タイ情報 海外旅行知恵袋

初めて関空発バンコク行きのスクート便に乗ってみた‼乗ってみてわかったメリットやデメリットといま一番おすすめのスクート機内食を紹介します

投稿日:

タイに行くときに我が家がよく利用するLCC航空会社のSCOOT(スクート)

いつもは成田発のスクート便を利用するのですが、今回初めて関空発のスクート便に搭乗しました。

ちなみに18時台に出発するのも初めて。

というわけで今回は、関空発のスクート便搭乗レポートや、成田発スクート便と比べたメリットやデメリットを紹介します。

関空からバンコクへのスクート便は週3便

関空からバンコク・ドンムアン空港への飛行機は、現在週3便(水・金・日)運航されています。

ちなみに、復路も同じ日程で運行されています。

曜日によって多少の時間差はありますが、基本的に関空を18時前後に出発し、バンコク・ドンムアン空港に22時前後に到着

時差が2時間あるので、飛行時間は6時間前後。

バンコク・ドンムアンから関空に戻ってくる場合は、ドンムアンを9時前後に出て、17時前後に関空に到着する感じになります。

関空発バンコク行きスクート便に乗るメリットとは

我が家のように北海道など離れた場所に住んでいる人の場合、まず成田や関空まで移動しなければいけません。

成田発のスクート便は毎日運航していますが、出発が10時台なのでどうしても前泊する必要があります。

一方関空から乗る場合、出発が18時前後なので当日の移動で十分間に合います。

前日や当日の午前中に予定があるときなどは、関空発のスクート便は非常に重宝するでしょう。

関空発バンコク行きスクート便に乗るデメリットとは

関空の近くに住んでいる人にとっては、18時に出発というのは逆に遅く感じるはずです。

できれば、18時にはバンコクの夜の街に繰り出していたいと思うのではないでしょうか。

関空からスクート便に乗った場合、到着は現地時間で22時過ぎになります。

日本時間だと、0時過ぎです。

さらに、ドンムアン空港に到着した後は入国審査の行列に並ばなければいけません。

近年中国人観光客の増加に伴い、ドンムアン空港の入国審査にかなり時間がかかる場合が増えています。

少し前までは中国人が割り込み放題みたいな感じだったのですが、最近は空港職員(警察?)がきちんと整理してくれるので、前より整然と並ぶようになりました。

それでも、少なくとも30分から1時間くらいは入国審査に見ておいた方がよいでしょう。

そうなるとそこからバンコクの夜の街に繰り出すのは少し厳しくなりますし、ホテルに直行したとしても寝るのは日本時間で深夜2時ころになる場合が多くなります。

夜が極度に弱いという方は、関空発バンコク行きのスクート便はやめておいた方がよいかもしれません。

やっぱりスクートビズがおすすめ 

スクートは、エコノミークラスの席でもLCCとは思えないほど広くて快適です。

ただスクートのセール時などには、スクートのビジネスクラスにあたるスクートビズもかなり安く買えるため、個人的にはスクートビズで移動するのがおすすめ

【スクートビズ搭乗記】夫婦で格安ビジネスクラスに乗った感想とプラス1万円払う価値があるかどうかを徹底検証してみました

スクート(SCOOT)というLCC航空会社はまだ日本でもなじみがない方が多いかもしれませんが、非常にコスパがよく我が家もよく利用しています そんなスクートには、通常のビジネスクラスに相当するスクートビ ...

特に関空発バンコク行きの便のような深夜到着便の場合、できるだけ早く出国審査を通過したいのではないでしょうか。

スクートビズは、優先搭乗&降機が特典に含まれています。

エコノミー席の乗客よりも先に降りることによって、いち早く入国審査の列に並ぶことができます。

おそらく最初に降りた人と最後に降りた人だと、入国審査が終わる時間に1時間近く差が出てくることでしょう。

もちろん他にも、スクートビズを勧める理由はたくさんあります。

1杯だけですが無料でアルコールのサービスもありますし、自分の持っている端末で映画を見ることができるSCOOTVサービスもあります。

先日乗った時にはSCOOTVで、ずっと見たかった広瀬すず主演のチアガールを見ることができとても嬉しかったです。

というわけでもし可能ならスクートビズ席を予約することにより、LCCとはとても思えないほど快適にバンコクに移動することができるでしょう。

今一番おすすめのスクート機内食

以前も何回か言及したのですが、スクートで唯一残念なのは、あまり機内食が美味しくないことでした。

今までかなりの種類の機内食も食べましたが、正直ここだけは高くてまずいLCCレベルと言わざるを得ませんでした。

しかし、今回初めてこれならまた食べたいと思える機内食に巡り合えました。

妻も同じ意見だったので、きっと多くの人が気に入る機内食だと思います。

その機内食がこちら。

牛肉のブリスケット ラタトゥイユ添えです。

サラダと、ラズベリーのパウンドケーキが付いてきます。

ブリスケットというのは、肩バラ肉のこと。

牛バラ肉の塊がゴロゴロ入っていて、ビールにも合う一品です。

付け合わせはマッシュポテト。

パウンドケーキもかなりのボリュームがあることもあり、お腹いっぱいです。

ちなみにこのメニューは、スクート機内食のプレミアムセレクションの所にあり事前にネット予約が必要なメニュー。

普通に頼むと21.99シンガポールドルですが、スクートビズだと追加料金なしで頼むことができます。

スクートの機内食を何にしようか迷っている方は、これを頼むことをおすすめします。

今回のフライトでは、他にも「白身魚フライの甘酢ソース・ライス添え」など、新メニューがいくつか登場していました。

今後はスクートの機内食にも、期待できるかもしれません。

最新のスクートの機内食はこちらから確認できます。

まとめ

今回は関空発バンコク行きのスクート便の搭乗レポートでしたが、いかがだったでしょうか。

今回搭乗して改めて思ったのは、やはりLCCの中では断トツで快適だということです。

エアアジアでバンコクに行くのは正直かなり苦痛ですが、スクートだとあっという間についてしまう感じです。

まだ、スクート未体験の方には、是非一度乗ってみることをおすすめします。

ちなみに今スクートの航空券を買うなら、HISが運営しているSurprice (サプライス)経由で買うのが絶対におすすめ

スカイスキャナーなど比較サイトで検索すると、サプライスの航空券は最安値に近い値段で販売されていますが、さらに定期的に配布されている3000円オフクーポンなどを使うとかなりお得に購入することが可能

しかも何回でもクーポンは使えるので、2人分のチケットを取るときは1枚ずつ購入すればさらにお得に買えちゃいます。

我が家もこの方法を使いましたが、座席指定の時に隣にすれば全く普段のフライトと変わりませんでした。

サプライスの公式HPはこちら

今現在最もお得に海外航空券を買うことができる方法とは

初めて行く国だと個人ですべて手配するのは至難の業なので、ツアーを探す方も多いことでしょう。

ただ希望通りのツアーを見つかっても、予算の関係や日程・タイミングの関係で泣く泣く妥協しなければいけないこともよくあるはず

そんな方に妥協する前に試してみて欲しいのが、タウンライフ旅さがしの海外旅行プラン無料提案申し込み

タウンライフサービス旅さがしとは今話題の海外旅行プラン一括依頼サイト。

行きたい都市や希望の日程・予算・出発空港などを一回入力するだけで、要望に完全にマッチした個人手配では実現できないレベルの旅行プランを複数の旅行会社が提案してくれます。

食事や添乗員の有り無しだけでなく、ホテルや航空券のランク指定、現地で行きたい場所ややりたいことを具体的に指定することができるので、こだわりをすべて詰め込んだ思い出に残るオリジナルツアーにすることができます。

もちろん旅行期間の一部分だけをツアーの形にすることも可能。

新婚旅行など一生の思い出に残る旅行の場合は特に、妥協せずに無料のツアープランだけでも立ててもらうのがおすすめです

我が家が初めてスクートのエコノミー席に乗って感動したときの話がこちら

【LCCとは思えない】タイに行くならスクート航空で決まり‼なぜ今スクートがかなり熱いのか徹底解説しようと思う

SCOOT(スクート)という航空会社を聞いたことがあるでしょうか 私たち夫婦はスクートが大好きなのですが、それを他の人に言うと海外によく行く人でもそんな会社聞いたことないというリアクションをします。 ...

スクートビズ日中フライト搭乗記レポートはこちら。日中移動なら絶対スクートビズの方がいいですね‼

【スクートビズ搭乗記】日中フライト便なら絶対にスクートビズの方がおすすめ。精神的な余裕と身体疲労が全然違うよ‼

我が家がタイに行くときによく利用するスクート航空ですが、今回初めてスクートビズ(スクートのビジネスクラス)の日中フライト便(成田⇒バンコク)に搭乗 深夜便とはまた一味違ったフライトになったので、徹底レ ...

深夜初のスクートビズにも乗りました。熟睡したいならおすすめです

【スクートビズ搭乗記】夫婦で格安ビジネスクラスに乗った感想とプラス1万円払う価値があるかどうかを徹底検証してみました

スクート(SCOOT)というLCC航空会社はまだ日本でもなじみがない方が多いかもしれませんが、非常にコスパがよく我が家もよく利用しています そんなスクートには、通常のビジネスクラスに相当するスクートビ ...

オフシーズンの安い時だったらタイ航空に乗るのもありですね

【タイ航空深夜便搭乗レビュー】さすが安定のタイ航空、絶品機内食からスワンナプーム空港での国際線への乗り継ぎで知っておいた方がいいことまでまとめました

タイと北海道を移動するのに最も楽なのは、間違いなくタイ航空を使った移動 ※2018年4月よりエアアジアが新千歳-バンコク便を運航することが決まったので、今後はこれも選択肢に入ってくることでしょう その ...

-タイ情報, 海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.