タイ ドンムアン空港

プライオリティパスがなくても利用できるドンムアン空港ミラクルラウンジの場所やおすすめポイントを紹介

投稿日:2018-06-12 更新日:

バンコク・ドンムアン空港内には、5つのプライオリティパス対応ラウンジがあります

もちろん、プライオリティパスを持っていれば無料で利用することが可能。

ですが、私が確認した限り5つのうち4つは、プライオリティパスを持っていなくてもお金を払えば利用することができます。

今回はその中でも、国際線制限エリア内にあるミラクルラウンジを紹介します。

ドンムアン空港の国際線制限エリア内にはミラクルラウンジとコーラルラウンジという2つのラウンジがありますが、プライオリティパスがない方はミラクルラウンジ一択になるでしょう

ドンムアン空港国際線ミラクルラウンジ(国際線)の場所や料金

国際線の保安検査を通過したら左側に進み、上の写真にあるように1‐6ゲートへの誘導看板を目指します

徒歩30秒ほどで右側に見えてくる、タイのお土産に大人気のバッグ店NaRaYaの手前がミラクルラウンジ

24時間営業で、最長2時間まで利用可能

プライオリティパスを利用する場合、プライオリティカードと航空券の提示必要。

またドンムアン空港国際線ミラクルラウンジは600バーツ払うことにより、プライオリティパスがなくても利用することが可能

※2019年春にドンムアン空港ミラクルラウンジが全店値上げしているので、恐らく今現在は600バーツ以上すると思います。確認次第修正予定(2019.3)

600バーツが高いか安いかは人によって意見が分かれると思いますが、私はこの後紹介する様々なラウンジ利用メリットがあるので、全く高くないと思います。

ちなみに一人しかプライオリティパスを持っていない場合、プライオリティ会員以外は実費32ドル(約3600円)の料金が発生します。

それを考えても、600バーツ(約2000円)という料金は非常にリーズナブル。

言うまでもありませんが、一人しかプライオリティパスがない時は、同伴者の分は現金(バーツ)で払った方が間違いなくお得です

そしてドンムアン空港国際線のミラクルラウンジは、エアアジアの航空券を提示することによって10%引きになります

先日実際にやってみたところ、本当に540バーツで入場することができました。

このプロモーションは期間は決まっていなく、しばらく続く予定とのこと。

なのでエアアジアを利用される方は、忘れずに航空券を提示して10%引きにしてもらいましょう。

ドンムアン空港ミラクルラウンジ(ターミナル1)は食事メニューが充実

ドンムアン空港内には安いフードコートもありますが、どこも夜は早めに閉まってしまいます。

21時以降に空いているのはちょっとお高いお店ばかり。

特に制限エリアの中はどこの空港もそうですが基本的になんでも高いです。

参照【格安フードコート】ドンムアン空港で食事する時は第2ターミナルに移動すべき理由やおすすめフードコートまとめ

それで下手にどこかのお店で食事をするくらいなら、ミラクルラウンジで食事することを私はおすすめします

ある日のラウンジの食事メニュー。

タイ料理その他のメニューのブッフェスタイルになっています。

豪華ではありませんが、食事としては十分な温かい料理ばかり。

タイ料理もあるので、最後の食べ収めをここでするのも良いでしょう。

そして持ち運びにも適しているサンドイッチや焼き立てパンメニューも充実。

食事の出ないLCC便に乗り込むときは、カバンにいくつか入れておくのもいいかもしれません。

タイ人も大好きなお寿司やカニカマ、生野菜もあります。

カップケーキやスィーツもたくさん種類があり、全種類制覇はおそらく無理。

私たちはいつも深夜に出発する便に乗ることが多いので、あえて夕食を取らず21時頃ラウンジに入り、遅めの夕食をここで取ることにしています。

※写真は何日か分まとめて載せているので、毎日今回紹介したものがすべてあるわけではありません

プライオリティパスなら楽天プレミアムカード

今すぐ申し込む

我が家はラウンジ使うだけで年会費の元が取れてます

ドンムアン空港ミラクルラウンジ(国際線)はアルコールも飲み放題

ミラクルラウンジのもう一つの嬉しい特色が、アルコール飲み放題ということ

もちろんドンムアン空港国際線制限エリアにもう一つあるコーラルラウンジも、アルコールは飲み放題ですがオーダー制。

さらに国内線の方にあるコーラルラウンジは、アルコールは有料になります。

そんな中ミラクルラウンジは、国際線・国内線ともにアルコールが飲み放題

しかも自由に取ってこれるというのが、我が家的にはかなり嬉しいポイント

タイローカルビール3種は、もちろん揃っていますし

ワインやスパークリングワインも、キンキンに冷えています。

他にもウィスキーやブランデーなど、主なお酒はすべて揃っています。

もう一つ嬉しいのが、ペットボトルの水も飲み放題ということ

LCC便を利用する時には水を持ち込まれる方がほとんどだと思いますが、その水もここでもらうことができます。

コーラルラウンジと違い、缶ビールが置いてあるので、ラウンジを出た後に飲むようにもらうことも可能

※コーラルラウンジはグラスにビールやお酒が注がれるので、持ち出すことはできません

何回も注文したら店員さんから白い目で見られそうですが、自分で取ってくるスタイルなのでその辺を気にしなくていいのも、個人的には嬉しいポイントです。

ドンムアン空港国際線ミラクルラウンジは快適空間

ミラクルラウンジにはいろんな席があります。

作業に集中できるスペースもありますし、リラックスしくつろげるスペースも。

もちろん電源や無料WiFiも完備されていて、インターネットもかなり高速なので仕事もサクサクはかどるはず。

飛行機出発までに2時間以上ある場合、このようなラウンジを利用することにより時間を有効に使うことができますし、疲労度も全く変わってきます

ドンムアン空港国際線ミラクルラウンジは2か所

ミラクルラウンジでたくさん食べて飲んだ後に搭乗ゲートまで移動していると、妻がもう一軒ミラクルラウンジを発見

今までまさかもう一軒ミラクルラウンジがあるとは思っていなかったので、完全に盲点でした。

そしてこの2軒のミラクルラウンジは、ビックリするくらい近い距離にあります。

既存のミラクルラウンジに行くときと同じように1-6ゲートの方に歩いていくと、NaRaYaの手前にまずいつものミラクルラウンジが見えてくるので通過。

そして10秒くらい進むと、今度は左側に見えてくるのが新しいミラクルラウンジ

中に入る時間がなかったので、話だけいろいろ聞いた結果分かったことは以下の3つ

  • 2軒のミラクルラウンジは全く同じ
  • 食事や飲み物などのラインナップもまったく同じ
  • 以前からあるミラクルラウンジが今後なくなるわけではない

その後、今出てきたばかりのミラクルラウンジに戻りもう一度聞いてみましたが、同じことを言っていたので間違いなさそうです。

※追記 実際に入ってみました。内装は全く違う感じで、好みが分かれそうです。

新しい方のミラクルラウンジ(ドンムアンターミナル1国際線)に潜入!分かったこととは

続きを見る

プライオリティパスをゲットするなら楽天プレミアムカードがおすすめ

プライオリティパスが付帯されているカードは何種類もあります。

ここで簡単にプライオリティパスの説明を。

プライオリティパスとはプライオリティ社が行っているもので、空港ラウンジが無料または割引になるプログラム

年会費によってサービス内容が異なります。

年会費 1回のラウンジ利用料 同伴者
スタンダート会員 99ドル(10890円) 32$ 32$
スタンダートプラス会員 199ドル(21890円) 10回まで無料

(それ以降は32$)

32$
プレステージ会員 399ドル(43890円) 無料 32$

(1$=110円で計算)

このようにプライオリティパス付帯といってもランクがいろいろあり、スタンダート会員だとプライオリティパスラウンジを利用できるとはいえ、使う度に32ドルの使用料がかかります。

それでどうぜプライオリティパスを持つなら、気兼ねなく何度も利用できるプレステージ会員が絶対におすすめ

現在プライオリティパス付帯カードの中で、一番リーズナブルかつ使い勝手がよくコスパ最高なクレジットカードは、間違いなく楽天プレミアムカード

年会費は10,800円ですが、通常4万円以上するプライオリティパスのプレステージ会員が、なんとこの料金でついてきます。

海外旅行保険も、自動付帯かつ疾病治療費が300万円まで保障という安心の充実度。

空港からの手荷物宅配が、年2回まで無料になるサービスもあります。

海外旅行によく行かれる方は特に、楽天プレミアムカードを持っておいて絶対に損はないでしょう

海外に年2回以上行くなら年会費を払って楽天プレミアムカードを作るべき3つの理由

続きを見る

プライオリティパスなら楽天プレミアムカード

今すぐ申し込む

我が家はラウンジ使うだけで年会費の元が取れてます

ミラクルラウンジ(ドンムアン空港国際線)まとめ

ドンムアン空港内のプライオリティパス対応ラウンジは、うまく利用することにより旅の疲れをグッと軽減することができます。

特にドンムアン空港制限エリア内のミラクルラウンジは、国際線・国内線ともにプライオリティパスがなくても利用することが可能

なので、まだ未体験の方は一度利用してみるとよいでしょう

ラウンジの位置が保安検査所に近いため、搭乗ゲートまでは少し歩かなければいけません。

ラウンジでゆったりしすぎて飛行機に乗り遅れないよう、時間に余裕をもって行動するのが大切です。

CHECK!ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

CHECK!ドンムアン空港プライオリティパス対応ラウンジまとめはこちら

【最新】ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジを全部紹介

続きを見る

タイ旅行に絶対持っていきたい海外レンタルポケットWiFi比較&おすすめを紹介

【年間250日滞在】タイ旅行で使えるレンタルポケットWiFi4選&今一番おすすめを紹介

続きを見る

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方厳選まとめ

バンコク旅行で絶対に外せない人気観光スポット&おすすめの楽しみ方7選

続きを見る

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

【初めてのバンコク旅行におすすめ】バンコクおすすめ人気宿泊エリア&間違いないホテル3選

続きを見る

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

【初めてのタイ旅行にもおすすめ】バンコクでおすすめできる人気フードコート&屋台街5選

続きを見る

海外旅行中にぎっくり腰になったらどうする?1万人以上施術した私が教える効果絶大な腸腰筋ストレッチやぎっくり腰の対処法

海外旅行中にぎっくり腰になったらどうする?1万人以上施術した私が教える効果絶大な腸腰筋ストレッチやぎっくり腰の対処法

続きを見る

楽天プレミアムカードの詳細はこちら

バンコクの人気アクティビティ BEST20

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, ドンムアン空港
-

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.