日中のフライトなら絶対にスクートビズの方がおすすめ‼

【スクートビズ搭乗記】日中フライト便なら絶対にスクートビズの方がおすすめ。精神的な余裕と身体疲労が全然違うよ

続きを見る

関空からもバンコク行きの便が飛んでいます。乗ってみて分かったメリットとデメリットとは

初めて関空発バンコク行きのスクート便に乗ってみて分かったメリット&デメリット

続きを見る

オフシーズンの安い時だったらタイ航空に乗るのもありですね

【タイ航空深夜便搭乗レビュー】機内食やスワンナプームで迷わないためのポイントを紹介

続きを見る

エアアジアのプレミアムフラットベット席に初めて乗ってみて分かったこと

エアアジアのプレミアムフラットベット席に初めて乗ってみて分かったこと

続きを見る

バンコクの人気ホテルをチェック

amazonのお得な買い物術

 
アマゾンで買い物する時は、Amazonギフト券にチャージ(入金)してから支払うのがおすすめ。

チャージする度に、チャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります

ギフト券の残高有効期限は安心の10年なので、まとめてチャージしても大丈夫。

アマゾンで買い物する時は、必ずギフト券で支払いをしましょう。

チャージするだけで最大2.5%のポイントゲット

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入

チャージは簡単!コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ情報, 海外旅行知恵袋, 国際線搭乗記
-

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.