このサイト内にはプロモーション広告が表示されています

マハナコン・スカイウォーク展望台

広告 スポット(バンコク)

マハナコン・スカイウォーク展望台徹底ガイド!割引チケットの購入法やおすすめスポット&注意点

2023-01-01

(記事内に広告を表示しています)

2018年11月にオープンした高さ314メートルの展望台「マハナコン・スカイウォーク」(Mahanakhon Skywalk)は、いま「バンコク」で最もSNS映えする観光スポットとして大人気。

少し前まで一番高い展望台だった「バイヨーク・スカイタワー」に代わりナンバー1になった「マハナコン・スカイウォーク」は、思わず足がすくんでしまう地上310メートルの「透明廊下」や「ルーフトップバー」など見どころがいっぱい。

旅行者でも簡単にアクセス可能な場所にあるので、バンコク滞在中の観光予定に是非組み入れることをおすすめします。

と言うわけでこの記事では、「マハナコン・スカイウォーク」に行くうえで覚えておいた方が良いこと&注意点やお得なチケットの買い方を紹介します

※記事内の情報は取材当時のものです。最新情報は公式サイト(英語)をご確認ください

▼販売サイトによって料金やセット内容が違うので両方チェックしてから決めましょう

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

バンコクのおすすめ観光スポット

マハナコン・スカイウォーク展望台(バンコク)の行き方や注意点

マハナコーンタワー

マハナコン・スカイウォークがあるのはこのビル

マハナコン・スカイウォーク

キングパワーマハナコンビル78階

最寄り駅 BTSシーロム線(Silom Line)チョンノンシー(Chong Non Si)駅

営業時間 10時~24時(最終入場23時)

マハナコン・スカイウォーク公式サイト(英語)はこちら

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

キングパワー・マハナコーンビル

あまりにも高くて写真におさめるのも一苦労

「マハナコン・スカイウォーク」があるのは、タイで一番高い高層ビル「キングパワー・マハナコーンビル」の78階

上の画像からも分かるように「キングパワー・マハナコーンビル」は独特のフォルムが特徴で、タイ人の中では「崩れかかったビル」としても有名!

1階~4階にはキングパワーの免税店(King Power Duty Free)があり、その上にはホテル「ザ スタンダード バンコク マハナコーン」と「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス(23階~73階)」(The Ritz-Carlton Residences Bangkok)が入居。

「アソーク」や「プロンポン」など「スクンビットエリア」からタクシーで行くと、だいたい200バーツ前後で到着すると思います。

ただすごく渋滞するので時間が全く読めませんし、運転手によってはマハナコン・スカイウォークを知らないので、BTSを使って行くのが一番おすすめ

チョンノンシー駅の3番出口

BTSチョンノンシー駅3番出口を目指します

「マハナコン・スカイウォーク」の最寄り駅は、BTSシーロム線(Silom Line)の「チョンノンシー」(Chong Non Si)駅

列車を降りたら「③番出口」を目指して進み、そのまま歩道橋を直進した所にあるエスカレーターで地上階に降りましょう。

マハナコーンタワー受付

1階にあるチケット売り場

エスカレーターを降りた目の前には「キングパワー・マハナコーンビル」がそびえたっているはず。

1階にはチケット売り場と免税店しかないので、迷うことはまずないでしょう。

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

BTSサイアム駅でスクンビット線からシーロム線に乗り換える注意点

BTSサイアム駅

バンコク市内を走っているBTSは「スクンビット線」と「シーロム線」の2路線に分かれています

「サイアム」・「ナナ」・「アソーク」・「プロンポン」などがある「スクンビット線」は何回も利用している方も、もう一つの「シーロム線」は乗ったことがないという方はけっこういらっしゃるはず。

「スクンビット線」と「シーロム線」の乗り換え駅は「サイアム駅」なので、「スクンビット」に宿泊している人が「マハナコン・スカイウォーク」に向かう際はまずBTS「サイアム」駅に向かいましょう

サイアム駅の乗り換え方法

サイアム駅は3階建て

絶対に覚えておいて欲しいのは以下の2つのこと

  • BTSサイアム駅が3階建て構造
  • 「マハナコン・スカイウォーク」最寄りの「チョンノンシー」駅行きの列車は2階から出ます

例えば「アソーク」や「プロンポン」から「サイアム」駅に向かった場合、3階の②番ホームに到着します。

なので、エスカレーターでワンフロア降りて「シーロム線」(Silom Line)と書かれている3番ホーム(2階)に並ぶだけでOK

※ちなみに「サイアム」駅から「チョンノンシー」駅までは3駅

サイアム駅の乗換方法

全く難しくないので是非乗り換えにチャレンジしてみましょう

「シーロム線」や「スクンピット線」と言う表示は分かりやすく書かれているので、日本の地下鉄やJRを乗り継げる人なら特に問題はないはず。

BTSを使って「マハナコン・スカイウォーク」に向かう方は、自分が乗る列車は「シーロム」線のバンワー(Bang Wa)行きだということをしっかり覚えておけばOKです

マハナコンタワー・スカイウォーク展望台割引チケットのお得な買い方

マハナコン・スカイウォーク展望台(バンコクおすすめスポット)の料金

マハナコン・スカイウォーク展望台の通常料金
大人(13歳〜59歳)1085バーツ(約4100円)
子供(3歳〜12歳)/シニア(60歳以上)450バーツ(約1800円)

※2歳以下の子供は無料

上の写真撮影時はプロモーションをやっていて大人料金が880バーツになっていましたが、通常の大人料金は1085バーツ(約4100円)と少し割高

つい先日までバンコクで一番高い展望台だったバイヨーク・スカイタワーの入場料が1500円前後ということを考えると、たとえプロモーション価格でも高く感じてしまうのは我が家だけではないでしょう。

マハナコン・スカイウォーク展望台の割引チケット

我が家は事前に割引チケットを購入

マハナコーンタワーチケット

受付カウンターで送られてきたEチケット(ORコード付きのメール)を提示しましょう

我が家が「マハナコン・スカイウォーク展望台」に行く際は、毎回事前にネットで割引チケットを購入!

手続きするとだいたい5~15分前後でEチケットが送られてくるので、後は1階の受付に提示するだけでOKです。

※念のために前日までに手続きをしておくのがおすすめ

※本人確認があるのでパスポートを必ず持参しましょう

正規の値段で入場するのは少しもったいない気がするので、「マハナコン・スカイウォーク展望台」に行く前に必ずネットでEチケットを購入しておきましょう。

▼販売サイトによって料金やセット内容が違うので両方チェックしてから決めましょう

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

マハナコン・スカイウォーク展望台のコインロッカーや手荷物検査

マハナコン・スカイウォーク展望台のコインロッカー

1階にあるコインロッカー

マハナコン・スカイウォーク展望台のコインロッカー

「チケットカウンター」がある1階には「コインロッカー」が設置されています。

この先階段を上ったりすることもあるので、大きめの荷物がある方は預けておくのが絶対おすすめ!

マハナコンタワーの手荷物検査

手荷物チェックはかなり厳し目

マハナコン・スカイウォーク展望台の手荷物検査

ペットボトルやタバコも持ち込みNGです

注意点ですが、「マハナコン・スカイウォーク展望台」に入場する際にはかなり厳しめの手荷物チェックがあります

飛行機に乗る時と同じレベルの厳しさで、ペットボトルやたばこを持っている場合容赦なく没収(一時預り)

※テロ対策で大きな荷物もNG

入場時にスタッフともめたくない方は、事前にコインロッカーに危なそうなものを預けておきましょう(よく喧嘩している外国人を見かけます)

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

マハナコンスカイタワーおすすめ屋内展望フロア(74階)

マハナコンスカイタワーエレベーター

バンコクで一番早いエレベーター

厳重な手荷物検査を通過した後は「エレベーターホール」に通されます。

すでにこの時点で近未来的な演出が随所になされているので、恐らくテンションが上がるはず。

マハナコンスカイタワーエレベーター

LCDディスプレイ仕様の壁全面に鮮やかな映像が

マハナコンスカイタワーエレベーター

もし可能なら動画をまわしておくのがおすすめ

マハナコンスカイタワーエレベーター

「階数表示パネル」のあたりを動画で撮ると良いかも

マハナコンスカイタワーエレベーター

約50秒で74階に到着します

「マハナコンスカイタワー」の「エレベーター」はそれ自体が一つのアトラクションになっていて、LCDディスプレイ仕様の壁全面に映像が映し出されます。

かなり楽しい演出なので、もし可能ならムービーを撮ると後で楽しめるはず

※人がたくさん乗るので難しいですが、「階数表示パネル」のあたりを狙うと面白い映像が撮れるでしょう

「バンコク」で一番早い「エレベーター」ということもあり、あっという間に74階に到着(所要時間約50秒)

マハナコンタワー74階展望室

マハナコンスカイタワーの74階は屋内展望フロア

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(74階)

360度ガラス張りになっています

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(74階)

バンコク市内を一望できる絶景を堪能可能

「マハナコンスカイタワー」の74階は「屋内展望フロア」

360°ガラス張りになっているので、バンコクの絶景を一気に楽しむことが可能です。

ちなみに雨天時は78階の「屋上展望台」に出れないので、この74階かワンフロア上の75階で雨が止むまで待機することになります

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(74階)

74階にあるソファー

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(74階)

下を見るとこんな感じ

74階にはイスやソファーがあるので、座ってゆっくり風景を楽しむことも可能。

ちなみに屋内とは言えかなりの恐怖感なので、高所恐怖症の方はなるべく下を見ない方が良いでしょう

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(74階)

エスカレーターを使って75階へ

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(75階)のトイレ

75階のトイレは要チェック

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(75階)トイレ

74階の「屋内展望フロア」を満喫した方は、エスカレーターを使って75階に移動しましょう。

75階には「眺望トイレ」が設置されています

普通のトイレと違い手洗い場が一番奥にあるちょっと変わった造りで、迫力満点ですよ!

マハナコンスカイタワー屋内展望フロア(75階)

屋外展望フロア(スカイウォーク)に通じるドア

マハナコンタワーの階段

この螺旋階段で78階へ

75階のトイレに行った後は、78階の「屋外展望フロア」(スカイウォーク)に通じるドアに向かいましょう。

※このタイミングで「スカイウオーク」で使う靴にかぶせる布カバーをもらえます。

78階の屋外展望フロア(スカイウォーク)へは、「エレベーター」か「エレベーター」の周りをぐるぐる回る「螺旋階段」で移動します。

※おすすめは螺旋階段

▼販売サイトによって料金やセット内容が違うので両方チェックしてから決めましょう

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

マハナコンスカイタワーおすすめ屋外展望デッキ&スカイウオーク(78階)

マハナコンタワー屋外展望台

地上310mの高さにあるマハナコンスカイタワー屋外展望デッキ

マハナコンタワーのルーフトップバー

絶景を楽しみながらドリンクが飲めるスカイバー

マハナコンタワーのルーフトップバー

スカイバーを利用しないと椅子は使えないので要注意

マハナコンタワーのルーフトップバーメニュー

  • カクテル 480バーツ
  • コーラ 120バーツ
  • アイスクリーム 150バーツ
  • ピクニックパッケージ(ビール・スナックが2人分ずつ) 800バーツ

地上310mの高さにある「マハナコンスカイタワー屋外展望デッキ」の手前には「スカイバー」があります

テーブルと椅子が設置されていて、「スカイバー」でドリンクを注文すれば利用可能。

当然ながらお値段は少し高めですが、せっかくなので絶景&美味しいお酒を楽しみましょう。

※14時~17時はタイの法律でお酒が販売できないので要注意

マハナコンタワー屋外展望台のThe Peak

最も高いのは階段状になっている「The Peak」(314メートル)

マハナコンタワー屋外展望台

「The Peak」の上から見た眺望はこんな感じ

マハナコンスカイタワー屋外展望デッキ

「スカイバー」の奥に進んでいくと「The Peak」と呼ばれる階段があり、この最上段がいまバンコクで最も高い部分(314m)

最も高い部分から眺めてみましたが、今まで経験したことがないような空の近さを体感できました。

階段は座ることができるようになっているので、しばらく「バンコク」の絶景に浸るのもおすすめ。

マハナコンスカイタワー屋外展望デッキ

この防護柵で大丈夫かなとちょっと不安に

「マハナコンスカイタワー」屋外展望デッキに行って驚いたのは、地上310mと言う高さにもかかわらず防護柵が「強化ガラス板」だということ。

しかも所々隙間があるガラスのため、非常に恐怖感があります。

マハナコンタワーのスカイウオーク

幅4m×長さ12mという世界屈指の広さを誇るガラス張りの「スカイウオーク」

マハナコンタワー屋外展望台

そして、「マハナコンタワー」の目玉と言えば幅4m×長さ12mという世界屈指の広さを誇るガラス張りの「スカイウオーク」

「東京スカイツリー展望デッキ」の「スカイウオーク」が幅2m×長さ3mということを考えると、「マハナコンタワー」の「スカイウオーク」がどれだけすごいかが分かるはず!

スカイウオークの注意点

マハナコンタワーのスカイウオークの注意点

75階でもらった「シューズカバー」をここで使います

  • 専用のシューズカバーを装着
  • スマホやカメラの持ち込み禁止
  • 手荷物の持ち込み禁止
  • 自撮り禁止
  • 座る台の所に立つのは禁止

マハナコンタワーのスカイウオーク

いくつか注意点を挙げましたが、簡単に言うと「スカイウオーク」に乗る際は荷物をすべて置いて行くということ

なので友人に荷物を預け、写真撮影も友人にお願いしましょう。

※近くにいるスタッフさんも、お願いすれば写真を撮ってくれます

マハナコンタワーのスカイウオーク

実際に乗ってみると思った以上の恐怖感

マハナコンタワーのスカイウオーク

同時に150人が乗ってもOKとのこと

マハナコンタワーのスカイウオーク

同時に150人が乗っても壊れないよう設計されている「スカイウオーク」ですが、実際に乗ってみるとびっくりするくらい足がすくみます

私は特に高所恐怖症ではありませんが、滞在時間10秒でギブアップ。

なので、「スカイウオーク」で寝転がれる人は本当にすごいなと素直に尊敬します。

日本では絶対に出来ない体験&SNS映えする写真が撮れるので、「マハナコンタワー」に行った際には是非「スカイウオーク」にもチャレンジしてみましょう。

※ちなみに妻は怖くてチャレンジしませんでした

▼販売サイトによって料金やセット内容が違うので両方チェックしてから決めましょう

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

マハナコン・スカイウォーク展望台の免税店

マハナコン・スカイウォーク展望台のエレベーター

「マハナコン・スカイウォーク展望台」を満喫した方は、「エレベーター」か「螺旋階段」を使って75階へ

そこからエレベーターで下に向かいますが、「上りエレベーター」と同じようにLCDディスプレイ仕様の壁全面に映像が映し出されます。

ただ「マハナコン・スカイウォーク展望台」で唯一残念なことが、1階ではなく4階の「免税店フロア」で強制的にエレベーターから降ろされること

※1階まで行きたいと言ってみましたが容赦なく降ろされました

免税店で有名な「キングパワー」のビルなので致し方ないのかもしれませんが、強制的に免税店「King Power Duty Free」を見ながら1階に向かわなければいけません。

キングパワーの免税店「King Power Duty Free」

エスカレーターの位置も驚くほど分かりにくい

4階から1階への「エレベーター」はないため「エスカレーター」を利用するのですが、感動するくらい分かりにくい位置に設置されています

※案内表示を見ながら探しても気づかないレベル

私のような「免税店」に興味のない方にとっては苦痛でしかありませんが、どうしようもないので落ち着いて「下りエスカレーター」を探しましょう。

マハナコン・スカイウォーク展望台おすすめまとめ

マハナコン・スカイウォーク展望台

今回は日中に「マハナコン・スカイウォーク展望台」を訪問しましたが、最もSNS映えする写真が撮れるのは間違いなく「夕焼け」や「夜景」が見られる時間帯。

ただ雨天時には78階の「スカイウオーク」を体験できないので、ある程度直前になってから行く日程を決めるのがおすすめです。

▼販売サイトによって料金やセット内容が違うので両方チェックしてから決めましょう

➤➤➤【KKday】マハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】マハナコン・スカイウォーク展望台 入場Eチケット

BTSサイアム駅

サイアム駅には見どころがいっぱい

BTSで行く場合は「サイアム」駅を利用することになるので、周辺のフォトジェニックなスポットも合わせて訪問するのがおすすめですよ。

▼参考記事はこちら

マダムタッソーバンコク
バンコクおすすめ撮影スポット!マダムタッソーの楽しみ方やお得な入場方法を紹介

続きを見る

シーライフバンコクオーシャンワールド
シーライフバンコクオーシャンワールド(サイアムパラゴン地下)のお得なチケットの買い方&見どころ・注意点を解説

続きを見る

サイアムパラゴン
サイアムパラゴンに行く前に知っておくと良い10のこと

続きを見る

バイヨークスカイタワー

少し前までバンコクで一番高かった「バイヨークスカイタワー」

展望台が好きな方は、少し前までバンコクで一番高かった「バイヨークスカイタワー」もおすすめ。

価格がリーズナブル&比較的空いているので、「マハナコン・スカイウォーク展望台」とハシゴするのもおすすめです。

➤➤➤【KKday】バイヨーク・スカイホテル展望デッキ&回転展望台チケット

➤➤➤【楽天トラベル観光体験】バイヨークタワー 展望台入場チケット(バイヨークスカイホテル77階&84階)

▼参考記事はこちら

バイヨークスカイホテル
バンコク旅行最終日にバイヨークスカイホテルに宿泊することをすすめる7つの理由

続きを見る

バンコクのおすすめ観光スポット

▼タイに一冊持って行くなら「指差しタイ語」がおすすめ!我が家もこの本に数え切れないほど助けられました

ファストトラックでスマートに入国

バンコク入国の為並ぶ旅行者

バンコク入国最大の難関は「入国審査」(1時間以上かかることも)

スワンナプーム国際空港のファストトラックサービス

「ファストトラックサービス」ならボーディングブリッジの出口でスタッフが待っていてくれます

バンコクに入国するときの最大の難関と言えば「入国審査」

とにかく長蛇の列ができることで有名で、タイミングによっては1時間以上かかることも!

※中国人とインド人の旅行者増加により以前より時間がかかります

スワンナプーム国際空港に到着後スムーズにバンコク市内に繰り出したい方は、 「VIP専用ライン」を利用可能な「ファーストトラックサービス」を利用しましょう

  • ボーディングブリッジの出口でスタッフが名前を書いたボードを持って待機
  • タイランドエリート会員などが利用する「VIP専用ライン」を通過して入国
  • スーツケースのピックアップ案内サービスや税関申告支援・タクシー搭乗なども付帯

バンコク到着後の1時間はかなり大きいので、快適に旅をしたい方は忘れずに事前申し込みしておきましょう

※「ファストトラックサービス」はスワンナプーム国際空港のみ

※出国時の「ファストトラックサービス」はいらないかなと思います(長蛇の列ができるのは入国時のみなので)

➤➤➤【KKday】スワンナプーム空港入国ファーストトラックの詳細はこちら

空港送迎サービス

ドンムアン空港のタクシー乗り場

タクシーに日本と同じ感覚で乗るのは危険(特に黄色と緑のツートン)

空港からバンコク市内のホテルへの移動は、日本語で事前予約できる空港送迎サービスがおすすめ!

  • 燃料代・高速代・チップすべて込みの定額制
  • 面倒な値段交渉しなくて良いのが嬉しい
  • 円をバーツに両替していなくても大丈夫
  • 初めてのタイという方に絶対おすすめ(安心感が半端じゃありません)

制限エリアから外に出た「ミートエリア」で、ドライバーさんが「ネームボード」を持って待機

あとはドライバーさんについて行くだけでホテルに到着するので、異国の移動に伴う精神的負担がほぼ皆無です

面倒な値段交渉やタクシー待ちの列に並ぶ必要がないのも嬉しいポイントで、特に女性一人旅の方におすすめですよ

※深夜のタクシー(特に黄色と緑のツートン)に女性一人で乗るのは絶対やめたほうが良いです

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】ドンムアン空港の送迎サービスを楽天トラベル観光体験でチェック

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】スワンナプーム空港の送迎サービスを楽天トラベル観光体験でチェック

➤➤➤【圧倒的な口コミ高評価】空港(スワンナプーム/ドンムアン)~バンコク市内の送迎サービスをKKdayでチェック

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテルまとめ

【初めてのバンコク旅行&女子旅にもおすすめ】実際に泊まってみてよかったバンコクおすすめホテル5選&人気滞在エリア

続きを見る

バンコクおすすめホテル5選

初めてのバンコクという方は迷わず「スクンビット」か「サイアム・プラトゥーナム」エリアに宿泊しましょう

※特におすすめはBTSアソーク・プロンポン・トンロー駅の徒歩5分圏内

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方厳選まとめ

【2024年版】自信を持って厳選したバンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方9選

続きを見る

 

チェンマイおすすめ観光スポット

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジまとめ

【最新】ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジを全部紹介

続きを見る

海外行くならahamoがおすすめ

ahamoを海外で使用

「データローミング」をオンにするだけで海外でも使用可能(手続きや追加料金無し)

我が家は「タイ」と「北海道」を行き来する生活を送っているため、スマホはドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」を利用しています

  • 基本料金2970円(税込)
  • データ容量は20GB
  • ドコモの高速回線使っているので安定しています
  • 何度でも国内5分無料通話付き
  • 海外82の国々・地域でも手続き無しで使えます
  • もちろん追加料金もなし
  • 海外でも日本の番号に届いたSMSを受信可能
  • オンラインで24時間サクッと契約可能

➤➤➤【最新iPhoneに機種変も可能】ahamo(アハモ)の詳細はこちら

海外でアハモを使用

タイでは3G通信でしたが特に不具合はなし

ahamoを海外で使用する方法は簡単で、「設定」にある「データローミング」をオンにするだけ

※追加料金は発生しません

※海外で電話を受ける場合は着信料が発生するので要注意(結構かかってきます)

長期間(15日以上)海外で利用する場合は通信速度が最大128kbpsに制限されますが、それまでは容量(20GB)がなくなるまで高速通信を利用可能!

2週間以内の海外旅行なら何の問題もないので、今後海外に行く方は要チェックですよ!

※個人的には日本で使うメイン回線としても一番オススメです

➤➤➤【最新iPhoneに機種変も可能】ahamo(アハモ)の詳細はこちら

▼お申し込みはこちらから

ahamo新規・MNP

バンコクを満喫しよう!

マハナコンタワーのスカイウオーク

マハナコンスカイウォーク展望台は要チェック

バンコクで楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティや現地ツアーを申し込むのがおすすめ!

いま注目のバンコクアクティビティ

実際に我が家も何度か利用していますが、日本語サイトで事前に予約できるのが嬉しいポイント!

現地で直接払うよりお得な場合が多いので、まずは人気のアクティビティをチェックしてみましょう。

※個人的におすすめなのはLet's Relax Spa のマッサージマハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【日本語で予約可能】KKdayのタイ人気アクティビティ ランキングをチェック

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】バンコクの人気アクティビティを楽天トラベル観光体験でチェック

タイ旅行におすすめのレンタルWiFi

タイ旅行でレンタルWiFiを使うカップル

飛行機を降りてすぐインターネットがつながると、旅の快適度が控えめに言っても倍増します

Googleマップや翻訳アプリを使えるというだけでも、タクシーの中での安心感が全く違うはず!

※SNSのリアル更新もできますよ

タイに行くなら要チェックのポケットWiFi
タイデータ(一番オススメ)グローバルWiFijetfi(ジェットファイ)
高速4G通信(使い放題)高速4G通信(使い放題)高速4G通信(使い放題)
590円/1日2070円/1日 1580円/1日
詳細はこちら詳細はこちら 詳細はこちら

タイ旅行におすすめのレンタルWiFi

タイデータ→圧倒的なコスパの良さ&顧客満足度99.8%

グローバルWiFi→海外用WiFiレンタル5年連続No.1

jetfi(ジェットファイ)→お得なキャンペーン実施中(最大47%オフ)

我が家もいろいろ使ってみましたが、いま借りるならおすすめなのは間違いなくタイデータ

  • 1日590円(他社と比較してもダントツで最安値)
  • なのに高速4G通信をデータ容量無制限で使用可能
  • 昨年度の顧客満足度は驚異の99.8%

タイ通信最大手 TRUE の4G回線を使っているため、ストレスを感じずにネットサーフィンや動画を楽しめるのが嬉しいポイント!

※一部エリアでは3G回線になります

自宅で受け取り郵便ポストに返却&往復の送料(1100円)が無料になるキャンペーン中なのも嬉しいポイントです

➤➤➤【顧客満足度99.8%】タイデータの詳細や料金・見積もりはこちら

▼参考記事はこちら

アマゾンで買える格安ツーリストSIM

アマゾンで買ったタイ旅行用のSIM

日本にいる間にアマゾンで買うのもおすすめ

SIMフリーのスマホをお持ちの方は、ツーリストSIMカードを事前にアマゾンで購入するのがおすすめ!

※以前は到着後に空港で買うことをおすすめしていましたが、いまはアマゾンで買ったほうが断然お得です!

自分でSIMカードを入れ替える必要がありますが、ほとんどの方は特別な設定をしなくてもすぐに使えるようになるはず(なので飛行機の中で入れ替えましょう)

我が家は今回AIS(タイの大手通信会社)のSIMカード2枚セット(8日間/15GB)を購入

価格が日本では考えられないほど安いので、スマホしか使わない方はレンタルWiFiよりこちらのほうがおすすめかなと思いました

※8日間/15GB使えるSIMカードが2枚セットで1300円弱でした

➤➤➤【Amazon】我が家が買ったSIMカードはこちら(売り切れていたらごめんなさい)

➤➤➤【Amazon】タイで使用可能な格安SIMカードをチェック

【保存推奨】年間180日以上滞在する私が選んだ日本人の口に合うおすすめタイ料理まとめ

日本人におすすめのタイ料理
【保存推奨】年間150日前後滞在する私が選んだ日本人に人気おすすめのタイ料理11選

続きを見る

【妻が厳選】実際に買って喜ばれたおすすめたい土産11選

タイ土産おすすめ人気⑩コーヒー(スターバックスグッツ)
【妻が厳選】実際に買って喜ばれた間違いないタイおすすめ人気土産11選

続きを見る

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

初めてのチェンマイ旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

チェンマイおすすめ旅行プランまとめ
初めてのチェンマイ旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

-スポット(バンコク)