タイ情報 知って得するタイ情報

【2018年4月版】タイで食事に困ったらセブンイレブンに行こう‼日本人の舌に合うタイセブングルメを厳選しました

投稿日:

注意ポイント

この記事は2017年1月の記事のリライト版です。

タイのセブンイレブンの商品ラインナップに合わせ、随時新しい内容に更新しています

タイ旅行中には、夜遅くなってお店が閉まっていたり、なかなかタイ語で注文するのが難しくて、食事をセブンイレブンで済ませる…ということがあるかもしれません。

日本と同じような作りのセブンイレブンなので、親しみがわくと思いますが、中にはタイ人の味覚に合わせて作られているものもあり、日本人が食べると刺激が強いものが多々あります。

今回は私がいつもよく食べているもので、日本人が食べてもおそらく大丈夫と思われるものを厳選して紹介します

タイのセブンイレブンのお弁当はタイ料理

当然ですが、タイのセブンイレブンのお弁当のほとんどはタイ料理

中には激辛のものもありますが、日本人が大好きな味の弁当も多いと思います。

値段も120円前後と日本では考えられないくらいリーズナブルなので、いろいろ試してみても良いでしょう。

辛いのが苦手な方 (辛さ★☆☆☆☆)

英語名だとFried Rice With Korean Style Chicken

チャーハンの上に、鳥の照り焼きに近いような味付けのものが乗っている感じです。

辛くなく、普通に日本人の味覚にも合うと思います。

英語だとFried Macaroni With Chicken

これも、全然辛くありません。

一応タイ料理なのですが、味はイタリアンに近いですね。

タイのマカロニ料理は、全体的にマカロニが柔らかすぎるのが欠点。

セブンイレブンのお弁当のマカロニも、日本人の感覚からするとちょっと茹ですぎている感は否めませんが、食べれないことはありません。

セブンイレブンは冷凍弁当の方が種類が豊富

時間によっては、冷蔵コーナーがガラガラということもよくあります。

そんな時は、冷凍コーナーに行きましょう。

間違いなくおいしいのはこちら。

英語名はHiranese Chicken Rice With Soup

いわゆるカオマンガイです。

英語名はFried Riceでこのシリーズもおすすめ

いわゆるチャーハンですが、タイ米を使っているので日本のものとは全然違います。

写真に写っているのは、カニチャーハンとサケチャーハンでどっちも美味しいです。

あと、エビチャーハンも私はよく買います。

冷凍食品もレジで温めてくれるので、部屋にレンジがなくても問題ありません。

ポイント

冷蔵の弁当と比べると、温めるのに時間がかかります。

5~7分位は待つことになります

まあまあ辛くても大丈夫 (辛さ★★★☆☆)

最近お気に入りなのが冷凍コーナーにある弁当で、日本ではおそらく食べることができないガパオグン(海老ガパオライス)

ガパオライスと言えばたいてい豚肉か鶏肉が使われていますが、このガパオはエビしか入っていません。

海老がたくさん入っていますが、値段は他のガパオライスと変わらないので、ガパオライス好きでかつ海老好きの方には、是非一度食べてみて欲しい一品です

辛いの平気な方 (辛さ★★★★★)

英語だとStir-Fried Basil Chicken With Rice

タイ人が大好きなガパオライス。

これ結構おいしいのですが、写真にも写っている赤いトウガラシが激辛で食べると口の中が火事になります。

心配な方は、赤いトウガラシは残したほうがよいでしょう。

タイセブンの冷凍弁当にカツカレーが登場

タイセブンの弁当ラインナップにカツカレーが登場したという噂は聞いていたのですが、私が住むタイ・チェンマイ近郊のセブンにもついにカツカレーがデビューしました。

というわけで、さっそく購入。

ちなみに45バーツ(約150円)なので、他の弁当よりちょっとだけ高めです。

温めてみるとこんな感じで、ちゃんとニンジンやジャガイモが入っている日本のルーカレーが再現されています。

味は少しスパイシーですが、普通においしいカレー。

タイでは日本のレトルトカレーが買えないので、日本から持ってきて大事に食べているのですが、これからはカレーが食べたくなったらセブンに行くことになりそうです。

カツも冷凍の割には美味しいです。

ちょっとソースかけたらなお美味しくなりますよ。

そして、日本風の焼肉弁当も新登場。

こちらも45バーツ(150円)。

野菜に味が付いていないのがちょっと残念ですが、甘辛い焼肉のタレがかかった豚肉はなかなかのおいしさ。

個人的には、どちらを買うかと言われたらカツカレーを買いますが、焼肉弁当の方好きだという方も多いと思います。

日本の味が恋しくなったときにおすすめのお弁当です。

注意ポイント

2018年4月現在、あんまりカツカレーは見かけなくなった気がします。

なので、もし見つけたら是非食べてみてください

ソースカツ丼39バーツも登場

最近多くのタイ・セブンイレブンで大々的に宣伝しているのが、こちらのソースカツ丼

見た目はかなり食欲をそそる写真で、値段は39バーツ(約130円)

冷凍なので温め時間は7分とちょっと長め。

付け合わせのキャベツとニンジンには味が付いていませんが、カツの上には香ばしい香りのソースがかかっています。

日本米だと言うことなしですが、残念ながらタイ米です。

でも、揚げ物とタイ米の相性はいいのでマイペンライ。

カツのクオリティはそこまで高くありませんが、このソースが普通においしいので日本食が食べたくなった方にはおすすめです。

自宅で調理できる場合は、卵などを載せてちょっとアレンジしたらよりおいしくなるでしょう。

注意ポイント

2018年4月現在、あんまりソースカツ丼は見かけなくなった気がします。

なので、もし見つけたら是非食べてみてください

サバ醤油焼き丼49バーツが想像以上に本格的だった

2018年に入ってよく目にするようになった弁当が、サバ醤油焼き弁当49バーツ(約160円)

どうせ固くて脂の乗っていないサバだろうと勝手に思い込み、ずっと放置していたのですが先日初めて購入。

温め時間は7分。

他の和食冷凍弁当と同じように角切りニンジンとキャベツが入っていて、大きなサバの切り身が一枚入っています。

サバの切り身に箸を入れて見ると、思った以上に柔らかいサバで脂の乗りも申し分ありません。

あまり期待していなかっただけに美味しさも格別で、一気に食べ進んでしまいました。

タイのセブンイレブンの本気がちらっと見えた気がします。

49バーツなので他の弁当よりは少し高めですが、2018年4月現在一番おすすめの和食弁当はサバ醤油焼き弁当かもしれません

タイセブンの冷凍たこ焼き42バーツ

タイのセブンイレブンが今力を入れて販売している商品の一つが冷凍たこ焼き42バーツ(約135円)

タイで久しぶりにたこ焼きを食べたせいかもしれませんが、このたこ焼きも予想のはるか上を行く美味しさでした。

1パックにたこ焼きは5個入っています。

ソースと青のりは別添え。

残念ながらマヨネーズがかかっていませんが、これだけでも十分美味しいです。

ちなみにお店の人は忘れることないと思いますが、自分で温めるときは上の別添えパック2つを出してからレンジにかけましょう

タイセブンイレブンでおすすめのスィーツ

プレミアムロールケーキ

外見はローソンのプレミアムロールケーキのような感じですが、味もそっくり

29バーツ(約90円)なので、日本で買う半額くらいです。

そして最近、チョコレートバージョンも発売されタイ人に大人気。

個人的には、数バーツ高いですがチョコロールケーキのほうがおすすめです

冷蔵コーナーにあるので、タイに来たら一度食べてみてください。

東京バナナ風洋菓子

外見は東京バナナそっくりで、味もかなり近いです。

値段は12バーツ(約40円)で、冷蔵コーナーではなくパンコーナーに売っていますが、人気商品のためかなりの確率で売り切れています。

こちらも、最近発売された東京バナナチョコバージョン。

結構レア商品なので、もし見つけたら是非食べてみてください。

タイのセブンイレブンでおすすめのカップ麺

セブンイレブンには、かなりの種類のカップ麺が置かれています。

中には香辛料が強すぎて、下がしびれるものもあります。

いろいろ食べてみましたが、日本人でも大丈夫かなと思ったのはこちら。

セブンイレブンのプライベートブランドのカップ麺

左がお湯を切って作るタイ風焼きそば、右はトムヤムクン味です。

特に右側のものなら、舌が痺れて食べれないといったことはないでしょう。

他にもセブンイレブンのプライベートブランドカップ麺はいろいろあり、どれも美味しいのでいろいろ試してみてください。

タイに来たらレイのポテトチップスを食べよう

ポテトチップスもいろいろあるのでいろんな味を試してほしいのですが、とりあえず失敗しない味はこちら。

下手したら、日本のものよりもおいしいかもしれません。

ホタテの絵が乗っているホタテガーリックバター味がおすすめ

我が家では、一度袋を開けるとあっという間になくなってしまう大人気商品です。

タイのセブンイレブンの激安菓子パン

朝食にパンを買って帰りたいという方も多いかもしれません。

基本的にセブンに売っているパンはどれもおいしいですが、特におすすめはこちら。

1個12バーツ(40円)程度で、私はクリームパンが大好きです。

タイのセブンイレブンのホットサンドはレジで焼いてくれます

冷蔵コーナーには、様々な種類のホットサンドが売られています。

特におすすめなのは、35バーツ(約120円)で売っている「とんかつサンド」

とんかつサンドと言いましたが、英語名を見るとフライドチキンサンドになってます

レジに持っていくと、挟んで焼くホットサンド専用の機械で焼いてくれます。

そして、出来上がりはこちら。

結構病みつきになる味です。

この出来立てホットサンドのサービスは、是非日本のセブンにも取り入れてほしいです。

タイセブンのカスタードクリームサンドイッチが激うま

私が最近はまっているのが、こちらのカスタードクリームサンドイッチ32バーツ(約100円)

レジで焼いてもらってホットサンドにしても美味しいのですが、家に持って帰って電子レンジで温めると、おやきのようなモチモチ食感で病みつきになります。

朝食にもおすすめの一品です。

タイセブンイレブンで今一番おすすめは激安ブリトー

日本のセブンイレブンの人気商品と言えばブリトー。

私も数えきれないくらい食べてきました。

最近、タイのセブンイレブンにもついにブリトーが登場

しかも、20バーツ(約60円)

日本のブリトーは200円以上しますから。3分の1以下の値段です。

味は、日本でも一番人気の「ハム&チーズ」しかありません。

写真を見ると、日本のものより薄く感じるかもしれませんが、20バーツなのでしょうがありません。

レンジで1分ほど温めれば完成です。

日本の味を完全に再現できているわけではありませんが、これはこれでおいしいです。

軽い食事にもなりますし、ビールに合うつまみにもなります。

最近の我が家には、絶えず2個以上常備されています。

まとめ

今回は日本人の舌に合うセブンイレブンメニューを厳選して紹介しました

タイのセブンにはタマゴサンドなどの日本でもおなじみサンドイッチもたくさん並んでいますが、タイのマヨネーズは甘いのでこれらを買うときには注意が必要です

【マヨラー必見】タイのマヨネーズに気を付けろ‼マヨネーズを買うときに失敗しないためのたった一つの方法を教えます。

タイで暮らしてみると分かりますが、大抵の食材は日本とほぼ同じものを買うことができます。 しかし、中にはこれは日本の味ではない‼日本から持ってくればよかった‼と後悔するものが ...

続きを見る

ちなみに、レジで温めてもらったり、ホットサンドを焼いてもらう方法ですが、日本と同じようにレジでまず聞かれるのが「温めますか?」という言葉です。

それで、男性なら「カップ」、女性なら「カー」と言えば、レンジに入れてくれるでしょう。

万が一何も言われなかったら(今までそんなことは一度もありませんでしたが)、レンジを指させば分かってくれると思います。

私が今絶対に食べてほしいものを3つ選ぶとしたら、プレミアムロールケーキチョコとブリトーとホットサンド(トンカツ)

お弁当なら、ガパオグンか焼きサバ醤油焼き弁当がおすすめです

 

タイのセブンイレブンで買える、ほとんどのの方に喜ばれるお土産5選とは

【旅行者必見】タイのセブンイレブンで買えるみんなに喜ばれるおすすめのお土産5選

タイ旅行に来た人が頭を悩ますことの一つはお土産選び。 荷物にならないものかつもらった人が喜んでくれ、さらにそんなに高くないものなら最高ではないでしょうか。 今回はタイの街中どこにでもあるセブンイレブン ...

続きを見る

タイに行くならスクートがおすすめ。ビジネスクラスも格安で乗れますよ

【スクートビズ搭乗記】夫婦で格安ビジネスクラスに乗った感想とプラス1万円払う価値があるかどうかを徹底検証してみました

スクート(SCOOT)というLCC航空会社はまだ日本でもなじみがない方が多いかもしれませんが、非常にコスパがよく我が家もよく利用しています そんなスクートには、通常のビジネスクラスに相当するスクートビ ...

続きを見る

日本人がタイでタクシーに乗るときに覚えておいて欲しい3つの事とは

日本人がバンコクでタクシーに乗る前に絶対に覚えておいてほしい3つのこと

タイ・バンコクを旅行する方が、お世話になる機会が多くなる乗り物がタクシーです。 初乗り35バーツ(約115円)という安さなので、我が家もちょくちょく利用します。 個人的には、観光客の方はバスやバイクタ ...

続きを見る

Uberはタイから撤退しましたが、Grabタクシーは健在なのでタイに行くなら必須アプリ

今海外行くなら必須の配車アプリUberとGrab。実際に乗ってみて分かったメリットやデメリット

マレーシアに行く旅行者がまずスマホに入れておくべきアプリと言えば、間違いなくUberとGrab 私も半信半疑でスマホにダウンロードしてマレーシアに行きましたが、こんなにお世話になるとは思いませんでした ...

続きを見る

バンコク旅行最終日にバイヨークスカイホテルに宿泊することをすすめる7つの理由とは

バンコク旅行最終日にバイヨークスカイホテルに宿泊することをすすめる7つの理由とは

バンコク・プラトゥーナム地区の中心部にあり、最も高いホテルがバイヨークスカイホテル(Baiyoke Hotel) 高いといっても値段ではなく建物の高さ バイヨークスカイホテル(Baiyoke Hote ...

続きを見る

【最新】チェンマイの日本食レストランの中で、いま全力でおすすめしたい美味しいお店13選とは

【2018年版】チェンマイ市内の日本食レストランの中で今全力でおすすめできるお店13選とは

ここ数年、急激な勢いで増殖しているチェンマイ市内の和食店 もちろんチェンマイに来る日本人が多いという事もありますが、それ以上に日本食レストランはタイ人やファラン(西洋人)に大人気。 タイ人好みの感じに ...

続きを見る

-タイ情報, 知って得するタイ情報

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.