タイ情報

まずは読んで欲しい10記事~タイ編

投稿日:

「ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー」というタイトルからも分かるように、当ブログの2大テーマは「北海道」と「タイ」

この記事では、当ブログを始めて訪れたタイに興味のある方にまず読んで欲しい、おすすめ10記事を紹介します。

我が家が初めてタイを訪問したのは2016年

当時右も左も分からなかった私たちを助けてくれたのが、膨大なネット情報。

なので、初めてタイに行く人でもなんとかなるレベルを目標に、いつも情報発信を心掛けています

タイと北海道を行ったり来たりしているというと、7割以上の方に言われるのが「飛行機代高そう」とか、「何時間かかるの」という疑問

タイはかなり遠く飛行機代も何十万もかかる、というイメージをお持ちの方が非常に多いようですが、そんなに高いチケットは我が家には到底買えません。

もしタイに行くことを考えておられる方は、「まずは読んで欲しい10記事~タイ編」本編の前に、我が家が毎回タイ行きの格安チケットを購入している方法をご覧ください

【2018年】最も安く海外航空券を購入する方法

ご存知だと思いますが、航空券の価格は一定ではありません どこでどのように買うかによって価格がびっくりするくらい変わり、下手したら料金が倍近く変わる場合もよくあります ポイント 一般的に航空券が最も安い ...

続きを見る

①グランデセンターポイントホテルターミナル21の紹介記事

我が家がバンコクで初めて宿泊したホテルが、ここグランデセンターポイントホテルターミナル21

アソークのターミナル21の真上にあるホテルです。

あまりのコスパの良さに、しばらくこのホテルばかり泊まっていました。

初めてバンコクに行く人は、とりあえずここに泊まっておけば間違いないかと思います。

②タイのセブンイレブン活用術

当ブログのタイ関係記事で、安定して人気があるのがセブンイレブン関係記事

特にタイ語が離せない旅行者にとって、日本とほぼ変わらない造りのセブンイレブンの存在はかなり心強いはず。

食事や飲み物だけでなく薬やお土産なども買えますし、高額紙幣の両替スポットとしても使えるので、タイに行かれるという方はセブンイレブン関係記事に一通り目を通されることをおすすめします

【旅行者必見】タイのセブンイレブンで買える、みんなに喜ばれるおすすめのお土産を5つ選んでみた

【ドンムアン空港セブンイレブン】深夜早朝発着便で食事に困ったらセブンイレブンを活用しよう。空港内で買う半額でビールも買えるよ

③バンコクの交通事情紹介記事

バンコクを旅行する方には必ず目を通して欲しい上記の3記事

タクシーにぼったくられないために気を付けるべき点や、おすすめのタクシーの選び方を紹介しています。

またラビットカードに関する記事も大人気で、今現在も「ラビットカード」でGoogle検索すると上位表示されています。

またタイからUberは撤退してしまいましたが、Grabタクシーは健在なのでGrabアプリのダウンロードは必須と言えるでしょう。

バンコクから地方都市へ移動される方は、下の3記事も合わせて読むことをおすすめします

タイで一番人気のナコンチャイエアーの長距離バスに乗ってみた‼実際に乗ってみて分かったことや、おすすめの座席、ネットでのチケット購入法を紹介します

バンコクからタイ地方都市への移動は美人CAさんの多いノックエアーがおすすめ。予約方法や我が家がノックエアーに毎回乗る理由をまとめました

タイで運転するうえで、絶対に知っておかなければいけないタイの交通ルールやマナー。命に関わるから絶対に読んでね

④タイでの口座開設や名義変更など手続き系

タイにある程度滞在すると、何かと手続きをしなければいけないことも増えてきます。

特にタイの自動車免許は、持っていると何かと便利なので積極的に国際免許から切り替え申請をするのがおすすめ。

今後も手続き系記事は、最新情報などをどんどん反映していきたいと思います。

⑤タイの観光ビザ関係&延長申請

タイに長期滞在したい人にとって死活問題なのは、いかに観光ビザを申請し合法的に滞在するか

当ブログには、ラオスのビエンチャンとマレーシア・クアラルンプールで観光ビザを申請する方法が詳細にまとめられていて、こちらも常時Google検索で上位表示されています。

またチェンマイイミグレーションでの30日滞在延長手続きの手順も紹介。

初めて観光ビザ申請する時は誰もが緊張すると思いますが、これらの記事を読んでいけば路頭に迷うことはないでしょう。

⑥クラビのおすすめ記事

タイ南部のビーチリゾート地クラビ

バンコクからだと飛行機に乗らないと行けませんが、心身ともにリフレッシュできるのでタイ旅行に組み込んでみるのがおすすめ。

個人的にはプーケットよりもクラビの方がおすすめです。

ちなみにビーチリゾートではありませんが、タイ・イサーン地方のチェンカーンもおすすめ滞在エリア

時間がゆっくり流れ古き良き日本を味わえるチェンカーンは、タイ人には大人気のエリアですが、日本での知名度はまだまだ。

今のうちにチェンカーンに行っておくと、時代を先取りできるかもしれません。

【今がチャンス】タイ人に大人気の観光地チェンカーンの魅力やおすすめのアクセス方法を徹底解説しようと思う

チェンカーンにハマってしまった私たちがおすすめする、絶対に行ったほうが良いスポット4か所とは

⑦古都チェンマイの観光紹介記事

当ブログのタイ関係記事で最も多いのが、チェンマイ周辺の紹介記事

バンコクも楽しいですが、長期滞在するなら個人的にはチェンマイが絶対おすすめ。

世界各地からノマドワーカーが集まってくるのも、分かるような気がします。

チェンマイからちょっと離れますが、ランパーンの象保護センターもかなり楽しいですよ

チェンマイから日帰りで行けるランパーンの象保護センターが楽しすぎる‼おすすめの行き方やエレファントライドの料金や楽しみ方を紹介します

⑧チェンマイの厳選グルメ紹介記事

上記に紹介したのはチェンマイのグルメ記事のほんの一例。

お寺巡りやマッサージもチェンマイ観光の醍醐味ですが、同じくらいおすすめなのはチェンマイグルメ食べ歩き。

ちなみにタイ料理が苦手という人のために、日本食情報もどこよりも詳しくまとめてあります

【最新版】チェンマイ市内の日本食レストランの中で今全力でおすすめできるお店13選とは

⑨ドンムアン空港紹介記事

当ブログにはドンムアン空港の記事ばかりで、スワンナプーム空港のことは全く書いてないな……と思ったあなた、鋭いです。

というのも我が家の北海道~バンコク間の移動はほぼLCC航空を使うので、スワンナプーム空港は数回しか利用したことがなく、記事を書きたくても書けないんです。

その分ドンムアン空港に関してはかなり詳しくなりました

ドンムアン空港のプライオリティパス対応ラウンジには、プライオリティパスがなくても現金で入場できるラウンジもいくつかあるのでおすすめです。

⑩タイ往復の飛行機搭乗記

我が家がタイと北海道の往復に利用するのは、基本的にLCC航空のスクートかエアアジア

オフシーズンで激安チケットが見つかれば、タイ航空も使ったりします。

今現在、成田や関空からバンコクを目指す方にはスクートがおすすめですし、北海道や名古屋からバンコクに行く方はエアアジアを利用すると良いでしょう。

まとめ

「まずは読んで欲しい10記事~タイ編」と言いながら、全く10記事では収まりませんでした

タイ以外にもラオスやマレーシア関係記事も、当ブログには数多くあります。

もし興味があれば、是非そちらもご覧ください。

-タイ情報

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.