タイ バンコク

日本人がバンコクでタクシーに乗る前に絶対に覚えておいてほしい3つのこと

投稿日:2017-09-25 更新日:

タイ・バンコクを旅行する方が、お世話になる機会が多くなる乗り物がタクシー

初乗り35バーツ(約115円)という安さなので、我が家もちょくちょく利用します。

観光客の方はバスやバイクタクシーに乗るよりも、タクシーを利用した方が快適ですし安全

しかし、バンコクでタクシーを利用するときには、覚えておかなければいけない重要な点がいくつかあります。

というわけで今回は、日本人がバンコクでタクシーに乗る時に覚えておくべき3つの事を解説します

バンコクの人気ホテルをチェック

ぼったくりタクシーを見分けるたった一つの方法

日本だとタクシーに乗ってしまえば、あとはボーっとしてても目的地まで連れて行ってもらえるという安心感があります。

しかしバンコクのタクシーに、日本と同じような安心感を求めるのは非常に危険

というのもバンコクには数多くのタクシーが走っていますが、その中の何割かは確実に、観光客をカモにしようと狙っているから

私も経験がありますが、平気な顔して遠回りしたり、渋滞にわざとはまって時間を稼いだりするドライバーがけっこういます。

また、メーターを使って走ろうとしないめんどくさい運転手も。

しかし、そんな質の悪い運転手をかなりの確率で避けることができる、たった一つの方法があります。

それは、ツートンカラーのタクシーを避けること

これが、イエローとグリーンのツートンカラーのタクシーで、おそらくバンコクで一番多く走っているはず。

そして、このツートンカラーのタクシーは、すべてが個人タクシーです

個人タクシーなので、多少何か問題を起こしても会社を解雇されたりすることはありません。

また個人タクシーの収入は、タクシー車体のレンタル代やガソリン代などの経費を差し引いた売り上げ。

固定収入があるわけではないので、必然的にカモにできそうな観光客がいたら、遠回りしたりメーターを使わなかったりする運転手が多くなります。

ちなみにこれも覚えておいてほしいことですが、どんなにうまく値段交渉したとしても、メーターを使うより安くなることは絶対にありません

一つ付け加えておきますが、もちろんツートンカラーのタクシーの中にはいい運転手さんもたくさんいます。

これまで数えきれないほどツートンカラーのタクシーに乗っていますが、嫌な思いをしたのはほんの数回。

ただ、特にバンコクに慣れていない観光客の方は、できるだけツートンカラーは避けた方が良いでしょう。

なお、空港などからタクシーに乗る場合は順番で配車されていくので、ツートンカラーに当たることもあると思いますが、その場合は心配いりません。

以前問題があったこともあり、空港に乗り入れるタクシーは、個人タクシーでもしっかり名前やIDや電話番号が記録されています。

さらに乗車の際には、上の写真のようなドライバーの連絡先やIDなどが記載された紙がもらえます。

なので、個人タクシーといえども好き勝手することができません。

それで空港から乗る場合は、ツートンカラーのタクシーでも安心して乗って大丈夫です

バンコクのタクシーでおすすめの色は

バンコクのタクシーは会社ごとに車体の色で分かれていて、遠くからでも見分けることが可能。

すべてのタクシー会社に乗ったわけではありませんが、乗った中でのおすすめを紹介します。

青色タクシーが、個人的にはイチオシ。

そんなに台数は走っていないのですが、何台か客待ちしているなかに青色タクシーがいたら絶対に選びます。

運転手さんのサービスもいい気がしますし、言葉が分からなくても何とかしてあげようというドライバーさんが多い気がします。

会社の評判もいいようです。

黄色のタクシーも個人的にはいい印象。

すべてではないと思うのですが、新しい車体を使っている車が多い気がします。

ピンクのタクシーは、比較的多く見かけて乗る機会も多いのですが、可もなく不可もなくといった感じ。

その他にも、赤・オレンジ・緑などいろんなタクシーが走っています。

おすすめは青・黄色・ピンクですが、ツートンカラーでなければどれに乗っても、まあまあな接客が期待できるでしょう

バンコクタクシーの空車の見分け方

バンコクでタクシーに乗るにあたって大切な別のことは、空車の見分け方です。

これは、それほど難しくありません。

助手席の前に、ว่าง という赤い文字が光っているのが分かるでしょうか。

ว่าง(ワーン)とは、タイ語で「空き」という意味で、バンコクのすべてのタクシーの空車表示に使われています。

それでタクシーをつかまえるときには、車体の色とว่างという赤い文字が光っているかどうかを確認しましょう。

バンコクタクシーのとめ方

日本だと手を上にあげてタクシーをとめますが、バンコクで手を上にあげても誰も止まってくれません。

バンコクのタクシーやソンテオをとめるときは、手を上ではなく前に突き出します

そして、バンコクのタクシーは日本と違い自動ドアではないので、自分でドアを開けましょう。

日本だとすぐにタクシーに乗り込みますが、タイのタクシーの場合は、まず行き先を告げる必要があります

タイのタクシーは平気で乗車拒否するので、ここで断られることもよくあります。

ですが、タクシーは次から次に来るので気にしなくて大丈夫。

ちなみに乗車拒否されても私たちが悪いわけではなく、運転手の行きたい方向と違ったみたいな個人的なことがほとんど。

ツートンカラータクシーだと乗車拒否がよくありますが、青やピンクや黄色タクシーだとまだ一度も拒否されたことはありません。

無事タクシーに乗り込んだら、自分で忘れずにドアを閉めましょう

我が家はどうしても日本の感覚が抜けなくて、ドアをよく閉め忘れてしまいます。

なお、あまり強くドアを閉めると気分を害する運転手もいるので、丁寧に開け閉めしましょう

バンコクでタクシーを乗るうえで役立つタイ語

今回は観光客の方でも分かりやすいように、カタカナ表記にしてみました。

タイ語では、語尾に男性ならカップ、女性ならカーを付けると敬語になります。

このあとの例文では、このカップとカーは(K)と表記します。

ただ、観光客がカップやカーを語尾につけなくても、特に怒られたりはしないので安心してください。

行き先を伝えるとき

バイ 〇〇〇〇〇(K) (〇〇〇〇〇へ行きます)

ホテルなどは、ホテル名よりソイ(通り)の番号で行った方が伝わりやすいでしょう。

アソーク周辺のホテルなら、バイ スクンピット ソイ〇〇(K) (スクンピットソイ〇〇まで行きます)みたいな感じです。

余裕があればそのあとに、バイ ダイマイ(K)(行ってもらえますか?)と聞いてみましょう。

伝わらなければ、語尾を上げたOK?でも大丈夫。

ダイ!とかOK!と運転手が答えてくれれば完璧です。

タイ人の多くは、地図を読むのがあまり得意ではありません。

なので行きたい場所を口頭で言うか、場所のタイ語を見せるとよいでしょう

ホテルなどの電話番号が分かれば、運転手さんが勝手に電話して聞いてくれることもよくあります。

メーターを使ってくれないときは

ツートンカラーに乗らない限り、たいていのタクシーが何も言わなくてもメーターを使ってくれるはず。

ですが、万が一使ってくれない場合、このように言いましょう。

ゴッ ミーター ノイ(K) (メーター使ってください)

もしくは、ミーター OK マイ(K)でも大丈夫です。

ポイントは、ミーターの語尾を上げること

ツートンカラーでなければ、拒否されることはないはずです。

乗車して走り始めたら、メーターを倒すかどうか確認する癖をつけるとよいでしょう。

行き先の指示

基本的に、タイの運転手の多くはあまり道を知りません。

それで、悪意がなくても間違ってしまう人がいます。

よほど有名な場所なら別ですが、そうでない場合は自分でもグーグルマップなどを起動させて、チェックしながら乗車しましょう

ちょっと道が違っているなと思ったら、あまり刺激しないこのような感じで質問できるでしょう。

バイ ヤンガイ(K)(どうやって行くつもりでですか)

チャイ センターン ナイ(K)(どの道を使うつもりですか)

たいていの運転手が、このように言うと察してくれるので、グーグルマップを見せたり、誘導してあげることができます。

誘導の方法ですが、リャオクワー(右に曲がって)リャオサーイ(左に曲がって)ドロンバイ(直進して)の3つが分かればなんとかなるはず。

降りる場所に来たら、ロンティーニー(ここで降ります)と言いましょう。

他にも知っておくべきバンコクタクシー情報

バンコクのタクシーでは、1000バーツ札などの高額紙幣は使えないと思っておいた方が無難

セブンイレブンの前に連れていかれ、1000バーツ札を崩してこいと言われることもよくあります。

そうなる前に、しっかり100バーツ札を財布に入れておきましょう。

またバンコクのタクシーの運転手さんは、10バーツ以下のお釣りは言わなければ返してくれないことがほとんど

それで、チップを払ったと思って、お釣りをもらえなくても気にならない額で支払うのも重要なポイントです。

バンコクのタクシーは、走行距離1kmまでは35バーツ(約115円)で、それを超えると1キロ当たり20円前後の加算とかなりリーズナブル。

ただし、渋滞に巻き込まれると、1分につき2バーツ加算されます。

バンコク市内、平日夕方5時前後から7時前後まではかなり激しい渋滞になります。

通常10分かからない距離が、1時間以上かかることもよくあります。

基本的に複数人数の移動なら、タクシーの方がお得になる場合がほとんど。

ですが渋滞が激しい時間は、BTSや地下鉄などと組み合わせて利用するという方法も検討した方が良いでしょう

バンコクのタクシーまとめ

バンコクを楽しむうえでなくてはならない存在のタクシーを、上手に選ぶ方法を解説しました

極力単色タクシーを選べば、大きな問題に巻き込まれる可能性はかなり低くなるでしょう。

メーターを使ってくれるかと、進路が間違っていないかグーグルマップで確認しながら乗れば、簡単な英語しか話せなくても充分バンコク市内を楽しめるはず。

なお、万が一タクシーでトラブルになったら、言い値を払った方が賢明な場合もあります。

たかが数百円という、日本人の感覚からしたら些細な額でもめてもしょうがないので、大きな心をもって対応しましょう。

タクシーに乗る前には、是非セブンイレブンに行ったほうがよいたった一つの理由とは

タイに着いたらまずはセブンイレブンに行くべきたった一つの理由

続きを見る

【ドンムアン】国際線・国内線のタクシー乗り場はどこ?少しだけ安く乗る裏技を紹介

【ドンムアン空港】国際線・国内線のタクシー乗り場はどこ?少しだけ安く乗る裏技を紹介

続きを見る

【ドンムアン空港】市内中心部へのバス移動まとめ!失敗しないために絶対に覚えておくべき事とは

【ドンムアン空港】市内中心部へのバス移動まとめ!失敗しないために絶対に覚えておくべき事とは

続きを見る

バンコク・チェンマイ旅行者がラビットカードを作るべき理由!作り方&払い戻し方法を徹底解説

バンコク・チェンマイ旅行者がラビットカードを作るべき理由!作り方&払い戻し方法を徹底解説

続きを見る

タイでも最近必要不可欠なアプリと言えばGrab。使い方やメリット・デメリットをまとめました

今海外行くなら必須の配車アプリUberとGrab。実際に乗ってみて分かったメリットやデメリット

続きを見る

バンコクの人気ホテルをチェック

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, バンコク

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.