スポット(バンコク)

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方7選

2019-04-13

日本から直行便があり気軽に行けるということで人気の観光地タイ・バンコク。

バンコクは人口800万人以上が住むビックシティでして、初めて来た人は都心部の高層ビル群に間違いなくびっくりするはず。

※我が家は札幌に住んでいますが、間違いなく札幌中心部よりよりバンコクのスクンピットエリアの方が都会です

そんなバンコクには見どころや観光スポットが数多くあり、どこに行こうかきっと迷われるはず。

というわけで今回は、バンコク旅行の際に立ち寄りたい観光スポット&おすすめの楽しみ方を紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は各公式サイトをご確認ください

バンコク観光スポットおすすめ「三大寺院+王宮見学」

ワットプラケオ外観画像

敬虔な仏教国タイには数え切れないほどの寺院があり、地域と寺院が密接に結びついています。

中で有名でバンコクの三大寺院と言われているのが、ワットプラケオ・ワットアルン・ワットポー

毎日タイ人・外国人問わず多くの人が訪れる場所で、最も人気があり絶対に外せないバンコクの観光スポットと言えるでしょう。

注意

タイの寺院や王宮には、肌を露出した服装(ショートパンツ、ミニスカート、キュロット、タンクトップなど)やぴったりした服装(タイツ、スパッツなど)、さらにサンダルでの入場はできません

身分証明書の提示が必要になることがあるので、パスポート(コピーも可)を持参しましょう

バンコク市内簡易マップ

三大寺院があるのは旧市街と呼ばれているエリアで、多くの人が宿泊するであろうスクンピットエリアからは少し距離があります。

※タクシーだと約45分ほど。渋滞具合によってかなり差があります

乗車拒否するタクシーも多いですし、タクシーで行くのはほぼ観光客なのでぼったくられる可能性も高め。

寺院に行く前に心を乱されるのもどうかと思うので、ホテルまでの送迎付き&日本語対応で効率よく回れるツアーを利用しましょう

現地ツアーを利用するメリット

  • 圧倒的に楽(体力的&精神的)
  • 移動手段などを調べる時間がいらない
  • 短時間で効率よく回れる
  • 写真撮影をお願いできる
  • 現地のお得な情報を教えてもらえる

現地ツアーを利用するデメリット

  • 自力で現地交通手段で行くより割高になる
  • 自分のペースで回れないことがある
  • 英語がメインの現地ツアーが多い

バンコク旅行でツアーを利用する一番のメリットは、移動が楽だということ!

地図上では近く見えても実際はかなり距離があったりしますし、5分歩いただけで汗だくになるような国なので、冷房付きの車で往復できるのは大きな魅力。

旅の記念の写真撮影を心置きなくお願いできるのも、嬉しいポイント。

今回紹介するほとんどのスポットは自力で行くことが可能ですが、三大寺院巡りとアユタヤ観光だけはツアーを利用することをおすすめします

おすすめ三大寺院見学ツアー

【午前/午後を選べる】バンコク三大寺院+王宮見学ツアー

朝7時前後に指定された場所(BTSアソーク駅など)を出発後、三大寺院と王宮を巡り13時ころ戻ってくるツアー

※午後からのツアーは12時ころ集合で17時ころに解散

2人から申し込み可能で、日本語ガイド対応しています

空きがあれば、現地に着いてから前日でも申し込み可能

涼しいのは午前中のツアーですが、午後からのツアーの方が時間的には無理がないかも

≫≫バンコク三大寺院+王宮見学ツアー(午前)

≫≫バンコク三大寺院+王宮見学ツアー(午後)

おすすめディナークルーズ

王宮や三大寺院の夜景も楽しめる、バンコク・チャオプラヤー川ディナークルーズ

本場のタイ料理と伝統舞踊も楽しめるので、間違いなく一生の記念になることでしょう

≫≫伝統タイ料理のコース料理と夜景を堪能〜<ロイ・ナバ・ディナークルーズ>

バンコク観光スポットおすすめ「マハナコン・スカイウォーク」

キングパワー・マハナコーンビル

現在バンコクで最も高い展望台はマハナコン・スカイウォーク

マハナコンタワー屋外展望台

一番高い部分はなんと地上314メートル。

マハナコンタワーのスカイウオーク

特に78階にあるスカイウオークは床がガラス張りなので、文字通り360度広がる素晴らしい景色を楽しむことが可能。

ちなみに、23階〜73階部分にあるリッツカールトンレジデンスにはあの与沢翼さんが住んでいるということで有名です。

マハナコン・スカイウォーク展望台(バンコクおすすめスポット)の料金

190億バーツ(約665億円)かけて作っただけあって入場料もちょっと高額でして、登るだけで3000円以上します!

なので、楽天グループのチケット販売サイトVoyagin(ボヤージン)で販売されている日本人限定20%オフチケットを購入して、少しでもお得に登るのがおすすめ

当日でもネット環境があれば購入可能ですし、Eチケットの印刷も不要です。

※当日分のチケット購入は18時まで

印刷不要/当日OK/日本語で購入可能

マハナコン・スカイウォーク割引チケット

楽天グループのチケット予約サイトなので安心

▼参考記事はこちら

マハナコン・スカイウォーク展望台
マハナコン・スカイウォーク展望台徹底ガイド!割引チケットの購入法やおすすめスポット&注意点

続きを見る

ちなみに、少し前までバンコクで最も高いタワーだったのがバイヨークタワーⅡ

高さ第1位の座は明け渡しましたがこちらのタワーもおすすめで、価格も非常にお手頃(約1500円)

BTSチットロムやサイアム周辺からなら徒歩でもアクセス可能ですし、近くには日本からバイヤーが品物を仕入れに来るプラトゥーナム市場があるので、買い物がてら立ち寄ってみるのも良いでしょう。

➤➤➤バイヨークスカイタワー展望台入場割引チケット(83階ルーフトップバーワンドリンク付き)

➤➤➤バイヨーク・スカイ・ホテル ビュッフェ割引予約 <ランチ/ディナーから選択可>

▼参考記事はこちら

チットロム・サイアム・プラトゥーナムエリアのおすすめショッピングスポットやホテルを徹底解説

続きを見る

バイヨークスカイホテル
バンコク旅行最終日にバイヨークスカイホテルに宿泊することをすすめる7つの理由

続きを見る

バンコク観光スポットおすすめ「サファリワールド」

サファリワールドバンコクのライオン

サファリワールドバンコク

営業時間 9:00~17:00

サファリワールドバンコク公式サイト(非常に見にくい)はこちら

バンコク郊外にあるサファリワールドバンコクは、多少無理してでも絶対に行くことをおすすめします。

車で園内を回るサファリパークと、動物のショーが楽しめるマリンパークに分かれていますが、大人も子供も本気で興奮するような仕掛けがいっぱい。

特にキリンのエサやりは、人生で一度は体験すべきアトラクションと言えるでしょう。

≫≫60% OFF サファリワールド・バンコク+マリンパーク 割引Eチケット

▼参考記事はこちら

サファリワールドバンコク徹底ガイド!お得な割引チケットの買い方やおすすめショー&まわり方を紹介

続きを見る

バンコク観光スポットおすすめ「シーライフオーシャンワールド」

Sea Life Bangkok Ocean World

シーライフバンコクオーシャンワールド公式サイト(英語)はこちら

営業時間 10:00〜21:00(年中無休)

バンコクのど真ん中、高級ショッピングモール「サイアムパラゴン」の地下にあるのが、東南アジア最大級の水族館シーライフバンコクオーシャンワールド

サイアムパラゴンで買い物するついでに立ち寄るのもいいですが、個人的にはこの水族館目当てで来るのもありだと思っています。

日本の水族館では絶対に見られないような仕掛けも見ることができ、バンコク旅行のいい思い出にきっとなることでしょう。

≫≫30% OFF シーライフ(サイアム・オーシャンワールド) 割引チケット バンコク水族館

▼参考記事はこちら

シーライフバンコクオーシャンワールド
バンコクおすすめ水族館シーライフバンコクオーシャンワールドのお得なチケットの買い方&見どころ・注意点を紹介

続きを見る

バンコク観光スポットおすすめ「タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)」

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)

タラートロットファイ・ラチャダー

Ratchadaphisek Rd. Dindaeng, Bangkok

MRTタイカルチャーセンター駅から徒歩3分

営業時間 17時~24時頃

※現在は定休日なしで毎日営業中

タラートロットファイ・ラチャダー公式サイト(Facebook)はこちら

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)夜景

スクンビットエリアから地下鉄で気軽に行ける最高にフォトジェニックなスポットと言えば、タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)

もちろん市場で買い物や食べ歩きをするのもいいのですが、多くの人がここを訪れる主な目的は宝石箱の様にキラキラと輝く夜景撮影

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)があるのは、MRT(地下鉄)スクンピッド駅から北に3駅しか離れていないタイカルチャーセンター駅。

アソークからだと約30分で到着するので、かなり気軽に楽しめる観光スポットと言えるでしょう。

▼タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)の行き方やおすすめ撮影場所・時間はこちら

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)
タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)徹底ガイド!おすすめの撮影スポットや時間帯&注意点

続きを見る

エスプラネード外観画像

タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)の撮影はエスプラネードというショッピングモールの4階駐車場から行なうのですが、同じフロアには同じくフォトジェニックな写真が撮影可能なアートインパラダイスバンコクがあります。

アートインパラダイスバンコク

アートインパラダイスバンコク

アイデア次第でSNS映えする写真がたくさん撮れるおすすめスポットなので、タラートロットファイ・ラチャダー(鉄道市場)と合わせて観光すると良いでしょう。

入館料は400バーツですが、前日までに申し込めば割引料金で入場可能ですよ

詳しくはコチラ

▼参考記事はこちら

アートインパラダイスバンコク徹底ガイド!行き方や注意点&お得なチケットの買い方を詳しく紹介

続きを見る

ちなみに、もし午後から夜にかけてフリーな日がある方は、【バンコク午後発】タイのフォトジェニックスポット半日ツアー<日本語ガイド>を申し込むのもおすすめ

ピンクのガネーシャで有名なワット・サマーン、エメラルド色の仏塔があるワットパクナム、タラートロットファイ・ラチャダーの3か所を専用車で回るツアー。

個人でこの3か所を半日で回るのはまず不可能なので、バンコク旅行の記念にフォトジェニックな写真を思いっきり撮影したい方は早めに申し込みましょう

詳しくはコチラ

バンコク観光スポットおすすめ「サイアムパークシティ」

サイアムパークシティのジェットコースター

サイアムパークシティ

10:00~18:00(最終入園17:00)

サイアムパークシティ公式サイト(英語)はこちら

バンコク郊外にあるタイ最大級の複合テーマパークと言えばサイアムパークシティ

遊園地と巨大プールが組み合わさった施設でして、絶叫系が大好きという方に特におすすめ。

サイアムパークシティのBoomerang

特にウオータースライダーはスピード感が半端ないので、覚悟してから乗ることをおすすめします。

≫≫33% OFF サイアムパークシティ バンコク 割引Eチケット

▼参考記事はこちら

サイアムパークシティに行く前に知っておくと良いこと&お得に入場できる方法を紹介

続きを見る

バンコク観光おすすめ「格安タイマッサージ店巡り」

アソーク駅周辺のおすすめマッサージ店MAP

バンコク旅行の楽しみの一つがマッサージという方はきっと多いはず。

日本だと1時間6000円が相場ですが、タイだと1時間200~400バーツ(約650円~1300円)で至福のひと時を味わえます。

アソークのヘルスランド外観

特におすすめなのはアソークにあるヘルスランドで、2時間600バーツ(1時間だと450バーツなので2時間がおすすめ)で、日本の高級マッサージ店並みの接客が受けられます。

ヘルスランド(アソーク)の店内

夫婦やカップルで行くと個室を用意してくれるのも嬉しいポイント。

※一緒に着替える必要が出てくるので、支障がある時は部屋を分けてくれるようはっきり伝えましょう

またスクンピットソイ23には、1時間100バーツ(約350円)という超格安マッサージ店が密集しています。

Sittara Massage店内画像

店内環境はヘルスランドと比べるとかなりランクが落ちますが、腕のいいマッサージ師さんが意外とたくさんいます。

はしごしても格安なので、毎日2~3時間タイマッサージを受けるという贅沢をするのも、バンコク旅行の醍醐味と言えるでしょう。

バンコクBTSアソーク駅周辺の格安&コスパが良いタイマッサージ店を紹介

続きを見る

バンコク観光スポットおすすめ「古都アユタヤ」

アユタヤのワット・プラシーサンペット

バンコクから約80キロほど北に行ったところにある古都アユタヤ

アユタヤの遺跡はユネスコ世界文化遺産に登録されていて、タイのいにしえの文化を感じられるおすすめ観光スポット。

象に乗って遺跡巡りができることでも有名でなので、旅行中に丸一日空いたときは積極的に足を伸ばしてみましょう。

モーチットにあるバンコク北バスターミナルからバスが1時間に数本出ているので、アクセスはバンコク郊外にあるとはいえ比較的容易。

ですがタイ語や英語が堪能でない方は、送迎や日本語ガイドがセットになった現地ツアーを利用する方が賢いでしょう

おすすめアユタヤツアー

アユタヤ遺跡を巡る象

ダムヌンサドアク水上マーケット + アユタヤ遺跡観光 + メークロン線路市場観光

一日がかりになりますが、圧倒的に充実した内容のツアー。

はっきり言って、個人でこのツアーを一日で再現するのはまず不可能

朝早いのだけがデメリットですが、その分人気観光スポットを一気に回ることができ、充実した一日を間違いなく過ごせるでしょう。

ちなみに、バンコクの現地ツアーで一番人気で、口コミ評判もいいのがこのツアーです(口コミ参照)

≫≫ダムヌンサドアク水上マーケット + アユタヤ遺跡観光 + メークロン線路市場観光

早起きが苦手だとという方には、午後からスタートの半日アユタヤツアーがおすすめ

2名以上から申し込むことができ、日本語ガイドやゾウ乗り体験ももちろん含まれています。

出発が13時半、バンコク市内に戻ってくるのも19時ころなので、スケジュール的に無理がないツアー。

≫≫気軽に午後からのアユタヤ半日観光!人気の象乗り体験付き

ちなみに、三大寺院や王宮とアユタヤ遺跡をセットで見学できるツアーもあります

こちらのツアーも朝は少し早いですが、バンコク市内の名所を一気に回ることができるので、日程がタイトな方におすすめ。

≫≫バンコク市内観光(三大寺院・王宮) + アユタヤ観光/ゾウ乗り付き

夜のアユタヤ遺跡

ライトアップされた世界遺産アユタヤには、幻想的な空間が広がります。

昼食と夕食がセットになっていて、昼と夜の二回アユタヤ遺跡を見ることができる下記のツアーも超おすすめ

出発が朝6時台、BTSチットロム駅近くのプレジデントタワー前に戻ってくるのが21時半ころになります。

≫≫夜のアユタヤ歴史公園&ダムヌンサドゥアック水上マーケット1日ツアー

バンコク観光スポットおすすめ番外編「雨が降ったらサイアムへ」

タイには雨季と乾季があり、特に雨季の旅行の場合は突然のスコールに見舞われることも。

天気予報や雲行きを見て今日は雨が降りそうだなと思ったら、あえて屋内にあるスポットを回るのもおすすめ

屋内にあるスポットで半日から一日程度観光したいと思った時は、BTSサイアム駅に行きましょう!

BTSサイアム駅に直結しているサイアムパラゴンには先ほど紹介した水族館シーライフオーシャンワールドがありますし、お子さんがいる方には5階にあるキッザニアバンコクもおすすめ。

▼参考記事はこちら

キッザニアバンコク徹底ガイド!お得なチケットの買い方や最初は迷う行き方をどこよりも詳しく紹介

続きを見る

サイアムパラゴンの近くにあるサイアムディスカバリーには、マダムタッソーバンコクもあります。

面白い写真が一杯撮れる超おすすめスポットで、水族館とセットでチケットを事前購入するとかなりお得に入場可能。

≫≫40% OFF マダムタッソー・バンコク 割引チケット

▼参考記事はこちら

マダムタッソーバンコク
バンコクおすすめ撮影スポット!マダムタッソーの楽しみ方やお得な入場方法を紹介

続きを見る

LINE Village Bangkok

BTSサイアム駅直結のSiam Square OneのG階(地上階)にあるLINE VILLAGE BANGKOK(LINEビレッジ)も、SNS映えする写真が撮りたい方にはかなりおすすめのスポット。

世界初のLINEテーマパークで、ここでしか撮れない写真を撮影可能。

LINEビレッジバンコク

LINE Village Bangkok

普段からなじめのあるLINEキャラクターたちが、等身大になって出迎えてくれます。

BOSS´S OFFICE

JAME´S SECRET HOUSE

料金が少し高いのがネックですが、その分お客さんが少ないのでゆっくり楽しむことが可能。

楽天グループのチケット代理店voyajinで割引チケットを購入してから行けば、ちょっとだけお得に入場可能です

LINEビレッジバンコクの割引チケット

▼参考記事はこちら

LINEビレッジバンコク
LINEビレッジバンコク(サイアム駅直結)のおすすめ撮影スポットやお得に入場できる方法を詳しく紹介

続きを見る

他にもサイアム駅周辺には見どころがいっぱいありますし、美味しいお店もいっぱい。

美味しいフードコートもたくさんあるので、タイ語が分からなくても指差しでいろいろ注文可能。

▼参考記事はこちら

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

あまり遠くに行きたくない、暑いから(雨だから)屋内で過ごしたいという方は、とりあえずBTSサイアム駅に向かってみると良いでしょう。

バンコク観光スポットおすすめまとめ

バンコク旅行で絶対に行きたいおすすめ観光スポット&楽しみ方を紹介しました。

見どころがいっぱいあるので、1回の旅行でできれば3泊以上するのが理想

おすすめの宿泊エリアは、圧倒的に便利&移動しなくても見どころがたくさんあるスクンピット!

特にBTS駅直結のホテルを選ぶことにより、体力の消耗をかなり抑えることができるでしょう。

※我が家はアラフォーで若くないので、駅からの距離感を重視してホテルを取るようにしています。以下の記事でおすすめしているホテルなら間違いないでしょう

【初めてのバンコク旅行&女子旅にもおすすめ】実際に泊まってみてよかったバンコクおすすめホテル5選&人気滞在エリア

続きを見る

ちなみに、バンコク市内の観光スポットを効率よく回りたい場合、レンタカーという選択肢もあり

バンコク市内の運転はちょっとだけ複雑なので最初戸惑うと思いますが、ナビを使えば目的地にたどり着けるはず。

※ナビよりも自分の直感を信じるとたいてい失敗するので要注意

イージーレンタカートップ画面

海外でレンタカーを利用したい方は、完全日本語対応のイージーレンタカーで探しましょう

イージーレンタカーの特徴

  • 完全に日本語対応のサイトで検索可能
  • 24時間対応の日本語カスタマサービス
  • ピックアップ前に無料キャンセール可能
  • いつも格安&クレジットカード手数料無料

イージーレンタカー検索画面

タイやマレーシアなど東南アジアで車を借りる場合、日本では考えられない格安価格でレンタル可能。

※時期によって値段の変動があります

イージーレンタカーはキャンセル料無料ですし、お得なクーポンも併用すれば圧倒的に格安価格でレンタル可能。

レンタカーがあると行動範囲が圧倒的に広がるので、運転に自信のある方は検討する価値があるでしょう。

おすすめ格安レンタカー予約はEasyRentCars

おすすめこちらのリンクから新規登録すると30ドル分のクーポンプレゼント中!

注意

  • 外国での運転には日本の免許証以外に国際免許証も必要になります
  • レンタカー会社の多くが年齢制限(25~65歳)を設けているので、25歳未満の場合追加料金が発生します
  • ガソリン満タン返しが基本なので、ガソリンの種類を事前にしっかり確認しましょう

利用可能な地域

【タイ】バンコク・チェンマイ・プーケット・クラビ・サムイ島・ホアヒン

【マレーシア】クアラルンプール・ペナン・コタキナバル・ランカウイ・ジョホールバル・コタ・バル

詳しくはコチラ

 

▼タイに一冊持って行くなら「指差しタイ語」がおすすめ!我が家もこの本に数え切れないほど助けられました

空港送迎サービス

ドンムアン空港のタクシー乗り場

タクシーに日本と同じ感覚で乗るのは危険(特に黄色と緑のツートン)

空港からバンコク市内のホテルへの移動は、日本語で事前予約できる空港送迎サービスがおすすめ!

  • 燃料代・高速代・チップすべて込みの定額制
  • 面倒な値段交渉しなくて良いのが嬉しい
  • 円をバーツに両替していなくても大丈夫
  • 初めてのタイという方に絶対おすすめ(安心感が半端じゃありません)

制限エリアから外に出た「ミートエリア」で、ドライバーさんが「ネームボード」を持って待機

あとはドライバーさんについて行くだけでホテルに到着するので、異国の移動に伴う精神的負担がほぼ皆無です

面倒な値段交渉やタクシー待ちの列に並ぶ必要がないのも嬉しいポイントで、特に女性一人旅の方におすすめですよ

※深夜のタクシー(特に黄色と緑のツートン)に女性一人で乗るのは絶対やめたほうが良いです

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】ドンムアン空港の送迎サービスを楽天トラベル観光体験でチェック

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】スワンナプーム空港の送迎サービスを楽天トラベル観光体験でチェック

➤➤➤【圧倒的な口コミ高評価】空港(スワンナプーム/ドンムアン)~バンコク市内の送迎サービスをKKdayでチェック

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

【初めてのバンコク旅行&女子旅にもおすすめ】実際に泊まってみてよかったバンコクおすすめホテル5選&人気滞在エリア

続きを見る

バンコクおすすめホテル5選

初めてのバンコクという方は迷わず「スクンビット」か「サイアム・プラトゥーナム」エリアに宿泊しましょう

※特におすすめはBTSアソーク・プロンポン・トンロー駅の徒歩5分圏内

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方厳選まとめ

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方7選

続きを見る

マハナコン・スカイウォーク展望台徹底ガイド!割引チケットの購入法やおすすめスポット&注意点

マハナコン・スカイウォーク展望台
マハナコン・スカイウォーク展望台徹底ガイド!割引チケットの購入法やおすすめスポット&注意点

続きを見る

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジまとめ

【最新】ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジを全部紹介

続きを見る

海外行くならahamoがおすすめ

ahamoを海外で使用

「データローミング」をオンにするだけで海外でも使用可能(手続きや追加料金無し)

我が家は「タイ」と「北海道」を行き来する生活を送っているため、スマホはドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」を利用しています

  • 基本料金2970円(税込)
  • データ容量は20GB
  • ドコモの高速回線使っているので安定しています
  • 何度でも国内5分無料通話付き
  • 海外82の国々・地域でも手続き無しで使えます
  • もちろん追加料金もなし
  • 海外でも日本の番号に届いたSMSを受信可能
  • オンラインで24時間サクッと契約可能

➤➤➤【最新iPhoneに機種変も可能】ahamo(アハモ)の詳細はこちら

海外でアハモを使用

タイでは3G通信でしたが特に不具合はなし

ahamoを海外で使用する方法は簡単で、「設定」にある「データローミング」をオンにするだけ

※追加料金は発生しません

※海外では電話を受ける場合は着信料が発生するので要注意(結構かかってきます)

長期間(15日以上)海外で利用する場合は通信速度が最大128kbpsに制限されますが、それまでは容量(20GB)がなくなるまで高速通信を利用可能!

2週間以内の海外旅行なら何の問題もないので、今後海外に行く方は要チェックですよ!

※個人的には日本で使うメイン回線としても一番オススメです

➤➤➤【最新iPhoneに機種変も可能】ahamo(アハモ)の詳細はこちら

▼お申し込みはこちらから

ahamo新規・MNP

バンコクを満喫しよう!

マハナコンタワーのスカイウオーク

マハナコンスカイウォーク展望台は要チェック

バンコクで楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティや現地ツアーを申し込むのがおすすめ!

いま注目のバンコクアクティビティ

実際に我が家も何度か利用していますが、日本語サイトで事前に予約できるのが嬉しいポイント!

現地で直接払うよりお得な場合が多いので、まずは人気のアクティビティをチェックしてみましょう。

※個人的におすすめなのはLet's Relax Spa のマッサージマハナコーンスカイウォークチケット

➤➤➤【日本語で予約可能】KKdayのタイ人気アクティビティ ランキングをチェック

➤➤➤【楽天ポイントが貯まる&使える】バンコクの人気アクティビティを楽天トラベル観光体験でチェック

タイ旅行におすすめのレンタルWiFi

タイ旅行でレンタルWiFiを使うカップル

飛行機を降りてすぐインターネットがつながると、旅の快適度が控えめに言っても倍増します

Googleマップや翻訳アプリを使えるというだけでも、タクシーの中での安心感が全く違うはず!

※SNSのリアル更新もできますよ

タイに行くなら要チェックのポケットWiFi
タイデータ(一番オススメ) グローバルWiFi jetfi(ジェットファイ)
高速4G通信(使い放題) 高速4G通信(使い放題) 高速4G通信(使い放題)
590円/1日 2070円/1日  1580円/1日
詳細はこちら 詳細はこちら  詳細はこちら

タイ旅行におすすめのレンタルWiFi

タイデータ→圧倒的なコスパの良さ&顧客満足度99.8%

グローバルWiFi→海外用WiFiレンタル5年連続No.1

jetfi(ジェットファイ)→お得なキャンペーン実施中(最大47%オフ)

我が家もいろいろ使ってみましたが、いま借りるならおすすめなのは間違いなくタイデータ

  • 1日590円(他社と比較してもダントツで最安値)
  • なのに高速4G通信をデータ容量無制限で使用可能
  • 昨年度の顧客満足度は驚異の99.8%

タイ通信最大手 TRUE の4G回線を使っているため、ストレスを感じずにネットサーフィンや動画を楽しめるのが嬉しいポイント!

※一部エリアでは3G回線になります

自宅で受け取り郵便ポストに返却&往復の送料(1100円)が無料になるキャンペーン中なのも嬉しいポイントです

➤➤➤【顧客満足度99.8%】タイデータの詳細や料金・見積もりはこちら

▼参考記事はこちら

アマゾンで買える格安ツーリストSIM

アマゾンで買ったタイ旅行用のSIM

日本にいる間にアマゾンで買うのもおすすめ

SIMフリーのスマホをお持ちの方は、ツーリストSIMカードを事前にアマゾンで購入するのもおすすめ!

※タイの空港でも買えますが、アマゾンの方が安いです

自分でSIMカードを入れ替える必要がありますが、ほとんどの方は特別な設定をしなくてもすぐに使えるようになるはず(なので飛行機の中で入れ替えましょう)

我が家は今回AIS(タイの大手通信会社)のSIMカード2枚セット(8日間/15GB)を購入

価格が日本では考えられないほど安いので、スマホしか使わない方はレンタルWiFiよりこちらのほうがおすすめかなと思いました

※8日間/15GB使えるSIMカードが2枚セットで1300円弱でした

➤➤➤【Amazon】我が家が買ったSIMカードはこちら(売り切れていたらごめんなさい)

➤➤➤【Amazon】タイで使用可能な格安SIMカードをチェック

【保存推奨】年間180日以上滞在する私が選んだ日本人の口に合うおすすめタイ料理まとめ

日本人向けのタイ料理人気おすすめ「タイカレー」
【保存推奨】年間180日以上滞在する私が選んだ日本人に人気おすすめのタイ料理11選

続きを見る

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

初めてのバンコク旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

初めてのチェンマイ旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

チェンマイ観光モデルプラン
初めてのチェンマイ旅行(3泊5日)にもおすすめ!無理なく凝縮させた観光モデルプランを在住者が提案

続きを見る

-スポット(バンコク)