北海道のおすすめ情報はジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー  モノやサービスを使ってみたリアルな感想はジョニコミで紹介

タイ情報 知って得するタイ情報 海外旅行知恵袋

【Amazon海外発送体験記】あまりにも早く届いてびっくりするよ‼日本からタイへの気になる送料や関税、注意したほうがいい点についてまとめてみた

投稿日:




一昔前なら考えられないことですが、今は海外にいてもAmazonや楽天など日本のネット通販を利用でき、さらにそれを海外の自宅やホテルで受け取れる時代です。

もちろんタイに住んでいても、日本のサイトで買い物してタイの自宅に届けてもらうことが可能。

今回はAmazonで買ったものをタイに届けてもらう方法について徹底解説します。

まずはAmazon Globalから商品を探そう

今回は近々クラビに行く予定があるので、ラッシュガードを買うことにしました。

タイでも売っているのかもしれませんが、ラッシュガードの性能を考えたらやはり日本のサイトで本物を買おうかなという結論に…

Amazonのサイトに行き、「ラッシュガード」で検索すると、たくさんの商品が出てきます。

ここで海外発送を希望するときに気を付けなければいけないポイントが。

まず「絞り込み」という場所をクリックしましょう。

そうすると一番下に「海外発送」という項目があります。

「海外発送」をクリックすると「Amazon Grobal対象」を選べるようになります。

 

実は、Amazonの商品は、すべてが海外発送対象ではありません。

「Amazon Grobal対象」を選択して表示される商品だけが海外発送可能。

ラッシュガードに関して言えば、28,051個中2,109個が海外発送可能な商品ということになります。

かなり選択肢が狭まりますがそれでも数千件の候補の中から選べるので、気に入る商品がきっと見つかることでしょう。

住所を入力しポチッとしよう

買いたい商品が決まったら、あとは日本で買い物するのと基本的に同じです。

住所は英語入力で問題ありません。

日本とは書く順番がかなり変わるので、Googleマップやホテルのカードなどを見ながら書きましょう。

ワンポイントアドバイスとしては、タイの住所だと最初に 36/74 みたいな感じの日本でいう枝番のようなものを書くと思いますが、その前の部分にホテル名とかコンドミニアムの名前を書いてあげると良いでしょう。

また電話番号も、タイの電話番号を書くことをおすすめします。

クレジットカードで支払いを済ませれば、後はタイの自宅で待っているだけです。

配送中の様子が分かります

Amazonのすごいところは、自分が買った商品が今どこにあるかがリアルタイムでチェックできるところ。

例えば今回の私の場合4月9日にポチッとしたのですが、

4月10日に配送センターを出発。

 

こんな感じで「今まだ日本にある」とか「タイに到着した」といった情報を、リアルタイムで知ることができます。

自宅近くの営業所に届くと、恐らく注文時に記載した電話番号に今在宅中かどうか確認の電話がかかってくるはず

私はタイ語は少ししか話せませんが、英語と簡単なタイ語で十分に対応できました。

向こうもこちらが外国人だということを知っていて、簡単な単語しか使ってこないので心配しなくても大丈夫。

ただ分からない時は曖昧な返事をするのではなく、はっきりと「マイカオチャイ」(分かりませんというタイ語)と言ったほうが良いでしょう。

注文時の住所入力の時点で情報が不十分だと、電話で住んでいる場所を説明しなければいけません。

それで建物の名前など分かりうる細かい情報を、注文時に入力することをおすすめします。

ついに到着

今回の私の場合は4月12日に到着予定でしたが、1日前の11日13時過ぎに「今家にいるか?」という確認の電話が来ました。

「ドンニー ミーバーン(今家にいるよ)」と答えると、15時に行くといって電話が終了。

そして15時10分頃に「あと5分で着くよ」という再確認の電話が。

この辺、かなりしっかりしているなと思いました。

そして、ついに到着。

黄色いトラックが配送業者DHLのトラック。

パスポートで身元確認し運送屋さんのタブレット端末にサインして、無事商品受け取りました。

ちょっと箱はつぶれていますが中身は問題なし。

しっかりと中でも包装されているので、多少箱が濡れたとしても商品は無事届くことでしょう。

日数や送料は

今回の注文をまとめてみると…

注文日 4月9日

到着日 4月11日 (到着予定日は4月12日)

3日間で日本からタイに届いたことになります。

そして到着予定日よりも早く届いたということは、この到着予定日はかなり信頼できると言えるでしょう。

 

気になる送料ですが、配送料と関税+梱包料込みで1369円でした。

こちらのページにAmazonの海外発送の送料が載せられています。

荷物は1キロ未満だったので恐らく900円しか送料はかかっていないと思います。

私はAmazonプライム会員なので日本にいる時は送料がかからないのですが、海外で1000円以下の送料で荷物を受け取れるなら、これからもどんどん買い物をしたいなと思いました。

まとめ

日本で売っているものはタイでも買えるものが多いのですが、品質が落ちることがよくあります。

不安に思うような商品や何軒も探す手間を省きたい方は、是非Amazonの海外発送を利用してみることをおすすめします。

まだ利用したことがない方は商品が届かなかったらどうしようという不安があると思いますが、思った以上に荷物がしっかりと管理されていますし補償制度もあるので安心して注文して大丈夫。

今回の私の商品はほぼ関税がかかっていませんでしたが、商品によってはびっくりするくらい関税がかかることがあります。

例えば妻は6000円位のラッシュガードを買おうとしたのですが、関税が4000円もかかることが分かり泣く泣く諦めました。

海外発送を利用するときには送料だけではなく関税もしっかり確認し、お得な買い物を目指しましょう。

amazonのお得な買い物術

 
アマゾンで買い物する時は、Amazonギフト券にチャージ(入金)してから支払うのがおすすめ。

チャージする度に、チャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります

ギフト券の残高有効期限は安心の10年なので、まとめてチャージしても大丈夫。

アマゾンで買い物する時は、必ずギフト券で支払いをしましょう。

チャージするだけで最大2.5%のポイントゲット

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入

チャージは簡単!コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ情報, 知って得するタイ情報, 海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニタイ , 2018 All Rights Reserved.