タイ バンコク

「ピンクのカオマンガイ」VS「緑のカオマンガイ」 バンコク2大カオマンガイを食べ比べてみて分かったこと

投稿日:2018-02-04 更新日:

バンコク・プラトゥーナムエリアで最も有名な飲食店といえば、おそらくピンクのカオマンガイ

バンコクで一番おいしいカオマンガイ店として有名で、BTS駅から15分以上歩かなければいけないのに毎日大勢の人が行列を作ります。

さらにその少し横には緑のカオマンガイという、いかにもピンクを意識したようなお店もありこちらも大人気

2軒ははしごして行ける距離にあるので、カオマンガイ好きの方はこの2店を食べ比べてみるとよいかもしれません。

ホテルや航空券に合わせて選べる

バンコク人気アクティビティ【1~20位】

現地からでも空きがあれば前日ネット予約可能

緑のカオマンガイ(バンコク)の行き方や営業時間

最寄りのBTS駅はチットロムで、そこからラチャダムリ通りを北へ進みます(徒歩約15分)

セントラルワールド方面から行く場合、ピンクのカオマンガイより手前にあるのが緑のカオマンガイ

正式名称はクワンヘーンガイドーンプラトゥーナム(Kuang Heng Pratunam Chicken Rice)

申し訳ありませんが、めんどくさいので緑のカオマンガイと呼ばせていただきます。

店内はそれほど広くないため行列ができていることも。

特にピンクのカオマンガイが昼休みの14:00~17:00までは、ピンク目あての客がこちらに流れてくるのでかなりの確率で待つことになります。

ちなみに緑のカオマンガイは24時間営業です

緑のカオマンガイ(バンコク)を食べてみた

緑のカオマンガイ画像

こちらが、湯で鳥カオマンガイ50バーツ

素直な感想を言うと普通のカオマンガイ。

美味しくないとは言いませんが、おいしいとも言えないレベル。

揚げ鶏とのミックスカオマンガイ(60バーツ)もあったので頼んでみましたが、こちらも普通。

緑のカオマンガイで2種類食べ比べ

初めてカオマンガイを食べた人は、緑のカオマンガイでもきっと美味しく感じるはず。

ですがカオマンガイを食べ慣れている人だと、おそらく拍子抜けしてしまうはず。

このレベルのカオマンガイ屋さんはたくさんあるので、わざわざ歩いてここまでくることはないかなというのが正直な感想です

※あくまで個人の意見です

ピンクのカオマンガイ(バンコク)の行き方や営業時間

ピンクのカオマンガイ外観画像

緑のカオマンガイから奥に数分歩くと見えてくるのが、ピンクのカオマンガイ。

最寄りのBTS駅はチットロムで、そこからラチャダムリ通りを北へ進みます(徒歩約16分)

正式名称はガイトーンプラトゥーナムですが、こちらもめんどくさいので、ピンクのカオマンガイと呼ばせていただきます。

タクシーで行く場合(もしかしたら徒歩の方が早いかもしれませんが)は、ピンクのカオマンガイと言っても絶対通じないので、「ラーンガイトーンプラトゥーナム」と言いましょう

日本人がバンコクでタクシーに乗る前に絶対に覚えておいてほしい6つのこと

続きを見る

ピンクのカオマンガイの営業時間案内

昼の部の営業が6:00~14:00、夜の部は17:00~26:00までで、緑のカオマンガイとは違い24時間ではないので要注意

意外と時間がきっちりしていて、どんなに行列ができていても17時にならないと夜の部はスタートしません。

なお昼の部の営業に行く場合、14時ギリギリだと売り切れている可能性が高いので、遅くとも13時までには行くようにしましょう!

私の経験上、午前9時~11時の間ならほぼ並ばずに入れます

ピンクのカオマンガイに並ぶ行列

この日は17時をめがけていきましたが、夜の部開店(17時)の時点では店の前に大行列が

昔は席が空いたら座ったもの勝ちみたいな無法地帯でしたが、最近は定員さんが並ぶように指示してくれるので、平気で割り込んでくる某大陸の方に腹が立つことも少なくなりました。

ピンクのカオマンガイのメニュー

ピンクのカオマンガイのメニュー

ピンクのカオマンガイのメニューはこんな感じ。

ピンクのカオマンガイメニューには、揚げ鶏カオマンガイはなく、茹で鶏カオマンガイ(40バーツ)のみで勝負しているお店

大盛りにすると60バーツですが、女性でも余裕で食べきれるはず。

鶏肉だけの注文も可能(普通60バーツ/大盛り120バーツ)

鶏の内臓もメニューにあるので(普通60バーツ/大盛り120バーツ)、カオマンガイと合わせて注文すると2種類の食感を味わえるのでおすすめ。

これだけの人気店ながら、カオマンガイが40バーツ(約135円)、大盛りでも60バーツ(約200円)というローカル価格を維持しているのが、ピンクのカオマンガイが大人気な理由の一つと言えるでしょう。

ピンクのカオマンガイはバンコクで一番おすすめ

こちらがカオマンガイ40バーツですが、見た目が緑のカオマンガイとは全然違います。

美味しいカオマンガイ店に共通しているのですが、鶏肉のジューシーさが半端じゃありません。

ナムチム(タレ)は濃いめの味噌ベースで、1960年の創業以来変わらないレシピで作られているとのこと

控えめに言っても、このタレだけで私はご飯をお代わりできます。

※10バーツでご飯お代わり可能

緑のカオマンガイを食べた後だったので大盛りにしなかったのですが、激しく後悔。

今まで数えきれないカオマンガイを食べてきましたが、ピンクのカオマンガイに多くの人が行列を作る理由がよく分かりました。

このカオマンガイなら、多少歩いてでも食べにくる価値が間違いなくあるはず。

店内が意外と広く、店員さんもたくさんいる(というか余っている)ので、多少並んでいてもすぐに順番が来ます。

どんなに並んでも、30分以上待つことはほぼないでしょう。

ちなみに持ち帰り希望の時は、行列に並ばないでお店の右側にあるテイクアウト専用コーナーで注文しましょう。

ピンクのカオマンガイはバンコク市内に数店舗展開

ピンクのカオマンガイはバンコク市内に店舗を複数展開中

バンコク市内の2店舗目が2017年にChokchai4にオープン。

※グーグルマップを見ると分かりますが、ピンクを前面に出した外観が特徴ですぐに分かるはず。

店内も本店よりきれいだと評判になっています。

ビッグCラチャダムリの隣に2019年にオープンしたThe Market Bangkokの中にも、ピンクのカオマンガイの3店舗目がオープン。

少しだけお値段は高くなりますが、清潔な店内でないと無理という方は、The Market内の店舗を利用すると良いでしょう。

注意

ガイトーン プラトゥーナムは日本にも店舗展開していましたが、現在は撤退しています。

今現在も東京や大阪にピンクのカオマンガイをモチーフにした店舗がありますが、正式な系列店ではないそうです

ピンクのカオマンガイはセントラルエンパシーのフードコートでも食べられます

もちろん可能なら、ピンクのカオマンガイ本店で食べるのが絶対おすすめ。

ですが、実はBTSチットロムやプルンチットと直結しているセントラルエンパシーの地下フードコート「イータイ」でも、同じカオマンガイを食べることが可能。

料金は本店の2倍以上しますが(それでも日本円だと400円以下)、涼しく清潔なフードコートで食べたいという方にはこちらもおすすめ。

セントラルエンパシーの大人気の地下フードコート「イータイ」の詳細は以下の記事をご覧ください

バンコク「セントラルエンバシー」のおすすめや高級フードコートを徹底解説

続きを見る

バンコクおすすめカオマンガイまとめ

バンコク・プラトゥーナム地区の有名カオマンガイ店2軒ですが、味の差は正直歴然としています。

どちらか1軒食べるなら、少し歩きますがピンクのカオマンガイが絶対おすすめ

ただ緑のカオマンガイも、有名店かつ大人気店なことは間違いありません。

私の舌がおかしいのかもしれないので、余裕のある方は是非2軒を食べ比べてみることをおすすめします。

ホテルや航空券に合わせて選べる

バンコク人気アクティビティ【1~20位】

現地からでも空きがあれば前日ネット予約可能

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店8選

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店8選

続きを見る

バンコク人気スポット「サイアムパラゴン」に行く前に知っておくと良いこと10選

サイアムパラゴンに行く前に知っておくと良い10のこと

続きを見る

チットロム・サイアム・プラトゥーナムエリアのおすすめショッピングスポットやホテルを徹底解説

チットロム・サイアム・プラトゥーナムエリアのおすすめショッピングスポットやホテルを徹底解説

続きを見る

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方厳選まとめ

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方7選

続きを見る

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

続きを見る

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

バンコクBTSアソーク駅周辺の格安&コスパが良いタイマッサージ店を紹介

バンコクBTSアソーク駅周辺の格安&コスパが良いタイマッサージ店を紹介

続きを見る

バンコクおすすめイタリアン「ペッピーナ(Peppina)」の人気メニュー5選&予約方法

バンコクおすすめイタリアン「ペッピーナ(Peppina)」の人気メニュー5選&予約方法

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, バンコク
-

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.