タイ /イサーン(ルーイ・ウドンタニ)

【今がチャンス】タイ人に大人気の観光地チェンカーンの魅力やおすすめのアクセス方法を徹底解説

投稿日:2017-01-27 更新日:

ルーイ県の代表的な観光地チェンカーン

チェンカーンは、ルーイ市街から48キロほど北に行ったところにあります。

ラオスをメコン川をはさんだ向こう側に望める場所にあり、メコン川沿いにホテルやレストラン・屋台が連なっています。

「チェンカーンストーリー」という映画のロケ地になったこともあり、老若男女問わずタイ人に大人気のスポット

第二のパーイと呼ばれているのも納得できます。

私の友人のタイ人は、海外旅行なんかよりもチェンカーンに行きたいと言っていました。

というわけで今回は、ルーイ県の人気スポットチェンカーンへのアクセスや魅力を紹介します

チェンカーンのホテルをチェック

チェンカーンへのアクセス

ルーイ市内からチェンカーンへの移動

まず、飛行機や長距離バスでルーイ市内まで移動しましょう

ノックエアーとエアアジアが、バンコク・ドンムアン~ルーイ間の運行をしています。

私のおすすめは、ノックエアーでの移動

LCCなのに水を無料で出してくれたり、荷物も15キロまで無料で預かってくれるからです。

参照バンコクからタイ地方都市への移動は美人CAさんの多いノックエアーがおすすめ

エアアジア・ノックエア共に、空港からチェンカーンまでの車がセットになった、ジョイントチケットというものが存在します。

買い方は簡単でして、出発地をドンムアン空港にして、目的地をチェンカーンにするだけ

値段もお手頃なので、この方法が一番おすすめの方法。

ウドンタニやコーンケーンなど近郊の中規模都市まで移動し、そこからバスでルーイという方法もあるでしょう(ウドンタニ~ルーイ間はバスで約3時間半)

参照【ウドンタニのホテルならここ一択】センタラホテル&コンベンションセンターウドンタニに泊まってみた感想

ルーイ市内からチェンカーンへの移動は、バスかソンテオになります

上のマップのルーイバスターミナルから30分~1時間に1本のペースで出ていまして、所要時間はバスだと1時間、ソンテオだと約1時間半。

バスの場合はタイミングが悪ければ、次が来るまでかなり待つことになるでしょう。

ちなみに、ソンテオ乗り場はルーイバスターミナルの奥の方にあります。

ルーイからチェンカーンへの移動ですが、夕方には最終便が出てしまいます。

それで時間的にぎりぎりだと思うときは、レンタカーを借りるかルーイ市内で一泊することをおすすめします。

特に16時台にルーイに着く飛行機の場合、タイミングよく空港からバス乗り場までの車を捕まえられなければ、相当厳しいでしょう

ルーイ空港からチェンカーンに直行してくれるリムジンバスもあります

チェンカーン市内のホテルの前まで、800バーツ(約2600円)

ピーターコン祭りで有名なダーンサーイまでなら1500バーツ。

恐らく1台800バーツだと思われるので、人数が3人以上の時はこの方法を使っても良いかもしれません。

参照【そんなに難しくないよ】ルーイ空港からルーイ市内までのアクセスまとめ

参照ルーイ市内おすすめ断トツナンバー1はルーイパレスホテル!その理由とは

ルーイパレスホテルをチェック

バンコク発チェンカーン行きの夜行バス

バンコク北(モーチット)ターミナルから、長距離バスが1日数本出ています

所要時間は一応8時間半ということになっています。

でも日中の移動だと、前をサトウキビを載せた遅いトラックが走っていたりすると、平気で10時間以上かかることも。

それを考えると、夜行バスのほうがおすすめ

(夜間だとある程度道がすいてますし、時間も有効に使えるので)

料金は500バーツ前後でして、予約はこちらからできます。

ナコンラーチャシーマーの第二ターミナルからも、チェンカーンまでのバスが運行しています

ルーイ市内からの移動を含めバスを利用する場合、チェンカーンの市街より少し離れたところに停留所があります。

バス降り場にはサムローが待機していると思うので、それに乗ってホテルまで移動するとよいでしょう。

ちなみに、そんなに市街地まで遠くないので徒歩で移動することも十分可能です(徒歩約10分)

帰りのチケットはここで買えます。

9時台と19時台の一日2本、チェンカーン発バンコク(モーチットバスターミナル)行きのバスが出ています(料金は約500バーツ)

帰る日にちが決まったら、早めに予約しておくために一度足を運ぶと良いでしょう。

ルーイ市内からチェンカーンへレンタカー・バイク移動

チェンカーンで動くことを考えると、一番楽なのはレンタカー

レンタカーはルーイ空港で借りることが可能

参照【そんなに難しくないよ】ルーイ空港からルーイ市内までのアクセスまとめ

荷物がそんなになければ、バイク移動もおすすめ

レンタルバイクはいくらでも借りられますし、50キロほどの移動なので1時間もあれば到着します。

チェンカーンまでの道はきちんと整備されているので、気持ちよくドライブできるはず。

途中には、「カメに注意」の標識もあります。

チェンカーン到着後も、バイクや車があると行動範囲が広がるのでおすすめ

たいていのホテルは自転車を貸してくれますが、自転車では距離的にちょっと厳しいところも多いからです。

ちなみに私はルーイ市内からバイクで行きましたが、50分ほどで到着。

道もほぼ1本道ですし、チェンカーンについても何かと便利だったので、バイク移動がいちばんおすすめです

参照タイで運転するうえで、絶対に知っておかなければいけないタイの交通ルールやマナー

ちなみにレンタルバイクは、チェンカーン市内でも借りられます(一日250バーツ)

ただ台数が限られているので、タイミングが悪ければ売り切れていることも!

借りるためにはパスポートを預けるか、デポジットが必要になるので持参しましょう。

チェンカーンのホテルをチェック

チェンカーンの魅力とは

バンコクやチェンマイなどとは違い、チェンカーンは日本人にはほとんどなじみがない場所

市内は観光客であふれていましたが、日本人は一人も見かけませんでした。

中国人やファラン(西洋人)は多少見かけましたが、圧倒的にタイ人に愛されている町。

そんなチェンカーンの魅力の一つは、懐かしさ

街を散歩していると、30年前の日本を思わせるような街並みを見ることができます。

特にウォーキングストリートと呼ばれる場所は、やわらかい暖色の照明や、ノスタルジックな外観の建物に統一

ただ歩いているだけで、なんとなくワクワクしてきます。

ここだけ時間がゆっくり流れている…そんな錯覚さえ覚えるほど。

ちなみにチェンカーンでは、セブンイレブンも暖色系でノスタルジック!

日が暮れると、おいしそうなタイフードの屋台や、おしゃれな小物を売っている雑貨屋さん、パフォーマーの方などがたくさん登場。

日中とは全く違った雰囲気になり、賑やかさがひときわ増します。

日本のお祭りとはちょっと違う感じですが、あの感じに似たワクワク感を味わうことができるでしょう

あるいは、タイ人にとっての大きな魅力の一つは、今ではあまり見られなくなった托鉢が行われていることかもしれません

敬虔な仏教徒が多いタイ人の中には、この托鉢が目的で来ている人も大勢います。

実際、かなりの人が早朝の托鉢に参加していました。

さらに母なる川メコンを身近で感じられたり、その川の産物を味わうことができるのも、タイ人にとって大きな魅力に違いありません。

チェンカーンへのアクセスまとめ

ルーイ県の小さな観光地チェンカーンは、普通であればなかなか行く機会がない場所

ただ、居心地の良さや他では味わえないノスタルジック感を考えるなら、ちょっと遠回りしてでも1泊、いや最低でも2泊はしたい場所。

今はタイ人の間でしか人気が爆発していませんが、近い将来もっとチェンカーンは有名になって、たくさんの観光客が押し寄せることになるでしょう。

そうなる前に、是非今現在のチェンカーンを体験してみてほしいと思います。

チェンカーンのホテルをチェック

私たちが入り浸ったチェンカーンおすすめカフェ不動の2トップを紹介

【メコン川沿い】チェンカーンで絶対に行くべきおすすめカフェ2選

続きを見る

タイ語がほぼ話せない私たちが、チェンカーンでハマって毎日通ったおいしいお店たちを紹介

【タイ語が話せなくても大丈夫】私たちがチェンカーンでハマって毎日通ったおいしいお店を紹介

続きを見る

チェンカーンにハマってしまった私たちがおすすめする、絶対に行ったほうが良いスポット4選

【チェンカーン旅行者必見】チェンカーンで絶対に行ったほうが良いスポット4選

続きを見る

【チェンカーン】ウォーキングストリートの歩き方を徹底解説。屋台のおすすめベスト3も発表

【チェンカーン】ウォーキングストリートの歩き方を徹底解説!屋台おすすめベスト3も発表

続きを見る

ルーイに3か月滞在した私が選ぶルーイ市内の間違いないお店を厳選まとめ

ルーイに3か月滞在した私が選ぶルーイ市内の間違いないお店厳選まとめ

続きを見る

タイ国産の美味しいワインを買うならルーイへ行こう!ワイナリー「シャトー・ドゥ・ルーイ」のおすすめを紹介

タイ国産の美味しいワインを買うならルーイへ行こう!ワイナリー「シャトー・ドゥ・ルーイ」のおすすめを紹介

続きを見る

ドンムアン空港を利用する時に知っておくと役立つ23の事

ドンムアン空港パーフェクトガイド!知っておくと役立つ23の事

続きを見る

セントラルプラザウドンタニのおすすめや知っておくと良いことを紹介

セントラルプラザウドンタニのおすすめや知っておくと良いことを紹介

続きを見る

ウドンタニ空港を利用する時に覚えておくべき12の事

ウドンタニ空港を利用する時に覚えておくべき12の事

続きを見る

現地でより旅を楽しむには

試行錯誤しながらマイペースで観光するという旅の楽しみ方もありますが、私のおすすめは現地オプショナルツアーを適度に組み込むこと

現地ツアーを使うメリット

  • 自分で用意した航空券やホテルに合わせてツアーを申し込める
  • ホテルへの送迎があり、時間も選べることが多い
  • ガイドさんや運転手さんに、ローカル情報をいろいろ教えてもらえる
  • 写真撮影をお願いできる

限られた旅行日程の場合はオプショナルツアーの方が効率よく回れますし、移動手段に悩むこともなくなります

現地からスマホで簡単に予約可能なツアーが多く、空きがあれば前日でも予約可能なのが嬉しいポイント

かゆいところに手が届くツアーも多いので、まずはチェックしてみましょう

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイナンバー1の感動作】すれ違いのダイアリーズ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

【タイ好きなら必見】東野・岡村の旅猿SP~タイの旅

2週間無料トライアル中

-タイ, /イサーン(ルーイ・ウドンタニ)

Copyright© ジョニタイ , 2019 All Rights Reserved.