タイ バンコク

今バンコクで一番勢いのあるイタリアンレストランPEPPINA(ペッピーナ)。もしかしたら本場イタリアよりも美味しい窯焼きピッツアやパスタが食べられるかも

投稿日:2017-06-09 更新日:

今バンコクで一番おいしいイタリアンが食べられると評判のお店、それが「PEPPINA」

本格的な窯焼きピッツアや、日本でも食べたことがないような美味しいパスタが食べられる「PEPPINA」の魅力を、今回は熱く語ろうと思います。

PEPPINA(ペッピーナ)の場所

PEPPINAの公式HPによると、現在バンコク市内に5店舗あるようです。

(2017年6月現在)

今回私たちが行ったのは、スクンピットソイ33にある本店

他にもトンローの「THE COMMONS」の1階「セントラルエンバシー」の6階など今話題のスポットに続々と出店しています。

セントラルエンバシーのPEPPINAがこちら。

BTS直結なので、徒歩で行く場合はこちらの方が行きやすいかもしれません。

バンコクの「セントラルエンバシー」を徹底解説。地下の高級フードコート「イータイ」では、あのピンクのカオマンガイも食べられます

スクンピットソイ33の本店は、BTSアソークから徒歩で15分ほど、タクシーだと7分ほどで到着します。

トンローの「THE COMMONS」だと、BTSトンローからタクシーで10分ほど。

人気急上昇中のトンローのコモンズの魅力を徹底分析‼バンコク人気ナンバー1カフェROASTには、絶対に立ち寄ったほうがいいよ

どちらもタクシーで行っても300円かからないと思うので、お好みで決めると良いでしょう。

またBTS沿線ではありませんが、チャオプラヤ川沿いのショッピングモール内にも店舗があります。

王宮の近くですし、景色もいいのでおすすめですよ。

PEPPINAの全店舗の詳細は公式HPでご確認ください。

PEPPINAのメニューやお値段

PEPPINAは安いお店ではありません。

ただ、手が出ないほど高いお店でもありません。

ピッツアだとMサイズで180~410バーツ、Lサイズで260~580バーツ程度

パスタは500~600バーツ位

飲み物はワインをボトルで入れると1400バーツ~、シンハービールは小瓶(300ml位)で150バーツ

お酒をどれくらい飲むかによって変わってきますが、一人1,000~1,500バーツもあれば充分食べたり飲んだりできるでしょう。

ちなみにピッツアは2人以上いればLサイズでもペロリと食べれると思いますし、その方が何枚か頼むよりお得。

ただ何種類か食べたいというという気持ちもあるので、悩ましいところです。

PEPPINAのおすすめメニューベスト5

ここで、私が選ぶPEPPINAおすすめメニューBEST5を紹介します。

これから紹介する5品は、絶対に食べて欲しいメニューばかり。

なおお値段は、2017年6月現在のPEPPINA本店の価格ですのでご了承ください。

第1位 トリュフのピッツア 580バーツ

ピッツアはMサイズとLサイズを選べるのですが、「Pizza Truffle」だけはワンサイズしかありません。

具材はシンプルに、チーズとトリュフのみ。

ピッツアは時間がかかると思い早めに頼んだのですが、窯焼きピッツアなので一瞬で焼きあがります。

席に届いたら食べる前にまずワインのティスティングのように、香りを楽しんでみてください。

トリュフの香りが、鼻を突き抜けるでしょう。

上にかかっているオリーブオイルとの相性も抜群。

というか、イタリアで食べた本場のナポリピッツアよりも美味しかったです。

どんなにお腹いっぱいでも食べれてしまう美味しさなので、PEPPINAに行ったときには、絶対に頼んでみてください。

第2位 カニのパスタ (Linguine Clabmeat) 590バーツ

もともとこのパスタは食べたいと思っていたのですが、店員さんもイチオシとのことで注文。

カニの身がゴロゴロ入っています。

パスタはリングイネが使われていますが、リングイネ独特の歯ごたえというか食感がパスタソースとよく合っています。

トマトソースですがあまりトマトの自己主張が強くなく、カニがメインになっているのもポイントが高いです。

間違いなく、今年食べたパスタの中で一番おいしいパスタでした。

パスタの中ではお値段高めなのでお代わりはできませんでしたが、本当はもう一皿食べたかったです。

第3位 イタリアンソーセージ 490バーツ

ビールやワインを飲む方は絶対に頼むべき一品

ボリューム満点なので、みんなでシェアするのがおすすめです。

タイのソーセージとは全く違い、味と歯ごたえがたまりません。

あまりにもビールが進んでしまい、シンハービールを追加オーダーしてしまいました。

第4位 トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ 450バーツ

PEPPINAは様々なチーズや生ハムを取り揃えているのですが、その中でも人気があるのがモッツァレラチーズ

そしてそのモッツァレラチーズの味を純粋に楽しめるのが、このカプレーゼ。

南イタリアを旅行した時に本場のカプレーゼを食べましたが、PEPPINAのカプレーゼは遜色ないレベルです。

ワインにもよく合うモッツアレラチーズなので、是非オーダーしてみてください。

第5位 マルゲリータ Mサイズ290バーツ Lサイズ410バーツ

写真のピッツアはLサイズです。

チーズが美味しい店は、シンプルなマルゲリータが絶対においしいと思い注文。

間違いない美味しさでした。

ピッツアの上にかけるオリーブオイルが一緒に出てきますが、とても上質なオリーブオイルが使われていて、より一層美味しさを引き立てています。

Lサイズのピッツアはボリューム満点ですが、美味しいのでペロリと食べれてしまうでしょう。

PEPPINAは予約必須

今現在は5店舗まで増えているので以前程ではないようですが、それでもPEPPINAは大人気なので曜日によっては予約が取れないことで有名。

特に本店はいつも混んでいるので、予約は絶対にしたほうが良いでしょう。

ソイ33まで15分歩いて行って、いっぱいで入れなかったら悲しすぎます。

ちなみに私たちは日曜日の夜に行ったのですが、その日の昼の12時頃に電話して予約することができました。

タイ語が話せる人は電話予約できますが、そうでない人はトリップアドバイザーのオンライン予約システムを使うと良いでしょう。

[blogcard url=”https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d6903329-Reviews-Peppina_Sukhumvit_33-Bangkok.html″]

 

予約フォームは英語ですが、名前とアドレスと電話番号を入れるだけで予約できます。

(タイの電話番号が求められますが、持っていない人はホテルの番号などを入れておくと良いかもしれません)

まとめ

今バンコクで最も勢いのあるイタリアンレストラン、PEPPINAを紹介しました。

タイの中ではちょっとお高いお店ですが、それだけの価値があるお店だと思います。

店内の雰囲気もとてもいいので、大切な人と楽しい時間を過ごすのにもおすすめですよ。

ちなみに本店で飲んだ後にもうちょっと飲みたくなったら、徒歩5分のところにあるワインコネクションがおすすめ

バンコクでどこで飲むか迷ったらここに行けば間違いないワインコネクションの魅力を分析‼おしゃれでお手頃価格で満足できること間違いなしです

続きを見る

ペッピーナ本店に徒歩で行けるアソークのおすすめホテルがこちら。ありえないコスパの良さです

私たち夫婦がバンコク宿泊の時いつもテンションの上がるコスパ最高の5つ星ホテルを紹介

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

 

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, バンコク

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.