ジョニタイ

タイ(チェンマイ)情報を中心に東南アジアに長期滞在して分かったことを更新中!海外ノマド術も公開

タイ知恵袋 クラビー 知って得するタイ情報

タイやマレーシアなどのビーチリゾートに行く時に、日本から持参した方が良いもの5選とは

投稿日:

1年中暑いタイやマレーシアですが、その中でも3~5月の暑季と呼ばれる時期の暑さと日差しは半端じゃありません

簡単に熱中症になるので、日差しに弱い人は対策をしっかりする必要があります。

クラビやプーケット、ペナン島などタイやマレーシアのビーチリゾート地では、必要だと思ったものはたいてい現地で購入することが可能

ただ品質に関しては圧倒的に日本のものの方がいいので、事前に日本から持ち込んだほうが良いものがいくつもあります。

今回は実際にタイやマレーシアのビーチに行ってみて、持って行ったほうが良いと思ったものをピックアップします。

UPF50+のラッシュガード

先ほども述べたように、東南アジアの日差しや紫外線は半端じゃありません

日本の3倍紫外線が強いというデータもあります。

油断すると日本では考えられない短時間で、すぐに皮膚が火傷したような状態になります。

紫外線の強さは十分に知っていたので、私は日本製のUVカット率の高いラッシュガードアマゾンを買ってタイまで配送してもらいました。

ただクラビのアイランドホッピングツアーに行ったときには、ライフジャケットを着るということもありラッシュガードは脱いでいました。

その結果がこんな感じ

恐らくボートに乗っていた1時間ほどの間になったのだと思いますが、ライフジャケットの外に出ていた部分が見事に火傷したような感じになり皮がむけました。

皮膚が弱い人は特に羽織るもの、できればそのまま水に入れるような高性能のラッシュガードを日本から持参したほうが良いでしょう。

タイでは大きなデパートに行っても、なかなかラッシュガードを買うことができません。

妻はユニクロのエアリズムパーカーを買いましたが、UVカット率を考えるとやはり本物のラッシュガードの方がおすすめ

ポイント

選ぶポイントはUPF50+かどうか、つまりUVカット率95%以上かどうか

頭から首にかけてはよく守った方が良いので、フード付きの方が良いでしょう

海に入っているときは特に焼けやすいので、肌の弱い人は全身おおわれているタイプの水着を買うというのも一つの選択肢

最近は長袖タイプでもかわいい水着が多いですし、東南アジアのビーチは日本と違いイスラム系の方も多いので、全身水着の人が至る所にいるので安心です。

日本製の高性能日焼け止め

体は羽織るもので覆えますが、どうしても顔だけは出てしまいます。

タイのコンビニやドラックストアでも日焼け止めは売っていますが、やはり日本製の方が高性能で安心。

ポイント

顔に塗るものなので、ここは妥協せずに高性能の日本製を選びましょう。

ビーチリゾートだと当たり前ですが水に何度も入ることになるので、SPF50+PA++++ & ウォータープルーフ のものを選ぶと良いでしょう

注意ポイント

上にあげた商品は耐久性に優れているものばかりですが、それでも一日中は持たないので何回か塗りなおした方が良いでしょう。

意外とすぐになくなるので少し多めに持っていくのがおすすめです。

スマホ防水ケース

タイのビーチにもスマホ防水ケースは至る所で売られていますが、作りが日本とは違う感じ

日本のものはしっかり密閉してくれるケースですが、タイで売られているのはジップロックが3重なのできっと大丈夫でしょう……みたいな感じのものがほとんど。

もちろんタイのスマホケースを使っても多くの場合は問題ないと思いますが、後で後悔するのは嫌なので我が家はいつも日本で購入しています。

日本で買うと送料無料だったり2個セットの商品も多いのでおすすめ

ポイント

スマホ防水ケースは全機種対応のものを選びましょう。

さらにIPX8認定商品(水深最大30mで30分間の防水が可能で、継続的に水没しても内部に水の侵入も完全ガード保障)だと安心です

上にあげたものを含めたいていのスマホ防水ケースは、ケースに入れたまま写真を撮ったりメールしたりすることが可能

注意ポイント

スマホを防水ケースなしでビーチやプールサイドで操作するのはかなり危険

特にボートの上などだと容赦なく水がはねてきますし、揺れたはずみで落とす可能性もかなり高くなります。

水没させてからでは遅いので、絶対にスマホ防水ケースは持参しましょう。

防水カメラ

スマホの防水ケースがあれば、水中でも写真を撮ることができます。

ただやはり若干撮りにくい面もあります。

防水カメラがあれば、シャッターチャンスを逃さずに良い写真を撮れるでしょう。

ポイント

防水カメラを選ぶ時に重要なチェックポイントは、画素数やWiFi機能が付いているかどうか、手ブレ防止機能が付いているかどうか、防塵性能が6級以上か、2m以上の耐衝撃性能を備えているかなどです

比較的安くて初心者にもおすすめなのがこちらのカメラ

手袋をしていても操作できるなど非常に扱いやすく、しかも難しい設定や操作をしなくてもオートでピントや明るさを調節してくれるので、初心者でもプロ並みの写真を撮ることが可能。

そしてこだわりの写真を撮りたい人に、私が今一番おすすめしたいカメラはニコンのCOOLPIX AW130

COOLPIX AW130で撮った写真 画像は楽天より

こんな写真を撮ってみたいという方は多いのではないでしょうか。

防水カメラは一度買うといろいろなシチュエーションで使えるので、これを機に購入してみるのはいかがでしょうか。

日本では100均でも買うことができるチェーン錠ですが、なかなかタイでは売っていません。

チェーン錠は、ビーチに行ったときに荷物を木などに括り付けるのに使います。

そのまま置いておいても大丈夫だとは思うのですが、鍵っぽいものが付いていると手を出す人はよりいなくなるでしょう。

安物でいいので、長めのチェーン錠をいくつか持っていくと良いでしょう。

日本から持ってこなくても、現地で購入可能なものもたくさんあります。

モノによっては、タイで買った方が安いものも多いです。

例えば、日よけの必需品のつばの広い帽子。

飛行機の中で邪魔になるので、現地購入のほうが良いでしょう。

南国っぽいおしゃれな帽子が、200バーツ~売っています。

また防水バックも、サイズによりますが200バーツ位で至る所で売っています。

日本で買った方が高いので、防水バックは現地購入がおすすめです。

まとめ

タイのビーチに行くときに持って行ったほうが良いものをまとめました。

特にラッシュガードなどの羽織るものと日焼け止めは、日本から持って行った方が絶対にいいと思います。

事前にしっかりと準備しておけば、東南アジアのビーチリゾートを満喫できることでしょう。

タイの人気ビーチリゾート地クラビに関する情報はこちら

【そうだクラビに行こう】クラビでおすすめの宿泊エリア3選や、空港からのアクセス方法をどこよりも詳しくまとめました

タイ南部のリゾート地と言えば日本ではプーケットが有名ですが、2006年に国際空港が開港してから多くの日本人が訪れるようになったのがクラビ。 レオナルド・ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」のロケ地になった ...

マレーシア・ペナン島もおすすめのビーチリゾート

東洋の真珠ペナン島への行き方やおすすめの楽しみ方と移動方法を紹介

マレーシア屈指の観光リゾート地と言えば、東洋の真珠ともいわれるペナン島 元イギリス領だったこともあり、マレーシアの中でも独自の多彩な文化が発展。 2008年には、ジョージタウンがユネスコ世界遺産に認定 ...

日本初タイ行きの海外航空券を、現在最も安く買える可能性が高い方法とは

【2018年】最も安く海外航空券を購入する方法

ご存知だと思いますが、航空券の価格は一定ではありません どこでどのように買うかによって価格がびっくりするくらい変わり、下手したら料金が倍近く変わる場合もよくあります ポイント 一般的に航空券が最も安い ...

タイ航空でスワンナプーム空港に到着した方がプーケットやクラビ行きの便に乗り換える方法

我が家が今一番おすすめするタイ行きのLCC航空は断然スクート(SCOOT)

LCC機内にも持ち込める最大サイズで今一番おすすめの軽量スーツケースがこちら

もっと詳しく

-タイ知恵袋, クラビー, 知って得するタイ情報

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.