ホテルニッコーバンコク

タイ バンコク

ホテルニッコーバンコクを初めてのタイ旅行者におすすめする理由!客室の種類・朝食・ラウンジを徹底解説

2019-11-20

2019年1月にBTSトンロー駅すぐ近くにオープンした、地上22階地下4階の巨大なホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)

ホテルニッコーバンコクという名前からも分かるように、あのホテルオークラグループが運営するれっきとした日系ホテルです。

日本のおもてなしと優雅なひとときをバンコクのど真ん中で体験できるにも関わらず、日本でホテル日航に泊まるのと比べると非常にリーズナブルに宿泊可能なのが嬉しいポイント

海外旅行に慣れていないという方や英語が苦手という方は特に、ホテルニッコーバンコクを選んでおけば旅の疲れやストレスを圧倒的に軽減できるでしょう。

と言うわけでこの記事では、ホテルニッコーバンコク実際に泊まってみた感想や知っておくと役立つことをどこよりも詳しく紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)の行き方

ホテルニッコーバンコク

ホテルニッコーバンコクの詳細はこちら

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)はBTSトンロー駅ほぼ目の前(徒歩約3分)にあり、スワンナプーム空港からは車で約45分、ドンムアン空港からは車で約1時間で到着(渋滞具合にもよります)

バスや鉄道を使って行くこともできますが、どちらの空港から向かうにしても必ず数回乗り換える必要があります。

▼参考記事はこちら

ドンムアン空港エアポートバス
【ドンムアン空港】市内中心部へのバス移動まとめ!失敗しないために絶対に覚えておくべき事とは

続きを見る

ドンムアン空港のタクシー乗り場

なので、個人的には一番おすすめの移動手段は間違いなくタクシー

バスや電車で行くよりも若干料金は高くなりますが、日本でタクシー移動するよりは圧倒的にリーズナブルな料金で移動可能。

※ホテルニッコーバンコクは新しいホテルのため運転手のほとんどがまだ知りません。なので、空港利用料の50バーツが加算されますが正規のタクシーカウンターで手続きしてもらった方がよいでしょう

▼参考記事はこちら

ドンムアン空港のタクシー乗り場
【ドンムアン空港】国際線・国内線のタクシー乗り場はどこ?少しだけ安く乗る裏技を紹介

続きを見る

ちなみに、海外旅行がほぼ初めてでとても不安という方は、空港とバンコク市内ホテル間の送迎サービスを事前に予約しておくとよいでしょう

空港送迎サービスとは

  • 燃料代・高速代・チップすべて込みの定額制
  • 24時間日本語対応
  • バーツに両替していなくても大丈夫

CHECK!スワンナプーム空港送迎サービスの詳細

CHECK!ドンムアン空港送迎サービスの詳細

空港に到着し保安エリアから出てきたところにあるミーティングポイントで、名前を書いたボードを持ってドライバーさんが待っていてくれるので、あとはついて行けばホテルに勝手に到着します。

※2名までならセダン車、3~5名の場合は専用ミニバンでの送迎、原則的にスーツケースは一人1個

22時以降は割増料金が発生しますがそれでも3000円以下ですし、身元がはっきりしている人の車なので安心感が全く違うはず

深夜のバンコクのタクシーはかなり危険でして、タイ人女性も一人ではほぼ利用しません。

女性だけの旅行の場合は特に、専用車による送迎サービスを利用することも検討した方がよいでしょう。

≫≫スワンナプーム空港送迎サービスの詳細

≫≫ドンムアン空港送迎サービスの詳細

BTSトンロー駅

バスやBTSなどを利用してホテルニッコーバンコクに向かい際は、BTSトンロー駅を目指しましょう

BTSトンロー駅

BTSトンロー駅で降りたら、3番出口を目指して歩きます。

BTSトンロー駅3番出口

本当は右側に進みたいのですが、右側には上りエスカレーターしかありません。

なので左側から降りてUターンして戻る感じで進み、一番最初の大きな交差点(ソイトンロー)を左折して少し進めばホテルニッコーバンコクが見えてきます。

※この辺で一番高い建物なのですぐに分かるはず

ホテルニッコーバンコク

ホテルニッコーバンコクのメイン入り口は奥にあるのですが、ソイトンローに面したドアから入っても大丈夫。

ホテルニッコーバンコク

ソイトンローに面したドアから入ると正面にエスカレーターがあるので、エスカレーターに乗らず1階を右奥に進んでいきましょう。

ホテルニッコーバンコクフロント

道なりにホテル内を進んでいけば、ホテルニッコーバンコクのチェックインカウンターがすぐに見えてきます。

ホテルニッコーバンコクの日本人デスク

チェックインカウンターの右側には日本語サービスデスクがあるので、言語に不安のある方はこちらでチェックイン手続きを行なってもらうのがおすすめです。

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)の客室紹介

ホテルニッコーバンコクには全部で9種類、合計301の客室があります。

  • スーペリア
  • スーペリアプラス
  • プレミア
  • プレミアコーナー
  • プレミアコーナープラス
  • ニッコークラブ(エグゼクティブフロア)
  • ニッコークラブプレミア(エグゼクティブフロア)
  • ニッコーエグゼクティブスイート(エグゼクティブフロア)
  • ニッコーグランドスイート(エグゼクティブフロア)

上に上げた9種類の客室が用意されていて、当然ですが下に行くほど宿泊料金は高額

※エグゼクティブフロア(20階~22階)にある客室は、エグゼクティブラウンジにアクセスすることが可能

逆に一番上のスーペリアルームは、日本のビジネスホテルと同じような価格で宿泊可能なのが嬉しいポイントです。

今回は、我が家が実際に泊まったことのあるスーペリアツインとエグゼクティブクラブルームの客室を詳しく紹介していきます

ホテルニッコーバンコクのスーペリア ツインルーム (Superior Twin)

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツインルームのサイズは36 m²

客室に入ってまず思ったのが足元がフカフカで気持ちいということ。

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

ベットは非常に寝心地がよく、旅の疲れが取れること間違いなし。

ホテルニッコーバンコクの枕リスト

枕はデフォルトで4種類用意されていますが、いまいち合わないなと思ったら「そば殻枕」や「羽毛枕」などさらに5種類から選ぶことが可能。

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

枕元のコンセントも充実していて、USB用の端子も用意されているのが嬉しいポイント(日本のコンセントを差し込めるので変化アタプターは必要ありません)

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

ホテルニッコーバンコクで視聴可能な日本のチャンネル

埋め込み式になっている43型LEDテレビは、NHK-WORLD以外に日本の民放チャンネル(ニッポン放送・TBS・フジ・朝日・東京)も視聴可能。

※タイと日本は時差が2時間あるので、日本で21時に放送されている番組を見たい時は19時にテレビをつける必要があります

WOWOWが無料で見れるというのも嬉しいポイント。

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツイン

スーペリアツインルームには無料のボトルウォーターが2本ついています(冷蔵庫の中のものは有料)

※ちなみにエグゼクティブルームだと、冷蔵庫の中も自由に無料で飲むことが可能

ホテルニッコーバンコクのスーペリアツインルーム

タイではかなり立派なホテルでもトイレと洗面所・バスルームが一緒の場合がほとんど。

ですがホテルニッコーバンコクは、日本と同じようにトイレとバスルームが完全に分離されています。

ホテルニッコーバンコクスーペリアツインルームのトイレ

トイレはTOTOのウォッシュレット式で、タイでよくある紙を流せないというトイレではないので日本人にとってはストレスフリーで使えるはず。

ホテルニッコーバンコクスーペリアルームのバスルーム

ホテルニッコーバンコクスーペリアルームのバスタブ

びっくりするくらいピカピカの洗面所&バスタブ。

カーテンを開けておけば、バスタブに浸かりながらテレビを見ることが可能(バスルーム内にスピーカーがあり音声も聞こえるようになっています)

ホテルニッコーバンコクスーペリアルームのバスタブ

もちろん、カーテンを閉めれば落ち着いて一人の入浴タイムを楽しむことが可能に。

ホテルニッコーバンコクスーペリアルームのアメニティ

ちょっと感動したのがアメニティグッツの充実度。

ホテルニッコーバンコクスーペリアルームのアメニティ

タイでは大きなホテルでも歯ブラシセットがないことがよくありますが、ホテルニッコーバンコクにはしっかり完備。

PANPURI(パンピューリ)のアメニティ

そして特筆すべきなのがこちらのシャンプーやボディソープ。

PANPURI(パンピューリ)というタイのセレブに大人気のブランドのものが使われていて、さらに「レモングラス&マンダリンオレンジ」というホテルニッコーバンコク特注のフレーバーも用意されています。

私は男性ですが若干テンションが上がったので、女性が使ったらよりバスタイムが楽しみになるはず。

ホテルニッコーバンコクスーペリアツインルーム

ホテルニッコーバンコクスーペリアツインルーム

クローゼットの中には清潔なスリッパやガウン・セキュリティボックスなどが完備。

スーペリアツインルームはホテルニッコーバンコクの客室の中でもリーズナブルに泊まることができる部屋ですが、満足度はバンコク市内の他のホテルと比べても圧倒的に高いと言えるでしょう。

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブクラブルーム(Executive Club Room)

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブクラブルーム

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブクラブルームは20階~22階(最上階)に設置されていますが、今回は22階のクラブツインルームに宿泊。

エグゼクティブクラブルーム

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブクラブルーム

エグゼクティブクラブルームの基本的な造りは先ほど紹介したスーペリアツインルームとほぼ変わらず、部屋の広さも同じ36 m²

ですが、1泊してみるといろいろと違いが見えてきました。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブクラブルーム

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブクラブルーム

4種類の枕が用意されていて、さらに気に入らなければ別の枕を持ってきてもらうことが可能。

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブクラブルームのバスタブ

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブクラブルームのバスタブ

スーペリアツインルームと違ってエグゼクティブクラブルームのバスタブには、寝心地がいいように枕が設置されています。

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブクラブルームのアメニティ

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブクラブルームのアメニティ

PANPURI(パンピューリ)のアメニティももちろん完備されていますが、用意されている本数はスーペリアルームよりも多め。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

スーペリアルームと違い、ボトルウォーターの他に本格的なコーヒーマシーンも設置。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

冷蔵庫の中にはビールやソフトドリンクが入っていて、これらはすべて自由に飲むことが可能

ちなみに、PANPURI(パンピューリ)のアメニティ・ボトルウォーターなどは無料でいくらでも補充してくれます。

※18時以降にスタッフさんがやってきて、まだあるよと言っても使い切れないくらい置いて行ってくれます

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

エグゼクティブクラブルームに宿泊すると、18時以降にターンタウンサービスというサービスを受けることが可能

聞きなれない言葉かもしれませんが、日本の旅館だと就寝前に布団をひきに来てくれるようなサービスで、簡単なベットメイキングや補充などをしてくれます。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

なんと浴衣と折り鶴が置かれていて、和の心を感じることができました。

このタイミングでスタッフの方がボトルウォーターやアメニティなど足りないものを補充してくれるので、必要なものがあればどんどんお願いしましょう。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

もちろんフカフカのガウンも用意されているので、浴衣を着て寝なくても大丈夫。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

カードキーは最初から2枚用意されていて、さらに1階ロビーラウンジで使えるウエルカムドリンク券も付いているのが嬉しいポイント。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルーム

朝起きて見ると、その日の主なニュースをまとめた日本語新聞のようなものが扉にかかっていました。

エグゼクティブクラブルームから見たトンロー

エグゼクティブクラブルームは20階~22階に設置されているので、スーペリアルームと比べると格段に良い眺望を楽しむことが可能。

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルームのチェックイン

ちなみに、エグゼクティブクラブルームのチェックイン&アウトは21階のエグゼクティブラウンジ内で行ないます。

※1階チェックインカウンターにいる日本人スタッフの方が21階まで案内してくれるはず

ホテルニッコーエグゼクティブクラブルームのチェックイン

チェックインする際におしぼりやドリンクが用意されるところが、さすが日系ハイクラスホテルだなと思いました。

この後紹介しますが、エグゼクティブクラブルームに宿泊するとラウンジを利用することができますし、朝食も料金の中に含まれています。

満足度はかなり高いので、料金を比較してスーペリアルームと数千円の差の場合、エグゼクティブクラブルームを予約した方がより楽しめるでしょう。

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)のエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジは21階にあり、エグゼクティブフロア(20階~22階)に宿泊するか、OneHarmonyのエクスクルーシヴ会員の方が利用可能。

※12歳以上のお子さんが利用する際は保護者の同伴が必要

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

20階と22階には、21階のエグゼクティブラウンジに通じる専用扉があります。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

階段をワンフロア降りるだけでエグゼクティブラウンジにアクセスできるため、隣の部屋に行くような気軽な感覚で移動可能

エレベーターを使わず階段でアクセス可能と言うのは、かなり嬉しいポイントと言えるでしょう。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジの営業時間は毎日6時~23時までで、時間帯によってサービス内容が異なります

  • 朝食インターナショナルブッフェ(7時~10時半)
  • アフタヌーンティー(14時~16時)
  • イブニングカクテル(17時半~19時半)

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

特に充実しているのが、17時半から始まるイブニングカクテルタイム。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

お寿司やおそばなどの和食や、お酒と相性のいいメニューがたくさん並びます。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

野菜スティックやスイーツ系も充実しているので、女性にも大人気。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

もちろんお酒の種類も豊富で、個人的には缶ではなく瓶ビールというのが嬉しかったです。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

実は別の所で夕食を食べる予定だったのですが、エグゼクティブラウンジのイブニングカクテルの居心地があまりにもよく、ここだけで満足してしまいました。

この日は19時半までイブニングカクテルタイムを思う存分楽しみ、その後ホテルすぐ近くのタイマッサージでたっぷり2時間マッサージ。

日中ハードに観光する予定という方は、ラウンジで夕食➔タイマッサージ➔就寝というプランは疲れがたまらないのでかなりおすすめです。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジでは朝食ブッフェを楽しむことも可能(7時~10時半)

※エグゼクティブラウンジの朝食ブッフェ詳細は後で紹介

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

コーヒーや紅茶・ノンアルコールドリンクは、6時~23時の営業時間内なら終日自由に利用可能。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

と言うわけで、実はこのブログもエグゼクティブラウンジでエスプレッソコーヒーを飲みながら書いています、

注意ポイント

エグゼクティブラウンジ内は部屋のWiFiと違うパスワードが必要なので、スタッフの方にもらいましょう

私が利用した日が特別だったのかもしれませんが、部屋のWiFiと比べると少し弱い気がしました

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジ内にはミーティングルームもあり、2時間まで無料で利用可能(予約制)

日本語の新聞や雑誌・フリーペーパーも数種類用意されています。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジには喫煙スペースがあるのですが、ここから見るバンコク市街の景色はかなりおすすめ。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ネオンが美しくきらめくアソーク方面

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

トンロー方面も負けずと美しい夜景。

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

ホテルニッコーバンコクのエグゼクティブラウンジ

日中の眺めもなかなかおすすめで、私はタバコを吸わないのですが長時間ここに入り浸っていました。

ポイント

実はエグゼクティブラウンジに友人を招待することも可能です

料金は一人1500バーツ(税・サービス料別)で、ドレスコードはスマートカジュアル

※タンクトップ・スリッパ・ビーチサンダルなどは禁止

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)の朝食ブッフェ

ホテルニッコーバンコク6階オアシス

ホテルニッコーバンコクの朝食会場は1階の飛翔・6階のThe Oasisの2か所から選ぶことが可能。

ニッコークラブフロアに宿泊している方は、さらに21階のエグゼクティブラウンジで朝食を取ることも可能です。

1階の飛翔・6階のThe Oasisの朝食ブッフェ料金は一人650バーツですが、ネット予約時やチェックイン時に申し込めば割引料金で朝食をつけることが可能です。

それぞれの朝食ブッフェを紹介していきます。

ホテルニッコーバンコク1階「飛翔」の朝食ブッフェ

ホテルニッコーバンコクの朝食

1階「飛翔」の朝食ブッフェは和食に特化した内容で、利用可能時間は6時~10時半

日系ホテルなので他のレストランにも和食コーナーはあるのですが、本格的な和食が食べたい方は「飛翔」が絶対おすすめ。

ホテルニッコーバンコクの朝食

ホテルニッコーバンコク飛翔の和朝食ブッフェ

飛翔にしかないご飯のお供と言えば、明太子と生卵

タイでは生で食べられる卵は少ないので、朝食で卵かけごはんが食べられるというのはかなりレア。

ホテルニッコーバンコク飛翔の和朝食ブッフェ

鮭や鯖などの焼き魚もあり…

ホテルニッコーバンコク飛翔の和朝食ブッフェ

食べる直前に炭火で炙って食べるので、より一層美味しく感じます。

ホテルニッコーバンコクの朝食

卵メニューはだし巻き卵しかないので、朝食に目玉焼きやスクランブルエッグが絶対に食べたい方は6階オアシスに行きましょう。

ホテルニッコーバンコクの朝食

個人的には、飛翔の職人さんが作るだし巻き卵は絶対に食べるべきかなと思います。

ホテルニッコーバンコク飛翔の和朝食ブッフェ

ホテルニッコーバンコク飛翔の和朝食ブッフェ

他にもお刺身や和食のお惣菜がたくさん並んでいます。

ホテルニッコーバンコクの朝食

飲み物コーナーにコーヒーがないのですが、実は別の所にコーヒーマシーンがあり、スタッフの方にお願いすればテーブルまで持ってきてくれます。

ホテルニッコーバンコク飛翔の和朝食ブッフェ

ホテルニッコーバンコクの朝食

6階オアシスと比べると人が少なく雰囲気もいいので、朝は落ち着いて和食という方は1階飛翔を選ぶと良いでしょう。

▼参考記事はこちら

ホテルニッコーバンコク1階「飛翔」のランチ&ディナーブッフェに行ってみた感想やシステム&料金を詳しく紹介

続きを見る

ホテルニッコーバンコク6階The Oasis(オアシス)の朝食ブッフェ

ホテルニッコーバンコク6階オアシスのランチブッフェ

6階The Oasis(オアシス)はインターナショナルブッフェになっていて、利用可能時間帯は6時~10時半(土日祝日は11時まで)

ホテルニッコーバンコク6階オアシスの朝食ブッフェ

和食コーナーも他のホテルに比べると充実していますが、どちらかというとタイ料理や洋食がメインのブッフェになります。

利用者が最も多いのも6階The Oasis(オアシス)ですが、客席数が多いので入れないということはまずないはず。

▼The Oasis(オアシス)の朝食ブッフェ詳細は以下の記事をご覧ください

ホテルニッコーバンコク6階The Oasis(オアシス)のランチ&ディナーブッフェの料金や飲み放題システムを詳しく紹介

続きを見る

ホテルニッコーバンコク21階エグゼクティブラウンジの朝食

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

20階~22階のエグゼクティブフロアに宿泊されている方は、21階のエグゼクティブラウンジで朝食を取ることが可能。

品数は他の2つのレストランに比べると少なめですが十分満足できますし、なにより圧倒的に人が少ないのでかなり落ち着きます。

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

メニュー構成は和食と洋食が半々といった感じで、ご飯・みそ汁・焼き魚・卵焼きなどの定番メニューが揃っています。

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

和食以外にもタイ料理や洋食メニューが並びます。

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

ヨーグルトや果物もあり、朝は簡単に済ませたいという方におすすめ。

ホテルニッコーバンコクエグゼクティブラウンジの朝食

各テーブルにはエッグメニューの注文用紙があり、オムレツ・スクランブルエッグ・エッグベネディクト・付け合わせなどをかなり細かく注文可能。

完全日本語で注文可能ですし可能な限りリクエストに応えてくれるので、朝から人混みの中に行きたくない方はエグゼクティブラウンジで朝食を取ると良いかもしれません。

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)館内施設

ホテルニッコーバンコクの館内施設

ホテルニッコーバンコクは客室だけでなく館内施設も充実しています。

特におすすめの施設をいくつか紹介します。

ホテルニッコーバンコクのプール(6階)

ホテルニッコーバンコクのプール

宿泊者が自由に使えるプールは6階に設置されていて、利用可能時間は7時から21時。

ホテルニッコーバンコクのプール

深さが違う二つのプールがあるので子供でも楽しむことが可能。

ホテルニッコーバンコクのプール

夜はライトアップされ、控えめに言っても幻想的な空間が広がります。

ホテルニッコーバンコクのプールバー

プール横にはプールバーが設置されていて、プールサイドでお酒を楽しむことも可能(営業時間7時~21時)

ホテルニッコーバンコクのロッカー

ちなみに、着替えやシャワーはプールの外にあるロッカールームを利用しましょう。

※トイレの奥がロッカーとサウナ・シャワールームになっています

ホテルニッコーバンコクのロッカー

ホテルニッコーバンコクのロッカーキー

 

フィットネスジムの受付でロッカーキーやタオルを借りることができますよ(ルームキーと交換になるので要持参)

ホテルニッコーバンコクのフィットネスジム(6階)

ホテルニッコーバンコクのロッカーに通じる道

ホテルニッコーバンコクのジム

フィットネスジムもプールと同じ6階にあります(少し奥まっているので分かりにくいかも)

ホテルニッコーバンコクのジム

ホテルニッコーバンコクのジム

最新のマシーンが設置されているので、本格的なトレーニングをすることが可能。

ちなみに24時間利用することが可能です。

ホテルニッコーバンコクのサウナ(6階)

ホテルニッコーバンコクのロッカー

ホテルニッコーバンコクのサウナ

フィットネスジム向かいにあるロッカールームには、サウナとシャワールームが設置されています。

利用可能な時間帯は7時から21時まで。

ホテルニッコーバンコクのサウナ

それほど高温のサウナではないのでじっくり入ることができるので、個人的にはかなり気に入っています。

ギンザトンロー(Ginza Thonglor)2階と3階

ギンザトンロー看板

ホテルニッコーバンコクの2階と3階はギンザトンロー(Ginza Thonglor)というコミュニティモールになっていて、レストランやカフェ・マッサージ店など様々な店舗が入居。

なので、ホテルから一歩も出ずに食事やスパを楽しむことが可能です。

Aimm(エイム)

せっかくタイに来たから本格的なタイ料理が食べたいという時は、3階にあるAimm(エイム)がおすすめ。

和牛のガパオライス

日本人にも食べやすくアレンジされた美味しいタイ料理を堪能することが可能ですよ。

▼参考記事はこちら

和牛のガパオライス
ホテルニッコーバンコク3階のタイ料理店Aimm(エイム)おすすめメニュー3選&注意点を紹介

続きを見る

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク(トンロー)おすすめマッサージ

ホテルニッコーバンコクがあるBTSトンロー駅周辺はマッサージ店がいっぱい。

1時間250~300バーツ(約1000円弱)というお店が多いので、旅の疲れを残さないためにも有効活用するのがおすすめ。

K M Massage外観画像

トンローエリアのマッサージ店には何軒か行きましたが、コスパ的にかなりおすすめなのがホテルニッコーバンコクから徒歩1分の所にあるK M Massage

K M Massage

料金はタイマッサージ1時間200バーツ/2時間400バーツと、このあたりのマッサージ店の中では恐らく最安値。

なので、2時間以上のコースをお願いするのがおすすめです。

K M Massage

個室ではありませんし(カーテンで半個室)、それほど清潔とも言い難い店内ですが、マッサージ師さんの腕は間違いなし。

※特に男性スタッフの方のマッサージテクニックは是非体験してほしい

営業時間が23時までなので、夕食を食べた後ホテルに帰る前にゆっくりマッサージしてもらうと良いかもしれません。

ホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)おすすめまとめ

2019年にオープンしたホテルニッコーバンコク(Hotel Nikko Bangkok)は、BTSトンロー駅すぐ近くという抜群の立地と日本のおもてなしをバンコクで体験できるのが大きな魅力。

日本人スタッフも数名いるため、言語によるストレスがかなり軽減されるのも嬉しいポイント。

初めてのタイ旅行という方や海外旅行に慣れていない方は、ホテルニッコーバンコクに宿泊するときっと旅を思う存分楽しむことができるでしょう。

海外旅行がほぼ初めてでとても不安という方は、空港とホテルニッコーバンコク間の移動に送迎サービスを利用すると良いかもしれません

空港送迎サービスとは

  • 燃料代・高速代・チップすべて込みの定額制
  • 24時間日本語対応
  • バーツに両替していなくても大丈夫

CHECK!スワンナプーム空港送迎サービスの詳細

CHECK!ドンムアン空港送迎サービスの詳細

空港に到着し保安エリアから出てきたところにあるミーティングポイントで、名前を書いたボードを持ってドライバーさんが待っていてくれるので、あとはついて行けばホテルに勝手に到着します。

※2名までならセダン車、3~5名の場合は専用ミニバンでの送迎、原則的にスーツケースは一人1個

22時以降は割増料金が発生しますがそれでも3000円以下ですし、身元がはっきりしている人の車なので安心感が全く違うはず

深夜のバンコクのタクシーはかなり危険でして、タイ人女性も一人ではほぼ利用しません。

女性だけの旅行の場合は特に、専用車による送迎サービスを利用することも検討した方がよいでしょう。

≫≫スワンナプーム空港送迎サービスの詳細

≫≫ドンムアン空港送迎サービスの詳細

ホテルニッコーバンコクアメニティ

ちなみに1階ロビーラウンジCURVE 55では、ホテルニッコーバンコクで使われているアメニティグッツなどを購入可能。

PANPURI(パンピューリ)のアメニティ

PANPURI(パンピューリ)のシャンプーなども購入可能なので、女性へのお土産におすすめですよ。

ホテルニッコーバンコクの最安値をチェック

ホテルニッコーバンコク3階のタイ料理店Aimm(エイム)おすすめメニュー3選&注意点

和牛のガパオライス
ホテルニッコーバンコク3階のタイ料理店Aimm(エイム)おすすめメニュー3選&注意点を紹介

続きを見る

ホテルニッコーバンコク6階The Oasis(オアシス)のランチ&ディナーブッフェの料金や飲み放題システムを詳しく紹介

ホテルニッコーバンコク6階The Oasis(オアシス)のランチ&ディナーブッフェの料金や飲み放題システムを詳しく紹介

続きを見る

ホテルニッコーバンコク1階「飛翔」のランチ&ディナーブッフェに行ってみた感想やシステム&料金を詳しく紹介

ホテルニッコーバンコク1階「飛翔」のランチ&ディナーブッフェに行ってみた感想やシステム&料金を詳しく紹介

続きを見る

▼【年間180日滞在する私が選んだ】タイ旅行で使えるレンタルポケットWiFi4選

【年間180日滞在】タイ旅行で使えるレンタルポケットWiFi4選&今一番おすすめを紹介

続きを見る

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!見どころを無理なく凝縮させた観光モデルプラン

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

【初めてのバンコク旅行&女子旅にもおすすめ】実際に泊まってみてよかったバンコクおすすめホテル5選&人気滞在エリア

続きを見る

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方厳選まとめ

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方7選

続きを見る

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

海外旅行に行くならに行くなら絶対保存推奨

楽天カード&エポスカードの海外旅行保険を使って病院を受診する手順やコレクトコール方法

続きを見る

バンコクの人気ホテルをチェック

清潔さ・立地・コスパの良さで選んだ初めてのチェンマイにもおすすめの間違いないホテルまとめ

カンタリーヒルズ
自信を持っておすすめするチェンマイの間違いないホテル5選!清潔さ・立地・コスパの良さ重視で厳選

続きを見る

【在住者が厳選】間違いないチェンマイ観光おすすめ人気スポット7選

【在住者が厳選】間違いないチェンマイ観光おすすめ人気スポット7選

続きを見る

【これを読めばすべて分かる】チェンマイ完全ガイド!行き方やおすすめのエリア・グルメ・旅行時期

チェンマイのおすすめを徹底ガイド!行き方やおすすめエリア・グルメ・旅行時期を詳しく紹介

続きを見る

【住んでみて分かった】チェンマイおすすめ宿泊エリアを旅の日数や目的別に紹介

【住んでみて分かった】チェンマイおすすめ宿泊エリアを旅の日数や目的別に紹介

続きを見る

【絶対に食べておきたい】チェンマイグルメおすすめまとめ完全版

【絶対に食べておきたい】チェンマイグルメおすすめまとめ完全版

続きを見る

チェンマイのホテルをチェック

オリジナル旅行プランを無料提案

南の島にハネムーン

海外で行きたいところややりたいことはたくさんあると思いますが、旅行予算の関係や日程・タイミングの関係で妥協しなければいけないこともよくあるはず

でも妥協する前に是非チェックして欲しいのが、海外旅行プラン一括比較サイトのタウンライフ旅さがし

こんな人におすすめ

  • 新婚旅行だから特別な思い出を作りたいけど、パンフレットのツアーでは物足りない
  • 初めて行く国でよく分からないから、現地に詳しい人と話し合いながらプランを決めたい
  • 予算の中で、できるだけ特別感のある旅行プランを無料で提案してほしい
  • 何社か比較して決めたいけど、時間がなくてまわれない

タウンライフ旅さがしは、大手旅行会社の格安パックでは不可能な無理難題にも柔軟に対応可能

無料提案依頼は簡単で、行きたい都市や希望の日程・予算・出発空港などを一回だけ入力するだけ

たったそれだけで、要望に完全にマッチした個人手配では実現できないレベルの旅行プランを、複数の旅行会社が無料で提案してくれます

※返信をメールで欲しい方は、備考欄にメール希望とはっきり書いておきましょう

実際にあった問い合わせ内容

予算:150万円
希望日数:8日間

下記条件を満たしたプランをお願いします。
・水上ヴィラのお部屋
・できれば部屋から海へ降りる階段がついていて、すぐにシュノーケリングができる
・食事はできればアラカルトで食べたい
・スパやマッサージも楽しみたい
・飛行機移動の質よりも、ホテルの質にこだわりたい

できるだけ具体的に細かく要望を伝えるのが、最高の旅行プランに巡り合うためのポイント

一生の記念に残る特別な旅行にするためには、妥協は絶対に禁物!

まずは予算とこだわりを旅行のプロに伝えて、無料のオーダーメイドプランを作成してもらいましょう

CHECK!≫≫【無料】海外旅行見積もり・プランを一括問い合わせ「タウンライフ旅さがし」

CHECK!≫≫タウンライフ旅さがし  ハネムーン特集はこちら

人気のハネムーン先

 

ベストセラー本を「朗読」で

現在Amazon では、オーディブルの30日無料体験を開催中

Amazon Audible(オーディブル)とは、人気作家のベストセラー小説やビジネス本をプロの声優や著名人の朗読で楽しめるサービス(月額1500円)

通勤中・運転中・就寝前などの時間を読書タイムとして有効活用できると話題のサービスで、約40万冊の中から自由に選べるのが嬉しいポイントです

詳しくはコチラ

2019年下半期人気のタイトル

ベストセラー本や新旧の名作を無料で聞き放題と言うのはかなりお得なので、まだ30日無料体験を申し込んでいない方はこの機会に要チェックです

▼参考記事はこちら

≫≫実際に使ってみて分かったオーディブルの魅力や注意点

オーディブル30日間無料体験

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

-タイ, バンコク
-

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.