タイ チェンマイ

ノマドの聖地ニマンヘミンの特に作業しやすいおすすめカフェ9選!電源&無料WiFi完備の場所だけをピックアップ

投稿日:2018-11-10 更新日:

いつからか「ノマドの聖地」とまで言われるようになった、チェンマイのニマンヘミンエリア

どこのカフェに行っても、だいたい誰かはパソコンを広げてノマドワークをしています。

日本と違いチェンマイのカフェは、フリーWiFiがほぼ完備。

そしてなにより、長時間滞在しても店員に文句を言われないというのが、「ノマドの聖地」と呼ばれるようになった大きな理由でしょう。

というわけで今回は、「ニマンヘミンのノマド作業におすすめのカフェ9選」を紹介します

ネット環境があるかどうかだけでなく、電源を確保できるかという点を重視してセレクトしてみました。

※店舗詳細情報は、記事執筆当時のものですのでご了承ください。

ニマンヘミンのホテルをチェック

Rustic and Blue (ラスティックアンドブルー)

Rustic and Blue

ニマンヘミン ソイ7

営業時間 8:30~22:00

Rustic and BlueのFacebookページはこちら

フードメニューも充実しているのでいつもにぎわっている、ニマンヘミンのソイ7にあるRustic and Blue

道路に面している店舗部分はそれほど広くなく、パンやケーキ、ハーブティなどが販売されています。

もちろん店舗部分でもノマドワークはできますが、ガッツリやりたいときは奥に進みましょう。

途中にあるテラス席も魅力的ですが、ここだと電源は確保できません。

おすすめなのは突き当りにある、ガラス張りの室内席

室内席はもちろんエアコンが効いてますし、電源もほぼ全席確保できます。

道路に面した店舗部分が激混みしていても、奥のテラス席や室内席は意外と空いているので要チェックです。

もし空いていれば私が毎回座るのが、ガラス張りの室内席の手前にあるこの席

扇風機があるのでそれほど暑さを感じませんし、電源ももちろん確保可能。

そして何より嬉しいのが、ハンモックを独占できるということ

一度寝てもらえると分かりますが、このハンモックは病みつきになります。

ハンモックに揺られながらチェンマイの青い空を眺めていると、あっという間に1時間とか経過。

魅力が非常に強すぎるので、がっつり作業しなければいけない日は、ハンモック席を避けた方が無難でしょう。

なお虫よけスプレーをもって行くと、より快適に過ごすことができます

参考までにコーヒーメニューを載せておきます。

フードメニューやお酒もあるので、一日いても大丈夫ですよ。

The Craft bistro

The Craft bistro

ニマンヘミン ソイ9

営業時間 7:00~21:00

The Craft bistroのFacebookページはこちら

店名があまり目立たないところに書いてあるので、ちょっとだけ分かりにくいかもしれません。

店内はそれほど広くありませんが、シックにまとめられています。

どこを切り取っても絵になるカフェでして、オーナーさんのセンスの良さが伺えます。

WiFiパスワードは店内中央のボードに書かれていますが、ネットスピードは控えめに言っても爆速。

今回紹介するカフェの中では、一番早いかもしれません。

回線が早く、店内の雰囲気も集中できる感じなので、2,3時間作業に没頭したい時によく利用します。

席数が多くないので、タイミングが悪ければ先客がいることも。

そんな時は、次に紹介する斜め向かいにあるカフェに移動します。

参考までに、コーヒーメニューを載せておきます。

ニマンヘミンの中でもおしゃれなカフェなので、ノマド目的以外で訪問するのも良いでしょう。

The Baristro

The Baristro

ニマンヘミン ソイ9

営業時間 8:00~21:30

The BaristroのFacebookページはこちら

ニマンヘミンの人気ホテルThe Baristroに併設されているのが、こちらのカフェ

ホテルThe Baristroは、ニマンヘミンのホテルの中でも、圧倒的におしゃれな客室で有名。

ですが、カフェの方も負けていません。

最初行くと少し迷うと思いますが、茶色い看板のBrownではなく、一番左の白いカフェです。

店内はこんな感じでして、白を基調としたデザイン。

コンセントもいろいろな所にあるので、電源の確保も問題なし。

ちょっとだけ作業するなら、1階ソファー席がおすすめ。

ですが、ガッツリ作業したいのなら、2階席の方が間違いなく集中できます。

2階席の方がテーブルの高さ的にもちょうどいいですし、電源確保も容易。

2階には店員さんもいないので、ほぼ自宅のような感じで集中して作業できますよ。

参考までにコーヒーメニューを載せておきます。

先ほども少し触れましたが、The Baristroはホテルに併設のカフェで、3,4階部分がホテルの客室になっています。

ニマンヘミンの中でも断トツでおしゃれなホテルなので、客室の写真だけでもチェックする価値があるでしょう。

【圧倒的におしゃれな客室】The Baristro

ナインワンコーヒー(Nine One Coffee)

Nine One Coffee(ナインワンコーヒー)

ニマンヘミン ソイ11

営業時間 8:30~19:30

Nine One CoffeeのFacebookページはこちら

ニマンヘミンのソイ11にある、Nine One Coffee(ナインワンコーヒー)

外からだとあまり目立たないのですが、中に入っていくと入り口が見えてきます。

Nine One Coffee(ナインワンコーヒー)の店内はそれほど大きくありませんが、ほぼすべての席で電源の確保が可能。

なので、ノマド客の割合が非常に高くなっています。

ノマドしやすい環境もそうですが、それと同時にNine One Coffeeのコーヒーもかなりおすすめ

参考までに、ドリンクメニューを載せておきます。

ドリンクを注文すると、こんな感じで花と一緒に持ってきてくれます。

席数が少し少なめですが、店員さんの接客も素敵でコーヒーも最高においしいので、立ち寄ってみることをおすすめします。

Wake Upは24時間営業

Wake Up

ニマンヘミン通り沿いで、ソイ10の角

24時間営業

Wake Up公式HPはこちら

チェンマイ市内に6店舗、隣のランプーン県とバンコク市内にも店舗があるWake Up

チェンマイ市内の全店舗は、こちらから確認できます。

ニマンヘミン通りに面した場所にあり、SUBWAYが隣にあるので、きっとすぐに分かるはず。

ちなみにSUBWAYとは中で繋がっているので、お腹が空いたら気軽に買い行くことが可能。

Wake Upのシステムは、MAYA内のコワーキングスペースCAMPと似ています。

ドリンクを注文するごとにパスワードが書いた紙がもらえ、一つのパスワードで一台の端末しか接続できません

ですがCAMPとは違い、パスワードの有効時間は4時間!

なので、個人的にはCAMPよりお得かなと感じています。

1階でもノマド作業はできますが、2階に上がった方がより快適に作業できますし、集中できます。

席の種類が豊富にあり、さらに簡易的に区切られた空間が多いのも特徴。

もちろん各スペースでは、しっかり電源が確保できます。

私がいつも使うのはこの席。

足元から電源が取れますし、かなり自分の世界に入り込んで作業できます。

参考までにドリンクメニューはこんな感じ。

ホットのアメリカーノは約60バーツでした。

Jang Kub Coffee

Jang Kub Coffee

シリマンガラジャン通り沿い(ソイ7)

営業時間 8:00~18:00

Jang Kub CoffeeのFacebookページはこちら

裏ニマンヘミン通りとも言うべき、シリマンガラジャン(Siri Mangkalajarn)通りにも、ノマド作業に適したカフェが何軒かあります。

特におすすめのカフェが、Jang Kub Coffee

店内に入ると、一番目立つ場所にいるこちらの人形。

最初入った時は、入るお店を間違えたかなと思いましたが、実際作業してみると快適そのもの。

店内席・テラス席共に豊富でして、テラス席でも電源の確保が可能なのが嬉しいポイント。

店内席も壁際であれば、かなりの確率で電源が確保できるはず。

私は毎回、空いていれば店内右奥の席で作業します。

店内では、ドリンクの他に手作りスイーツも注文可能。

ですが近くには美味しいお店が多いので、私の場合はご飯を食べに一回お店を出て、また戻ってくるというパターンが多めです。

Jang Kub Coffeeから徒歩数分のおすすめ店がこちら

ニマンヘミンでカオマンガイ食べるならここ一択‼Chickenrice Koyiの絶品タレを味わったら他の店には戻れないかも

続きを見る

ニマンヘミンで大人気のクィッテアオ店クレイジーヌードルの注文方法や絶対に食べてみて欲しい1品を選んでみた

続きを見る

チェンマイでドライカオソーイを食べるならここがおすすめ‼おしゃれなオントンヌードルの場所やおすすめメニューを紹介します

続きを見る

濃厚海老みそオムライスが90バーツで食べられるニマンヘミンで今お気に入りのお店を紹介

続きを見る

スターバックス

旧市街西側のスタバ

旧市街西側のお堀の外側

営業時間 6:30~22:00

正確にはここまで来てしまうとニマンヘミンではないのですが、押さえておいた方が良いおすすめスターバックスがこちら。

珍しい2階建てのスタバなのですが、とにかく開放感が半端じゃありません。

そして1階・2階共に席数が多いので、ゆったりと作業できます。

もちろん無料のWiFiがあるのですが、つなげ方がちょっとだけ複雑。

まずスタバのWiFiスポットを選ぶと、こんな画面になります。

初めて使うときは、Registerをクリック

するとこんな画面になるので、必要な情報を入力しましょう。

パスポートナンバーなどは、アルファベット2文字+数字7桁になっていれば、多少違っていても大丈夫です。

初めて行った時は電源コンセントが見当たらなかったため、このスタバはダメかなと思ったのですが、よく見ると店内コンセントだらけ。

パッと見分からないのですが、床や壁などいたるところにコンセントがあるので、電源の確保は容易です。

スタバなので、ドリンク類は若干高め(コーヒーが100バーツ以上します)

でも無駄にスペースを使える解放感が病みつきになり、ニマンヘミンの東側に用事がある時は良くこのスタバに立ち寄って作業します。

Ombra Caffe

Ombra Caffe

Ratchphuek通りのソイの突き当り

営業時間 8:00~22:00

Ombra CaffeのFacebookページはこちら

こちらのカフェも正確にはニマンヘミンではありませんが、ほぼニマンみたいなものなのでこちらで紹介します。

とにかくおしゃれな店内で、かついくつかのブースに分かれているため、ノマド作業に集中できるのが嬉しいポイント。

WiFiのスピードも高速ですし、電源もかなりの席で確保可能。

Ombra Caffeの魅力は、こちらの記事で熱く語っています

【チェンマイカフェ】サンティタムエリアのおすすめOmbra Caffeの魅力を紹介

続きを見る

MAYA5階のコワーキングスペースCAMP

ニマンヘミンのノマドスポットを語る上で外せないのが、MAYA5階にあるコワーキングスペースCAMP

カフェではありませんが、カフェ感覚で気軽に利用可能。

50バーツ以上の注文で、2時間有効なWiFiパスワードをもらえるというシステムで、24時間営業

CAMPのおすすめ利用方法や、MAYA閉館後に入店する方法は、こちらの記事でまとめてあります。

【チェンマイ】MAYA5階のおすすめコワーキングスペースCAMP!システムや活用法をどこよりも詳しく紹介

続きを見る

ニマンヘミンのノマド作業におすすめのカフェ9選まとめ

高速WiFiが無料で、電源の確保がしやすい、私が実際に作業しているおすすめカフェを紹介しました

ノマド天国と言われるニマンヘミンでも、実は快適に作業できるカフェは限られています。

今回紹介したスポットは、間違いなくおすすめできるところばかり。

最初に紹介した3軒(Rustic and Blue、The Craft bistro、The Baristro)は、ノマド作業抜きにしてもおすすめしたいカフェ

ニマンヘミン散策をする時には、上記の3軒は絶対に押さえておくと良いでしょう。

ニマンヘミンのホテルをチェック

チェンマイのオレンジ色の自転車!モバイク(Mobike)の使い方や返却方法&注意点徹底ガイド

チェンマイのオレンジ色の自転車!モバイク(Mobike)の使い方や返却方法&注意点徹底ガイド

続きを見る

【チェンマイ循環バス】20バーツ均一のスマートバスを上手に乗りこなす方法や路線図・停留所を徹底ガイド

【チェンマイ循環バス】20バーツ均一のスマートバスを上手に乗りこなす方法や路線図・停留所を徹底ガイド

続きを見る

チェンマイに滞在するなら、絶対に覚えておきたい大切なこと

楽天カード&エポスカードの海外旅行保険を使って病院を受診する手順やコレクトコール方法

続きを見る

【旅行予定なら要必読】チェンマイ市内で日本語対応している病院を4軒紹介

続きを見る

ニマンヘミンのシンボルMAYAの、日本人目線で見た楽しみ方を徹底解説

チェンマイで若者に絶大の人気を誇るMAYA!日本人目線で見た楽しみ方を徹底解説

続きを見る

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店8選

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店8選

続きを見る

【圧倒的におしゃれな客室】ニマンヘミン The Baristro

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, チェンマイ

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.